岡林 信康(おかばやし のぶやす、1946年7月22日 - )は、日本ミュージシャン

岡林 信康
別名 フォークの神様
生誕 (1946-07-22) 1946年7月22日(71歳)
出身地 日本の旗 日本 滋賀県近江八幡市
学歴 同志社大学神学部中退
ジャンル フォークソング
ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1968年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
ソニー・ミュージックエンタテインメント
日本コロムビア
東芝EMI
日本クラウン
共同作業者 はっぴいえんど(バックバンド)
松本隆(プロデューサー)
加藤和彦(プロデューサー)
公式サイト なし
ボブ・ディラン

実家は教会で、父親は牧師。現在は京都府亀岡市在住。

目次

経歴編集

生い立ち編集

父親は新潟県の出身で30歳まで新潟で農業をしていた[1][2]。しかし、閉鎖的な村社会が嫌になって故郷を飛び出し滋賀県紡績工場に就職。その時期に宣教師ウィリアム・メレル・ヴォーリズに出会い、牧師となるため大阪神学校に通った後、近江八幡市の田んぼのど真ん中に西洋建築の教会を立てた[1][2]。当地で信康は生まれる。近江兄弟社中学滋賀県立八日市高等学校を経て、1966年同志社大学神学部入学。熱心なキリスト教信者であったが、実家の教会の不良少女の扱い(お祈りをさせないなど)に疑問を感じ「脱出」[2]、その後社会主義運動に身を投じる中で、高石ともやに出会いギターを始める。

フォークシンガーとして編集

1968年、京都で行われた第3回フォークキャンプに参加。同年9月、山谷に住む日雇い労働者を題材とした「山谷ブルース」でビクターよりレコードデビュー。翌年までに、「友よ」「手紙」「チューリップのアップリケ」、「くそくらえ節」、「がいこつの歌」など、名作・問題作を発表。その内容から、多くの曲が放送禁止となる。当時、岡林とともに高石友也、高田渡、加川良、五つの赤い風船なども活躍し、プロテスト・フォーク、反戦フォークが若者の間でブームとなった[3]。一世を風靡し、「フォークの神様」と言われたが、勤労者音楽協議会との軋轢や周囲が押しつけてくるイメージと本人の志向のギャップ(同時期、岡林はすでに直接的なプロテストソングに行き詰まりを感じており、ロックへの転向を模索していた)などにより1969年9月、3カ月余りのスケジュールを残したまま一時蒸発した[1]。書き置きは「下痢を治しに行ってきます」[1]

1970年4月、コンサートに再登場、「ごめんやす。出戻りです。お互い堅くならんといきましょう」と話した[1]。この時期からボブ・ディランに影響を受けたロックを、当時無名だったはっぴいえんどをバックに展開し始める。「それで自由になったのかい」「私たちの望むものは」「自由への長い旅」などの作品を発表、喝采を浴びて東京に移り住み、一夫一婦制ナンセンスを唱えて自由なヒッピー風生活をするが行き詰る[1]

1971年日比谷野外音楽堂での「自作自演コンサート 狂い咲き」および、「第3回中津川フォークジャンボリー」を最後に、再び表舞台から姿を消す。

4年間の農耕生活編集

やがて岡林は人ぎらい、街ぎらいとなり、三重県農業共同体を営んでいた山岸会を見学し、「ヤマギシズム」に傾倒[1]。自然の環境に身を置こうと岐阜県中津川近くの山村に移り住み、約1年後京都府綾部市の総戸数17戸の過疎村に居を移し農耕生活を始める[1][2][4]1973年ソニーへ移籍し、活動を再開。松本隆をプロデューサーに迎え制作されたロック路線のアルバム『金色のライオン』、『誰ぞこの子に愛の手を』などを発表。ディラン風の暗喩を多用した「あの娘と遠くまで」、「26番目の秋」などの曲などを発表するが、相変わらず「フォークの神様」を期待するファンは多かった。この時期はレコードこそ発表はしたが、数度のゲスト出演を除き人前に登場しなかった。

復帰後編集

数年間の農村生活の間、文明との接点は古ぼけたステレオだけ、次第に肩肘から力がとれた[1]。ふと聞いた西川峰子の「あなたにあげる」を聴いて感激[1][5]。「おれのものも歌だが、演歌もまた歌だ。歌にはいろいろな役目がある」と、ぽつりぽつりと自分だけの演歌を作り始めた[1]。「月の夜汽車」「風の流れに」が美空ひばりに採用される。4年間にわたる農耕生活を終え[4]山を降り亀岡市に転居。

1975年には、岡林本人もコロムビアに移籍し、演歌路線のアルバム『うつし絵』をコロムビアより発表。 美空ひばりの後押しも受け、12月に中野サンプラザで久しぶりのワンマンコンサートも行った[6]。コロムビアでは他に、新録の2枚組ベストアルバム『岡林信康』、私小説的弾き語りの『ラブソングス』を発表。

しかし『ラブ・ソングス』を音楽評論家の中村とうようが「岡林が演歌をやめてフォークに戻ってきた」と評し、再び「フォークの神様」に戻ることを危惧した岡林は、1978年に偶然テレビで観たピンク・レディーの影響を受けてアルバム『セレナーデ』を発表。これを皮切りに、パロディ色の強い、ニューミュージック路線を展開した[7]。古巣のビクターに再び移籍し、さらに『街はステキなカーニバル』、『ストーム』、『グラフィティ』を発表し路線を深めていく。「ミッドナイト・トレイン」、「Good-bye My Darling」、「君に捧げるラブ・ソング」、「山辺に向いて」などがこの時代の代表曲である。

1980年、テレビドラマ『服部半蔵 影の軍団』のエンディング・テーマである「Gの祈り」を発売。しかし、『ストーム』制作の際、プロデュースを担当した加藤和彦にそれまでの作詞の根本としていた部分を「逃げ」だとして批判されたことで、再び新たなスタイルを模索することになる。

1980年代中頃より、メジャーレーベルとの契約が切れたことなどもあり、往年のフォークスタイルであるギターとハーモニカによる弾き語りツアー「ベアナックルレビュー」を開始し、全国を巡る。また、この頃より、封印していた初期の曲の一部を再び歌うようになる。

エンヤトットの完成〜現在編集

1981年ロンドンキング・クリムゾンロバート・フリップに「俺たちの真似じゃない。日本人のロックを聴かせろ。」と言われたことで、日本民謡的なリズムに乗せた独自のロック「エンヤトット」を思案[7]。平野融らとともに模索を続ける中、韓国の打楽器集団サムルノリと出会い、開眼する。

1987年、自主制作テープ『エンヤトットでDancing』を発表。その後、東芝日本クラウンなどでアルバムを発表。全国各地でコンサートを行う。

「古いファンからはあまり喜ばれなかった」と本人が語る「エンヤトット路線」ではあったが、2007年10月20日に36年ぶりの日比谷野外音楽堂ライブ「狂い咲き2007」を行うまでに至る。また、前述の日比谷野音ライブに前後した時期から、10年以上「封印状態」にあったURC時代の音源を含む全アルバムが、紙ジャケットで再発された。また、岡林を敬愛するサンボマスターとの競演や、フジロックフェスティバルCOUNTDOWN JAPANなどのロックフェスへの参加、ロック時代の曲を数十年ぶりに再演するミニライブの開催、数々のテレビ出演など、より積極的な活動を行っている。

2009年九段会館のコンサートで「越後獅子の唄」をカバーしたことをきっかけに、翌2010年、EMIから美空ひばりのカバー曲を中心とした『レクイエム〜我が心の美空ひばり〜』を発表。5月には久々となる全国ツアーも行った。

2011年、「岡林信康コンサートツア-2011」を行い、東名阪のZEEPでライブを行った。

2012年、14年ぶりに作詞作曲をした自主制作シングル「さよならひとつ」を発表した。2016年にはフリー・ジャズの山下洋輔とも共演した。

人物編集

本人は気さくな性格で、コンサートで「友よ」の歌い出しを「ホモよー♪」と自ら歌うほどである。

前述のように、プロテストソングとしての評価は高く、先輩の小室等は、「岡林、よくぞ歌ってくれた」と『昭和は輝いていた』で絶賛していた。ただし、フォークの神様の称号が、一人歩きする苦悩も垣間見たという。

部落差別をテーマにした「手紙」「チューリップのアップリケ」は、放送禁止歌の代表例といわれる(実際のところ、放送禁止になっている歌というものは存在しない。抗議などを恐れての自主規制・自粛である)。現在に続くエンヤトット(御歌囃子)の活動は、英国を訪れた際に会ったキング・クリムゾンのリーダー、ロバート・フリップに「欧米の真似ではなく日本独自のロックを見せろ」と言われたことをきっかけにしている。

2009年、美空ひばり作詞の「むぎばたけの鳥」を作曲した。

岡林の作品の特徴として、「くそくらえ節」のように関西弁東京弁を混ぜた歌詞もあれば、「山谷ブルース」のように東京弁だけを使用した歌詞もあったりする。

「友よ」は、歌詞の内容からサッカーのJリーグのスタジアムで歌われることがある。大抵は、長期間低迷が続いているクラブのサポーターが低迷脱出を願って試合前などに歌うケースである。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. ほんじゃま おじゃまします/山谷ブルースビクターレコード SV-1019/1968年5月)
  2. 山谷ブルース/友よ (岡林 + 高石友也とフォーク・キャンパーズ)ビクターレコード SV-1028/1968年9月5日)
    • 「山谷ブルース」は元々メジャーデビュー盤となるはずだった発禁シングル「ほんじゃま おじゃまします」のB面に収められていた。
  3. 流れ者/チューリップのアップリケビクターレコード SV-1043/1969年3月5日)
  4. くそくらえ節/がいこつの唄URCレコード URS-0003/1969年8月1日)
  5. 私たちの望むものは/性と文化の革命ビクターレコード SV-1080/1970年2月15日)
  6. それで自由になったのかい/手紙URCレコード URS-0017/1970年3月5日)
  7. 愛する人へ/ラブ・ゼネレーションURCレコード URS-0028/1970年5月20日)
  8. だからここに来た/コペルニクス的転回のすすめURCレコード URS-0029/1970年10月5日)
  9. それで自由になったのかい(岡林信康・はっぴいえんど、1970年8月9日 全日本フォークジャンボリー実況録音)/手紙URCレコード URS-0017/1970年11月5日)
    • A面の「手紙」は45回転だが、B面の「それで自由になったのかい」は9分弱の収録時間である為、33回転と言う変則盤
  10. 家は出たけれど/君を待っているURCレコード URT-0050/1971年2月20日)
  11. 自由への長い旅(岡林信康・はっぴいえんど)/今日をこえて(岡林信康・はっぴいえんど)URCレコード URT-0052/1971年3月5日)
  12. 手紙/それで自由になったのかい(岡林信康・はっぴいえんど、1970年8月9日 全日本フォークジャンボリー実況録音)URCレコード URT-0053/1971年4月25日)
    • B面の「手紙」は45回転だが、A面の「それで自由になったのかい」は9分弱の収録時間である為、33回転と言う変則盤
  13. 俺らいちぬけた/申し訳ないが気分がいいURCレコード URT-0056/1971年6月25日)
  14. 墜ちた鳥のバラード/いくいくお花ちゃんURCレコード URT-0065/1971年8月25日)
  15. もずが枯木で/お父帰れやビクターレコード SF-1/1971年9月1日)
  16. ゆきどまりのどっちらけ/つばめビクターレコード SF-14/1971年11月5日)
  17. 山谷ブルース/流れ者ビクターレコード 1971年12月5日)
  18. チューリップのアップリケ/私たちの望むものはビクターレコード 1971年12月5日)
  19. 三億円強奪事件の唄 (岡林信康・高田渡)/砂漠URCレコード 1972年1月1日)
  20. 26ばんめの秋/あの娘と遠くまでCBS・ソニー SOLB-86/1973年11月21日)
  21. 誰ぞこの子に愛の手を/怪人二十面相を追いつめろCBS・ソニー SOLB-208/1975年1月21日)
  22. 青い月夜の散歩道/うつし絵へのひとり言(聞き手・黒田征太郎、挿入歌・越後獅子の唄)日本コロムビア CD-252/1975年8月25日)
  23. わかれ雨/橋~実録仁義なき寄合い日本コロムビア 1975年10月5日)
  24. からっぽの唄/ベイビー日本コロムビア 1977年4月25日)
  25. からっぽの唄/五年ぶり日本コロムビア LK-38-A/1977年6月20日)
  26. 淋しき街角/ミツドナイトレイン日本コロムビア LK-84-A/1978年10月4日)
  27. Good-bye My Darling/遠い朝ビクターレコード VIH-1059/1979年9月25日)
  28. Gの祈り/君に捧げるラブソングビクターレコード VIH-1084/1980年4月21日)
  29. ダンスマン/遮光カーテンの貴婦人ビクターレコード VIH-/1980年11月5日)
  30. ラスト・モーニング(TV「DOサタデー」テーマ曲)/たそがれの20世紀ビクターレコード VIH-1570/1982年4月5日)
  31. ペンノレ (岡林信康・サルムノリ、日本語バージョン)/ペンノレ (岡林信康・サルムノリ、韓国バージョン)東芝EMI 1988年11月1日)
  32. Dance Music/君に捧げる Love Song '90東芝EMI 1989年9月1日)
  33. 祈りの朝/祈りの朝(ゴスペススタイル)/祈りの朝(ソロ)東芝EMI 1996年4月17日)
  34. 風詩/乱の舟唄日本クラウン CRSN-525/1998年1月21日)
  35. レクイエム~麦畑のひばり~/山谷ブルース/悲しき口笛お祭りマンボEMIミュージック・ジャパン TOCT-22355/2010年5月12日)
  36. さよならひとつ/遥かなるこの旅を/さくら雨の朝に自主制作盤 ON-1/2012年5月23日)

オリジナル・アルバム編集

  1. わたしを断罪せよURCレコード URL-1007/1969年8月)
  2. 見るまえに跳べURCレコード URG-4001/1970年6月)
  3. 俺らいちぬけたURCレコード URG-4008/1971年8月)
  4. 金色のライオンCBS・ソニー SOLL-52/1973年)
  5. 誰ぞこの子に愛の手をCBS・ソニー SOLL-118、1975年)
  6. うつし絵日本コロムビア CD-7140/1975年)
  7. ラブソングス日本コロムビア 1977年)
  8. セレナーデ日本コロムビア LX-7050/1978年)・・・全編曲 あかのたちお
  9. 街はステキなカーニバルビクターレコード VIH-6057/1979年)
  10. ストームビクターレコード VIH-28021/1980年)・・・加藤和彦プロデュース
  11. GRAFFITIビクターレコード VIH-28059/1981年)
  12. エンヤトットでDancing自主制作 1987年)・・・テープのみ
  13. ベア・ナックル・ミュージック東芝EMI TOCT-5661/1990年)
  14. 信康東芝EMI 1991年)
  15. MADE IN JAPAN東芝EMI 1992年)
  16. 風詩日本クラウン 1998年)

ライヴ・アルバム編集

  • 岡林信康リサイタル(現タイトル:あんぐら音楽祭 岡林信康リサイタル)(URL-1003/1969年6月/1969年3月29日 神田共立講堂)
  • 私たちの望むものは 音楽舎春場所実況録音(1970年8月/1970年4月12・24日 文京公会堂・渋谷公会堂)
  • 岡林信康コンサート(URL-1016〜7/1971年2月/1970年12月1日 神田共立講堂)
  • 岡林信康自作自演コンサート 狂い咲き(URL-1019〜21/1971年11月/1971年7月28日 日比谷野外音楽堂)
  • 1973PM9:00→1974AM3:00(1975年)
  • 岡林信康ライブ 中津川フォーク・ジャンボリー(1979年/1970年8月8-9日 1971年8月7-9日 岐阜県中津川)
  • 岡林信康ロックコンサート(現タイトル:岡林信康ろっくコンサート)(1979年/1970年10月9日 日比谷野外音楽堂)
  • '70岡林信康ロックコンサートPartII(現タイトル:岡林信康壮行会)(1979年/1970年4月24日 渋谷公会堂)
  • グッドイブニング(1980年)
  • 岡蒸気(1993年)
  • 岡林信康ライブ レアトラック(2009年3月)
  • 岡林信康リサイタル 中野サンプラザ・1975(2009年9月)
  • ロックミュージック(2010年11月)

新録ベスト・アルバム編集

  • 岡林信康(1976年)
  • 歌祭り(2001年)
  • 歌祭りセカンド(2003年)
  • 歌祭りサード(2007年)

企画・アルバム編集

  • レクイエム〜我が心の美空ひばり〜(2010年1月20日) - 美空ひばりのカバーアルバム。
  • アナザー・サイド・オブ・オカバヤシ~岡林信康、吉岡治を歌う(2013年) - 岡林が吉岡治と組んで五木ひろし、石川さゆり、ロカビリーの山下敬二郎、イラストレーターの黒田征太郎などに書き下ろした楽曲をセルフカバーしたアルバム。

関連ミュージシャン編集

URC時代編集

バックバンド編集

岡林が影響を受けた人物編集

岡林から影響を受けた人物編集

曲提供編集

カバーされた曲編集

主な出演編集

テレビドラマ編集

バラエティ番組編集

映画編集

CM編集

書籍編集

自著
解説書等

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k サンデー毎日、1982年1月3日、10日号44-47頁
  2. ^ a b c d 週刊文春、2011年9月8日号、94-97頁
  3. ^ http://www.warewaredan.com/folk01.html
  4. ^ a b 『伝説 岡林信康』47頁
  5. ^ 『伝説 岡林信康』88-89頁
  6. ^ 【岡林信康】引き出しから奇跡の新曲 美空ひばりからの手紙35年ぶり息吹
  7. ^ a b 山口隆著『叱り叱られ』

関連項目編集

外部リンク編集

参考文献編集

James Dorsey, “Breaking Records: Media, Censorship, and the Folk Song Movement of Japan’s 1960s.” In Asian Popular Culture: New, Hybrid, and Alternate Media, ed. John A. Lent and Lorna Fitzsimmons. Lanham, MD: Lexington Books, 2013, pp. 79〜107.