かみす防災アリーナ(かみすぼうさいアリーナ)は、茨城県神栖市神栖中央公園内の、防災拠点として位置づけられた多目的施設である[1]キャッチフレーズは「『もしも』のときも、『いつも』のところへ。」[2]

かみす防災アリーナ[1]
かみす防災アリーナの位置(茨城県内)
かみす防災アリーナ
情報
設計者 清水建設梓設計設計共同企業体[2]
施工 清水・大平建設共同企業体[2]
管理運営 神栖防災アリーナPFI株式会社
(代表企業 清水建設株式会社) [3]
構造形式 鉄骨造[3]
建築面積 13,891[3]
延床面積 20,017[3]
階数 2[3]
高さ 15.95m(天井高12.5m)[3]
駐車台数 502台[3]
着工 2017年5月[4]
竣工 2019年
開館開所 2019年6月1日[3][5]
所在地 314-0127[6]
茨城県神栖市木崎1219番7[6]
座標 北緯35度53分56秒 東経140度38分59.9秒 / 北緯35.89889度 東経140.649972度 / 35.89889; 140.649972座標: 北緯35度53分56秒 東経140度38分59.9秒 / 北緯35.89889度 東経140.649972度 / 35.89889; 140.649972
テンプレートを表示

沿革編集

2011年保立一男市長のもとで計画開始[3]

2016年秋に巨額事業の見直しを求める署名運動が始まり、住民投票請求がなされる中、2017年5月着工[4]

2017年10月1日「神栖中央公園防災アリーナ(仮称)の規模見直しを問う住民投票」が実施され、見直し賛成が反対を上回った[7][注 1]10月6日、保立市長は計画どおりの建設継続を表明した[4]

2017年11月19日、神栖市長選挙で規模見直しを公約に掲げた石田進が当選[注 2]

2018年3月15日、石田市長は、進行中の工事を中止して見直した場合の損失額が大きいとして、規模見直し断念を表明した[8]

PFI方式で事業化されたもので、建設費と15年間の運営費との合計契約金額は、税込171億5425万3381円[3]東京アスレティッククラブが館内施設運営にあたる[5]

2019年6月、開業[3]

2019年9月、令和元年台風第15号襲来でガラスが割れるなどの被害があった[9]。このとき、隣の鹿嶋市にある鹿島学園高等学校の寮生約300人を受け入れる一方、神栖市民には避難所として知らされなかった[9]

2019年10月2日、大面積のガラスなどに管理上の懸念はあるものの、防災施設ながら「軽快で美しいものに仕上がっている」として、2019年度グッドデザイン賞を受賞した[10]

2019年10月11日令和元年台風第19号襲来時には前月の反省を踏まえ施設の一部を避難所として開放。しかし開放箇所が観客席だったため避難者が横になって休めない等、準備や運用について再び批判が集まった[11]


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 賛成1万3812票、反対1万1482票、有権者数7万6126人、投票率33.40%
  2. ^ 現職の保立市長は、同年6月時点で、高齢のため不出馬、後継者指名はしない、と表明していた。

出典編集

  1. ^ a b コンセプト”. 神栖防災アリーナPFI株式会社. 2019年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c かみす防災アリーナ オープン”. News 19-07(通巻379号). 株式会社永田音響設計 (2019年7月25日). 2019年10月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 2019年(令和元年)6月にかみす防災アリーナがオープンしました!”. 神栖市. 2019年10月26日閲覧。
  4. ^ a b c 一井純 (2017年11月16日). “J1鹿島の地元「神栖」がハコモノ行政に大揺れ 19日の市長選は「神栖の乱」の幕切れになるか”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2019年10月26日閲覧。
  5. ^ a b かみす防災アリーナがオープンしました。”. 東京アスレティッククラブ (2019年6月1日). 2019年10月26日閲覧。
  6. ^ a b アクセス”. 神栖防災アリーナPFI株式会社. 2019年10月26日閲覧。
  7. ^ 神栖防災アリーナ住民投票 見直し賛成が上回る 茨城”. 産経新聞. 産業経済新聞社 (2017年10月2日). 2019年10月26日閲覧。
  8. ^ 「防災アリーナ」事業続行 神栖市長表明”. 産経新聞. 産業経済新聞社 (2018年3月16日). 2019年10月26日閲覧。
  9. ^ a b 【茨城】台風で破損、神栖の防災アリーナ 肝心な時に使えず 市民から疑問の声”. 東京新聞. 中日新聞社 (2019年10月8日). 2019年10月26日閲覧。
  10. ^ 受賞対象名 公共建築 かみす防災アリーナ”. グッドデザイン賞. 日本デザイン振興会 (2019年). 2019年10月26日閲覧。
  11. ^ 西岡千史 (20191026T080000+0900). “茨城・台風直撃なのに170億円投入の防災アリーナが役立たず 市民から怒りの声「まずは開けてくれないと…」 〈dot.〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2019年10月26日閲覧。

外部リンク編集