メインメニューを開く

きつね』は、1983年6月4日に公開された日本映画。製作会社は松竹霧プロ日本天然色映画。配給は松竹。公開時間は104分。

きつね
監督 仲倉重郎
脚本 井手雅人
製作 野村芳太郎
野村芳樹
永井三樹男
出演者 岡林信康
高橋香織
原田大二郎
三田佳子
音楽 千野秀一
撮影 坂本典隆
編集 加川武志
製作会社 松竹
配給 松竹
葦プロ
日本天然色映画
公開 日本の旗 1983年6月4日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

35歳の男性と14歳の少女との恋愛を描いた映画。主演はフォーク歌手の岡林信康。少女役はオーディションで選ばれた高橋香織[1]。脚本の井手雅人[2]はこの映画について、早世した自分の娘に大人の恋愛をさせたかったため執筆したと語っている。

劇中に、少女の性交シーンがあるためソフト化が難しいとされていたが[3]、あの頃映画 松竹DVDコレクションから2011年11月23日にDVD発売されることになった。

ストーリー編集

北海道根釧原野の研究所に派遣された低温科学者の緒方は森で14歳の少女、万耶(まや)と出会う。

スタッフ編集

キャスト編集

関連資料編集

脚注編集

  1. ^ この作品以降は目立った活動は行っていない。なお、女優の高橋かおりとは別人。
  2. ^ 当初は倉本聰が担当する予定だったが、辞退している
  3. ^ 『放送禁止映像大全』、P323

関連項目編集

外部リンク編集