メインメニューを開く

Ι

は ギリシア文字の一つ

Ι, ι(イオタ、古代ギリシア語: ἰῶτα イオータギリシア語: ιώτα イオータ / γιώτα ヨタ: iota [aɪˈoʊtə] アイオウタ)は、ギリシア文字の第9字母。数価[1]は 10、

Iota uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

ラテンアルファベットIJや、キリル文字ІЇЈはこの文字を起源とする。近代西洋諸言語で、ラテン文字の「J」がイオタに由来する名称で呼ばれることがある(ドイツ語ヨット、スペイン語ホタなど)。

音声編集

古代ギリシア語では/i/または/iː/の音に使用された。また二重母音の第二要素としても使われるが、第一要素が長母音の場合には紀元前200年ごろに /i/ 音が消滅し、ビザンチン時代には主母音の下に「ι」が書かれるようになった(下書きのイオータᾳ ῃ ῳ[2]

現代語では単独で/i/ε, ο, υ に後置した場合 (ει, οι, υι) /i/、α に後置した場合には (αι) /e/ と読む。

起源編集

フェニキア文字 𐤉  (ヨード)に由来する。フェニキア文字では半母音/j/を表したが、古代ギリシア語では独立した音素としての/j/が存在しなかったようであり[3]、この文字は母音/i/を表すために転用された。

記号としての用法編集

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ι U+0399 1-6-9 Ι
Ι
Ι
ι U+03B9 1-6-41 ι
ι
ι

脚注編集

  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。 ギリシアの数字を参照。
  2. ^ Allen (1987) pp.84-88
  3. ^ Allen (1987) p.51

参考文献編集

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 

関連項目編集