メインメニューを開く

おれたちゃドラゴンズは、1993年4月から中日スポーツにて連載している、中日ドラゴンズを題材とした4コマ漫画。作者:くらはしかん2008年3月21日付より東京中日スポーツでも掲載を開始。元々は、月刊ドラゴンズ1989年6月号の一般投稿作品であった。

考えオチ駄洒落オチが多く見られ、ローカルネタも度々折り込まれる。

登場人物編集

選手・監督等編集

  • タイトルの通り、ドラゴンズの選手・監督・OBが登場するのはもちろんのこと、対戦相手の監督(一部対戦相手の主力・有名選手)が登場する。なお、作者は手許にあるメモを見ながら、登場人物に偏りが出ないように気を付けているという。
  • 試合中や練習中のシーンはユニフォームを着ているが、オフシーズン等で私服で登場させる際は、服にニックネームや背番号等のロゴを入れる。
  • オフシーズンや楽天戦では必ずといっていいほど山崎武司(ドラゴンズOB)が登場。

放送関係者編集

その他編集

1993年の連載当初から架空の一般人の登場も月に1回程度ある。

ドラゴンズオヤジ
根っからのドラゴンズフリークだが、妻子は然程関心が無く、特に妻からはさめた目で見られている。ドラゴンズが不振をかこっている時は、テレビを見づらくする、大差を付けられた時には「試合がひっくり返らんかと思って」テレビを逆さにする、得点部分以外を目隠しすると言った具合に、しばしば弱気な小市民ぶりを見せる。
ドラファン3人組
イガグリ・カッパ・角刈り、それぞれの髪型が特徴の3人組。自称「究極のドラファン(或いは、筋金入りのドラファン)」。1997年に大学を卒業(3年留年)・就職。仕事はそっちのけで、営業成績もどん尻ながらも社員として存在し続けている(上司の叱られ役として存在している模様)。名前は「吉川」、「山田」、「田中」(マンガ中に描かれていた営業成績グラフに名前が書かれていたが、どのキャラがどの名前なのかは不明)。
ラジオ中継での試合を実演(打者と投手に別れて)してみたり、試合見たさに球場でのバイト(イガグリ除く)、キャンプ見たさに沖縄までのヒッチハイクを試みる、連敗ショックで体調不良(イガグリはショックで入院)等、エピソードに事欠かない。中でも、ナゴヤドーム一番乗りを果たすべく、工事中に場所取りをし、その光景を見た作業員が「そんなヒマなら工事手伝えや」とぼやいていたこともあった。
草野球チーム「ヤンチャーズ」の主力選手だが、レベルは少年野球並み。相手チーム曰く「朝飯前」とのこと。

主なローカルネタ編集

2009年1月現在、ローカルネタは見られなくなっている。

略歴編集

関連項目編集

外部リンク編集