メインメニューを開く

Ζ

ギリシア文字の6番目の文字

Ζ, ζ(ゼータ、ジータ、古代ギリシア語: ζῆτα ズデータギリシア語: ζήτα ズィタギリシア語ラテン翻字: zeta)は、ギリシア文字の第6番目の文字。数価[1]は7。古代ギリシア語では/dz/または/zd/、現代ギリシア語では /z/ をあらわす。

Zeta uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

ラテン文字Zキリル文字Зはこの文字を起源とする。ラテン文字のZは本来ギリシア語からの借用語を表記するために導入されたものであり、近代諸言語でもギリシア語名に由来する名称で呼ぶ言語が多い(イタリア語ゼタ、スペイン語セタ、フランス語ゼッド、ドイツ語ツェットなど)。

起源編集

フェニキア文字 𐤆  (ザイン)に由来する。文字名称はセム語の伝統と異なるが、おそらくβ(ベータ)やη(エータ)からの類推による[2]

記号としての用法編集

  • 小文字の「ζ」は、
    • 数学ζ関数を表す関数子。
    • 数学で x, y, z に応じξ, η, ζが使われるためζは z と同じように扱われる。3つ目の未知数複素数などを表す。
    • 界面動電電位はζで表記することから、ゼータ電位とも呼ばれる。
    • 制御工学では、減衰係数をζで表すことが多い[3]

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ζ U+0396 1-6-6 Ζ
Ζ
Ζ
ζ U+03B6 1-6-38 ζ
ζ
ζ

脚注編集

  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。
  2. ^ W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. p. 170. ISBN 0521335558. 
  3. ^ ギリシャ文字