吉村功

吉村 功(よしむら いさお、1941年1月25日 - )は、日本アナウンサーフリーのスポーツアナウンサー、岐阜経済大学非常勤講師で、元東海テレビ放送のアナウンサー。東京都中野区出身。現在は岐阜県在住。

よしむら いさお
吉村 功
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
生年月日 (1941-01-25) 1941年1月25日(76歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部自治行政学科卒業
所属事務所 フリー
職歴 東海テレビ放送東海テレビプロダクション
活動期間 1963年 -
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
過去 本文参照
その他 中京競馬記者クラブ会友

目次

人物・履歴編集

東京都立大泉高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業後、1963年東海テレビに入社。東海テレビではスポーツ中継担当のアナウンサーとして、プロ野球中日ドラゴンズ戦や名古屋国際女子マラソンプロボクシングファイティング原田世界タイトル戦の中継の実況、『プロ野球ニュース』、競馬中継などを担当した。

1974年の日本シリーズ第2戦や1994年10月8日の中日ドラゴンズvs読売ジャイアンツ(通称10.8決戦、勝ったチームがリーグ優勝となる試合)[1] などの実況を担当した。

1996年5月には、2000メートルのGIIから1200メートルのGIに昇格して最初の高松宮杯(現・高松宮記念)の実況を担当、それが初のGI実況だったという[注 1]。その時の年齢は55歳で、あと数年で定年という年齢になって初めてGIを担当したという例は彼を含めてあまり無い。競馬中継も長く担当していたことから、地元マスメディアの競馬記者で作る記者クラブの会友となっている。

60歳を過ぎた後、2001年からは子会社東海テレビプロダクションに移籍して引き続き嘱託職として残り、2004年度末に退職。退職後は、自宅がある地元の岐阜放送ラジオで毎週月曜18:30 - 20:00放送の番組『吉村功のスポーツ・オブ・ドリーム』でパーソナリティを務めている他、2006年までは不定期で東海テレビがCS衛星放送向けに制作する野球中継の実況などを行っていた(三重テレビナイターには2006年まで出演)。東海テレビで放送される地上波中継からは、2005年9月6日放送のローカルプロ野球中継にて卒業。その放送には、旧知の仲である星野仙一が解説者として駆けつけた。

2006年9月には、中日の山本昌投手がナゴヤドームでの阪神戦でノーヒットノーランを達成した試合をJ SPORTSで実況した。

2009年からは岐阜経済大学経営学部情報メディア学科の非常勤講師を務め、ナレーション、プレゼンテーション技法を指導している。

2017年には、初の著書『アナウンサーは足で喋る』(桜山社)を出版した。これまでの「実況の歴史」を吉村節で書き下ろした渾身の内容に、中日新聞、読売新聞、朝日新聞などマスコミに取り上げられ話題を呼んだ。プロ野球に今もなお語り継がれている伝説の「10・8ナゴヤ決戦」では落合博満選手とのエピソードが語られている。

現在の出演番組編集

ぎふチャン(岐阜放送)
その他

過去の出演番組編集

主な競馬実況歴編集

GIレース編集

その他編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし、グレード制施行前には、1980年中京競馬場で開催された宝塚記念を実況している

出典編集

  1. ^ 鷲田康 『10.8巨人vs.中日史上最高の決戦』 文藝春秋2013年ISBN 9784163756400238頁 - 239頁

外部リンク編集