メインメニューを開く

Ω, ω(オメガ、古代ギリシア語: オーギリシア語: ωμέγα オメガ, : omega)は、ギリシア文字の第24番目(最後)の文字。ギリシア数字の数価は800。

Omega uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

キリル文字Ѡ(現在は使われていない)はこの文字を起源とする。

起源編集

この文字はフェニキア文字には由来せず、長く広い円唇後舌半広母音/ɔː/を表すために考案された。古い時代にはこの音は短母音とおなじくο(オミクロン)によって表されていたが[1]、東イオニア地方では短い「ε」と長い「η」を区別したのにならって、後に長母音のための専用の文字を作った。文字の字形は「Ο」の変形により、地方によっては「 」のように書かれた[2]。イオニア式アルファベットは紀元前5世紀以降にギリシア世界全体の標準として使われるようになった。

古代での文字名称は単に(オー)と言ったが、西暦2-3世紀に母音の長短の区別が失われると、短い「Ο」と長い「Ω」を区別するため、前者を「小さなオ」(ὂ μικρόν)、後者を「大きなオ」(ὦ μέγα)すなわち「オメガ」と呼んで区別した[3]

文法書によってはこの文字の発音を「オーメガ」とするものもあるが、歴史的経緯を考えれば適切とはいえない[4]

象徴としての用法編集

最後の文字であることから最終・究極の意味で用いられる。

  • アルファからオメガまで(最初から最後まで)
  • 「私はアルファでありオメガである」は、新約聖書ヨハネの黙示録第22章13節の言葉。これはヨハネに世界終末の光景を幻視させた存在の表明である。一般的な解釈はギリシャアルファベットの最初と最後から、私は(森羅万象総ての)始まりと終わりであると言い換えれる。これは暗に私は総てを始め、終えることの出来る神であるとの表明と捉えられている。

記号としての用法編集

符号位置編集

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ω U+03A9 1-6-24 Ω
Ω
Ω
ω U+03C9 1-6-56 ω
ω
ω
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2126 - Ω
Ω
Ω
OHM SIGN
U+2127 - ℧
℧
INVERTED OHM SIGN

脚注編集

  1. ^ Allen (1987) p.79
  2. ^ Allen (1987) p.90
  3. ^ Allen (1987) pp.172-173
  4. ^ 田中利光『新ギリシャ語入門』大修館書店、1994年9月、p.5。ISBN 4-469-21191-5

参考文献編集

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 

関連項目編集