メインメニューを開く

Η, η(エータ、イータ、古代ギリシア語: ἦτα エータギリシア語: ήτα イタギリシア語ラテン翻字: ēta)はギリシア文字の第7番目の文字。数価[1]は8。音価は古典では/e:/、現代語では/i/。

Eta uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

ラテンアルファベットHキリル文字Иはこの文字を起源とする。

この一字でギリシャ語の女性定冠詞単数を表す。例)η Ελλάδα(ギリシャ)

起源編集

フェニキア文字 𐤇  (ヘート)に由来し、早期には のように書かれた。古くは子音[h]を表したが、東部イオニア方言クレタ島の方言ではこの子音が消滅し、イオニア式アルファベットでは母音を表すために転用された[2]。イオニア式アルファベットが標準化した後にも一部の方言には[h]音が残り、マグナ・グラエキアではこの音を「Ͱ」で表した[3]。後には気息記号でhの有無を示すようになった。

イオニア・アッティカ方言では本来の長母音[aː][æː]のように前舌化し、母音字としての「Η」は当初この音を表した(例:μήτηρ「母」、ドーリア方言形 μάτηρ)。その後この音が広い[ɛː]と合流したため、「Η」で両者を表すようになった[4]

西暦150年以降に「η」は狭母音「ι」と混同されはじめ、キリル文字グラゴール文字では両者が音声上区別されていない[5]

記号としての用法編集

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Η U+0397 1-6-7 Η
Η
Η
η U+03B7 1-6-39 η
η
η

脚注編集

  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。 ギリシアの数字を参照。
  2. ^ Nigel Wilson, ed (2006). “Alphabet”. Encyclopedia of Ancient Greece. Routledge. p. 37. ISBN 9780415973342. 
  3. ^ Allen (1987) p.52
  4. ^ Allen (1987) pp.73-74,171-172
  5. ^ Allen (1987) p.74-75

参考文献編集

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558.