メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

Ϸ, ϸ(ショー)はバクトリア語のために使用するギリシア文字[ʃ](「シ」の子音に近い)を表したと思われる。字形がルーン文字ラテン文字[θ] の音を表す Þに似ている。

Sho uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ キー
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

目次

名称編集

この文字が伝統的に何と呼ばれていたかはわかっていない。サンと呼ばれることもあるが、これは別の字の名前なので適当でない[1]

字の形が ρ(ロー)に似ているため、Unicode では SHO (ショー)と呼んでいる[2]

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ϸ U+03F7 - Ϸ
Ϸ
ϸ U+03F8 - ϸ
ϸ

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ N. Sims-Williams (1988). “Bactrian Language”. Encyclopaedia Iranica. http://www.iranicaonline.org/articles/bactrian-language. 
  2. ^ Nicholas Sims-Williams and Michael Everson (2002年1月30日). “N2411 Proposal to add two Greek letters for Bactrian to the UCS”. 2014年12月6日閲覧。
 
カニシカ1世の貨幣。 ϷΑΟΝΑΝΟϷΑΟ ΚΑΝΗϷΚΙ ΚΟϷΑΝΟ(王の王、カニシカ、クシャン)