メインメニューを開く

Ψ

は ギリシア文字の一つ

Ψ, ψ(プサイ、プシー、古代ギリシア語: ψεῖ プセーギリシア語: ψι プシ、英: psi)は、ギリシア文字の第23番目の文字。数価[1]は700。音価は/ps/。

Psi uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

キリル文字Ѱ(現在は使われていない)はこの文字を起源とする。

起源編集

この文字はフェニキア文字になく、ギリシアで新たに追加された文字のひとつである。

/ps/の音は早期のアルファベットではΠΣの2文字で表された[2]。その後には地方ごとに異なる方式が採用された[3][4]

(なお、東方ギリシア文字では/kʰ/の音はΧで表した)。

地方ごとに差が生じた理由は明らかでないが、松本によると最初はΧとΨはどちらも/kʰ/を表すための字で、後続母音によって使い分けられたものらしく、後にどちらかに統一され、使わなくなった方の字を複合子音の表記に割り当てたものらしいという[5]

後に東方ギリシア文字の一種であるイオニア式アルファベットによって統一され、「Ψ」と書かれるようになった。

西方ギリシア文字から発展したラテン文字には「Ψ」にあたる文字は存在しない。クラウディウス帝の時代に/ps/を表す文字が考案されたことがあったが(クラウディウス文字)、短期間しか使われなかった。

この文字の字形の起源は議論が分かれる。古代の文字名称はプセー(ψεῖ)であり、これはπ(ペー)、φ(ペー)、χ(ケー)のパターンに従ったものである[6]。紀元前4世紀の末に ει/iː/ と発音されるようになり、その影響で文字名称も ψῖ とされることが普通になった。近代西洋諸言語の名はそれにもとづく[6]

記号としての用法編集

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ψ U+03A8 1-6-23 Ψ
Ψ
Ψ
ψ U+03C8 1-6-55 ψ
ψ
ψ

脚注編集

  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。
  2. ^ Allen (1987) p.59
  3. ^ Threatte (1996) pp.271-272
  4. ^ Woodard (2004) p.655
  5. ^ 松本(1981) p.94
  6. ^ a b Allen (1987) p.170

参考文献編集

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 
  • Leslie Threatte (1996). “The Greek Alphabet”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 271-280. ISBN 0195079930. 
  • Roger D. Woodard (2004). “Greek Dialects”. The Cambridge Encyclopedia of the World's Ancient Languages. Cambridge University Press. pp. 650-672. ISBN 9780521562560. 
  • 松本克己「ギリシア・ラテン・アルファベットの発展」『世界の文字』西田龍雄大修館書店、1981年、73-106頁。