あー夏休み

TUBEの楽曲

あー夏休み」(あーなつやすみ)はTUBEの楽曲で、通算11枚目のシングル。1990年5月21日に発売された。CDコードはCSDL3104、CTは15KH5283、CDVはCSFM7022。また、本作をオフヴォーカルで再収録した作品「あー夏休み オリジナル・カラオケ」を同年6月21日に発売[注 1]

あー夏休み
TUBEシングル
初出アルバム『N・A・T・S・U
B面 AQUARIAN GIRL
リリース
規格 8センチCD
カセットテープ
CDビデオ
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBS/Sony
プロデュース 長戸大幸
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 1990年6月度月間12位(オリコン)
  • 1990年7月度月間18位(オリコン)
  • 1990年度年間48位(オリコン)
  • 登場回数23回(オリコン)
TUBE シングル 年表
Stories
1989年
あー夏休み
(1990年)
湘南My Love
1991年
テンプレートを表示

表題曲は、JT「SomeTime LIGHTS」のCMソングであり、累計売り上げは約20万枚を記録。また、2013年7月には、1992年のライヴ映像を元にリクルートホットペーパーグルメのCMソングにも起用された。

ジャケットには、オーストラリアの画家、ケン・ドーンのイラストが使用された。

目次

収録曲編集

  1. あー夏休み
  2. AQUARIAN GIRL
    • 作曲:春畑道哉

収録アルバム編集

今作に関するエピソード編集

  • 1990年のシングル曲制作では、当初3作目のシングル曲「シーズン・イン・ザ・サン」(1986年)、5作目のシングル曲「SUMMER DREAM」(1987年)等を踏襲する流れのシングル曲を予定し、アルバム『N・A・T・S・U』に収録されている「N・A・T・S・U」を第一候補に、「THE SURFIN'IN THE WIND」を第二候補に1990年のシングル曲にする予定であったという[1]。しかしプロデューサーの長戸大幸はそれらを全て反対し、長戸自らギターを持ち出して、TUBEのメンバーの目の前で弾き語りを披露し、「このような曲、おまえたち作れないか?」とメンバーに打診する[1]。その長戸の提案にTUBEのメンバーは納得がいかずに反対であった。楽曲制作では前田が「Oh! Summer Holiday」という歌詞を完成させたが、これも長戸に却下される。メンバーに葛藤があったというが、完成した曲は題名を日本語の「あー夏休み」に替えると、長戸は一発OKを出したため、前田はやけくそで歌詞をすべて書き直した。すると「衣装は浴衣でいこう」と売り方までも指示された。メンバー自身は、この指示とシングル曲との方向性に納得がいかずに解散を覚悟したという。なお、楽曲制作での葛藤に関する話題は、2010年TUBE、「あー夏休み」で解散危機」と題し[要出典]、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)内のトークで当時を振り返った[2]
  • 2003年snappeasカヴァー2005年にはS.T.F feat sean&Kimがアルバム『ビキニトランス』でカヴァーしている。
  • 2014年7月に発表された、音楽雑誌『CD&DLでーた』内の「夏ソングランキング」では、「あー夏休み」が1位を獲得している[3]

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 学習研究社「BLUE MEMORIES TUBE」ISBN4-05-400354-0 (1994年)
  2. ^ 【エンタがビタミン♪】TUBE「あー夏休み」で解散寸前だった。“ヤケクソ”で書いた曲で覚悟決めていた。Techinsight、2010年07月16日掲載)2014年8月28日閲覧。
  3. ^ 音楽情報誌CD&DLでーた、夏ソングに関するアンケート調査実施(MusicVoice内の写真データ)2014年8月28日閲覧。

注釈編集

  1. ^ オフヴォーカルであることと全曲名に「(オリジナル・カラオケ)」と付与された以外に変更点はない。