vz. 52軽機関銃チェコ語: 7,62mm lehký kulomet vz. 52スロバキア語: 7,62mm ľahký guľomet vz. 52)は共産党政権下のチェコスロバキアで開発された軽機関銃である。

vz. 52軽機関銃
VZ52-light-machine-gun-batey-haosef-1.jpg
イスラエル国防軍歴史博物館に展示されるvz. 52軽機関銃
vz. 52軽機関銃
種類 軽機関銃
製造国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
年代 1950年代
仕様
口径 7.62 mm
銃身長 583 mm
使用弾薬 7.62x45mm弾(vz. 52)
7.62x39mm弾(vz. 52/57)
装弾数 25発(箱型弾倉
50発(ベルトリンク
作動方式 ガス圧作動方式
全長 1,045 mm
重量 8.0 kg
発射速度 950 - 1000発/分(vz. 52)
800 - 900 発/分(vz. 52/57)
銃口初速 760 m/秒(vz. 52)
735 m/秒(vz. 52/57)
最大射程 2800 m
有効射程 900 m(vz. 52)
800 m(vz. 52/57)
歴史
配備期間 1952年 - 1964年
配備先 #運用国参照
バリエーション vz. 52
vz. 52/57
テンプレートを表示

概要編集

チェコスロバキアでは第二次世界大戦勃発以前から優れた工業力を活かした小火器開発が盛んであり、外貨獲得のため輸出されたチェコスロバキア製の兵器は国外の顧客から高い評価を得ていた。とりわけ、1920年代中頃に開発されたZB vz. 26軽機関銃(以下「ZB26」と表記)と派生型のZB vz. 30軽機関銃は同年代の他国製機関銃と比較してもずば抜けた信頼性を誇り、価格の安価さも手伝って世界中の軍隊に普及していた[1]

当然ZB26は自国軍にも配備されていたが、より優れた軽機関銃が必要とされたため、かつてZB26の設計に携わっていた技師のヴァーツラフ・ホレクにより改修型のZB501が設計された[2]。これはvz. 52という名称に変更され、1952年からチェコスロバキア軍で運用された。

第二次世界大戦後のチェコスロバキアでは主要な小銃弾として独自開発の7.62x45mm弾が運用されていたが、1955年にワルシャワ条約機構が設置されたことを受け、同機構の中心国であるソビエト連邦から7.62x39mm弾の導入による標準弾薬の変更を要求されるようになった[3]

7.62x39mm弾は7.62x45mm弾に比べ弾速等の面で劣っていたものの[1]補給上の利点およびソ連からの圧力は無視できないと判断され、チェコスロバキア軍側もこれを受け入れることになった。

標準弾薬の変更による影響は7.62x45mm弾を使用するvz. 52にも例外なく及び、1957年に7.62x39mm弾仕様のvz. 52/57が開発された。これに伴い既存のvz. 52も順次改修されていった。

1960年代に入ると汎用機関銃Uk vz. 59の配備が進んだことで次第に更新され[4]、兵器としては比較的短命に終わった。

設計編集

vz. 52はZB26を基に改良を施した設計であるため、作動機構などは殆ど同一である。また、vz. 52とvz. 52/57は使用弾薬と弾倉の形状を除いて目立った差は無い[4]

給弾方式はベルトリンクを用いる方法と固定弾倉を用いる方法があり、部品の変更などを必要とせず単純な操作で切り替えることができた。固定弾倉とベルトリンクはそれぞれ銃の上部と右側から給弾され、射撃後の空薬莢はレシーバー下部から排莢された。それぞれの挿入口には砂塵や泥の侵入を防ぐ開閉式の蓋が備えられていた。

射撃モードはセミオートとフルオートがあり、トリガーの引く位置で射撃モードを選択する機構を有していた。これはドライゼMG13機関銃ゾロターンMG30機関銃など、ドイツで設計された機関銃に見られる構造であった[3]。また、グリップにコッキングハンドルとしての機能が兼ねられていたため、一般的軽機関銃ではレシーバー側面に位置する独立したコッキングハンドルが存在しない。[1]

照準器は銃の左側に配置され、照門はダイヤルの操作によって微調整が可能であった。

vz. 52は標準的な装備として二脚とキャリングハンドルが備わっているが、二脚は後方のみにしか折り畳めず、キャリングハンドルも銃身に固定された非可動式であるなど簡略化が図られている。

運用国編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Last Gasp of the ZB26: Czech vz 52/57 LMG”. 2020年5月4日閲覧。
  2. ^ Šáda, Miroslav (2004). Československé ruční palné zbraně a kulomety. Naše vojsko. pp. 117. ISBN 80-206-0745-5 
  3. ^ a b Ceska Zbrojovka vz. 52/57”. 2020年5月4日閲覧。
  4. ^ a b Vz.52 и 52/57”. 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ The Last Year of President Kennedy and the "Multiple Path" Policy Toward Cuba”. 2020年5月4日閲覧。
  6. ^ Jowett, Philip (2013). Modern African Wars (5): The Nigerian-Biafran War 1967-70. Osprey Publishing. pp. 23. ISBN 978-959-211-337-4 

関連項目編集