メインメニューを開く

UFC 96: Jackson vs. Jardine(ユーエフシー・ナインティシックス:ジャクソン・ヴァーサス・ジャーディン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2009年3月7日オハイオ州コロンバスネイションワイド・アリーナで開催された。

UFC 96: Jackson vs. Jardine
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2009年3月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州コロンバス
会場 ネイションワイド・アリーナ
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
入場者数 17,033人[1]
入場収益 1,800,000USドル[1]
PPV購入数 350,000件[2]
報酬総額 760,000USドル[3]
イベント時系列
UFC 95: Sanchez vs. Stevenson UFC 96: Jackson vs. Jardine UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann

サブタイトルの通り、大会メインイベントでは、クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンキース・ジャーディンによるライトヘビー級マッチが行われた。

大会概要編集

メインイベントではジャクソンがジャーディンを判定で下し、タイトルマッチへ接近した。

第8試合のマット・ブラウン対ピート・セルでは、セルが右フックでダウンした際にレフェリーが一旦ブラウンを制止したが、すぐに続行させた。

キャリア5戦全勝のマーク・ムニョス、ライアン・マディガンがUFCデビュー。

試合結果編集

プレリミナリィカード編集

第1試合 ライト級 5分3R
  シェイン・ネルソン vs.   アーロン・ライリー ×
1R 1:44 TKO(レフェリーストップ:右フック)
第2試合 ライトヘビー級 5分3R
  ブランドン・ヴェラ vs.   マイク・パット ×
2R 1:27 TKO(レフェリーストップ:右ローキック)
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
  ジェイソン・ブリルズ vs.   ティム・ボッシュ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第4試合 ミドル級 5分3R
  ケンドール・グローブ vs.   ジェイソン・デイ ×
1R 1:32 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの肘打ち)
第5試合 ウェルター級 5分3R
  タムダン・マクローリー vs.   ライアン・マディガン ×
1R 3:35 ギブアップ(マウントパンチ

メインカード編集

第6試合 ライト級 5分3R
  グレイ・メイナード vs.   ジム・ミラー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
  マット・ハミル vs.   マーク・ムニョス ×
1R 3:53 KO(右ハイキック)
第8試合 ウェルター級 5分3R
  マット・ブラウン vs.   ピート・セル ×
1R 1:32 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第9試合 ヘビー級 5分3R
  シェイン・カーウィン vs.   ガブリエル・ゴンザーガ ×
1R 1:09 KO(右ストレート→パウンド
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
  クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs.   キース・ジャーディン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイト: クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. キース・ジャーディン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: マット・ハミル
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
各選手にはボーナスとして60,000ドルが支給された。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集