小林 哲子(こばやし てつこ[1]1941年昭和16年〉3月12日[1][2] - 1994年平成6年〉12月9日[2]) は、女優

東京都中野区出身[1][2]劇団俳優座に在籍。舞台、映画、テレビなどで活躍した。

来歴・人物編集

幼い頃から日本舞踊を習っていた(1973年には藤間流の名取となる)。小学生時代から演劇が好きになり[3]学習院女子中・高等科では演劇部に所属した[3]。高校卒業後、1959年國學院大學に入学するが[3]、同時期に劇団俳優座養成所(11期生)入所[3]1962年に俳優座準団員[3]1964年に俳優座正団員に昇格した[1][3]。初舞台は田中千禾夫・作の『大姫島の理髪師』[3]。なお大学は後に中退した[3]

養成所時代にTBSドラマ『青年の樹』でデビュー[1][2]。劇団入団後には、東映の時代劇『源九郎義経』で映画デビュー[1][2]

東宝の映画『恐怖の時間』の撮影中に、現場を訪れた本多猪四郎に見初められ、特撮映画『海底軍艦』のムウ皇帝役に抜擢された[2]。本多は、ひと目見て皇帝役の成功を確信したといい、実際に撮影では小林自ら化粧を考えるなど熱心に取り組み、役に対する考えがしっかりしていたと評している[4]

しかし、体調不良のため1967年に俳優を一時引退することになる[1]。引退直前の作品は、NHKドラマ『三姉妹』、TBSドラマ『真田幸村』、舞台『アンナ・カレーニナ』であった。

引退後は結婚から出産を経るが、この間も俳優座のマネージャーはいつでも復帰できるようにしていたという。

約15年のブランクの後、1982年にはTBSドラマ『ちょっと神様』で復帰を果たした[1]。同年には、第2回アマチュア特撮大会にもゲスト出演した[2]

1994年(平成6年)12月9日、肺癌のため死去[2]享年53。

出演作品編集

映画編集

テレビ編集

その他の番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 東宝特撮映画全史 1983, p. 529, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f g h 東宝特撮女優大全集 2014, p. 100, 文・開田裕治「小林哲子」
  3. ^ a b c d e f g h 河北新報 1982年1月12日夕刊 8面「登場」コーナー
  4. ^ 「本多猪四郎監督 長編インタビュー(3)」 『海底軍艦/妖星ゴラス/宇宙大怪獣ドゴラ』東宝出版事業室〈東宝SF特撮映画シリーズ VOL.4〉、1985年8月1日、205-206頁。ISBN 4-924609-13-7 

参考文献編集