メインメニューを開く

山谷 初男(やまや はつお、1933年12月19日[1] - 2019年10月31日)は、日本俳優。本名:山谷 八男[2]。旧芸名山谷 初夫舞プロモーションに所属[2]

やまや はつお
山谷 初男
本名 山谷 八男
別名義 山谷 初夫
生年月日 (1933-12-19) 1933年12月19日
没年月日 (2019-10-31) 2019年10月31日(85歳没)
出生地 日本の旗 日本 秋田県仙北郡角館町(現仙北市
死没地 日本の旗 日本 秋田県秋田市
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1953年 - 2019年
事務所 舞プロモーション
テンプレートを表示

秋田県[2][1]仙北郡角館町(現仙北市)出身。秋田県立角館北高等学校(現:秋田県立角館高等学校)卒業[2]

来歴編集

1953年に劇団東芸で『ホタルの歌』三吉役で初舞台を踏み、1964年に『ケチまるだし』森本健二役で映画デビュー。以後数々のドラマ・映画・舞台に脇役として出演した。特に若い頃は、寺山修司主宰の天井桟敷に参加して怪演する一方、時代劇で凄みのある悪役を演じたり、日活ロマンポルノなどにも多数出演していた。

2019年10月31日、間質性肺炎のため、秋田市の病院で死去[3][4]。85歳だった。

人物編集

  • 生家はJR角館駅前の「やまや旅館」(「食堂やまや」も経営)。
  • 秋田県出身で、秋田弁を自在に使いこなせるため、東北弁の役柄が多く、人柄の良い中年や老人の役で素朴な味わいを出している。
  • 1994年4月角館町に小劇場「はっぽん館」を建設。演劇、芸能全般、交流の館として地域に開放している。因みにはっぽんとは、新宿ゴールデン街で飲んでいた崔洋一らから呼ばれていた愛称だと、「昭和は輝いていた」で語られた。
  • 特技は東北弁[2][1]手芸[1]。特に編み物に関しては、自分で着るベストなどを編んでいることを関根勤に賞賛されたことがある。

出演編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

  • ステレオによる叙事詩「まんだら」(作:寺山修司、1967年、NHK)

映画編集

舞台編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

ナレーション編集

  • NHKスペシャル
    • 巨大生物を育てる奇跡の海(2000年、NHK)
    • 海のけもの道を探せ(2002年、NHK)
  • ハイビジョンスペシャル
    • 北国の盆 いのちのかがり火〜西馬音内盆踊りとともに〜(2012年、NHKBSプレミアム)

バラエティ編集

CM編集

  • 東京電力(バックに流れていた「僕は3丁目の電柱です」の歌)
  • 唐土庵「生もろこし」(秋田ローカル、大黒様姿で秋田民謡の「秋田大黒舞」を踊る)
  • 秋田県観光PR「ま、ま、そのまま、そのまま。秋田県・食い道楽編」ナレーション(2002年、「温泉天国編」は浅利香津代

音楽編集

  • 『山谷初男の放浪詩集 新宿/山谷初男 with はちみつぱい』LP:SF-1045(1974年)
  • 『山谷初男の放浪詩集 新宿/山谷初男 with はちみつぱい』CD:PCD-1589(1998年) ※寺山修司の解説、ライナーをとうじ魔とうじと湯浅学が担当
  • 『山谷初男の放浪詩集 新宿/山谷初男 with はちみつぱい』CD:VICL-62206(2006年) ※寺山修司の解説 当時のレコードジャケットのデザインのまま、CDサイズに縮小
  • 『koki/山谷初男』CD:HAPPON-001(2003年)
  • 『心の本棚-放浪の俳人 山頭火/朗読 山谷初男』CD:KICG-5024(2004年)
  • 『寺山修司ラジオ・ドラマCD「まんだら」/出演 山谷初男 他』CD:KICC-547(2005年)
  • 『名作を聴く(2)〜国木田独歩/朗読 山谷初男』CD:KICG-5057(2006年)
  • 『名作を聴く(10)〜近代小説集/朗読 山谷初男 他』CD:KICG-5067(2006年)
  • 『日本人のこころと品格〜学問のすゝめ/朗読 山谷初男』CD:KICG-5079(2007年)
  • 『koki/山谷初男』CD:HAPPON-001(2006年)
  • 『kiju/山谷初男』CD:HAPPON-002(2010年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当初この役はハナ肇が当てられ収録が進められていたがハナの急逝により山谷が代役を務め収録し直された。

出典編集

  1. ^ a b c d 山谷初男 - 日本タレント名鑑
  2. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、218頁。
  3. ^ “俳優・山谷初男さん死去 「やすらぎの郷」などに出演”. 朝日新聞. (2019年11月3日). https://www.asahi.com/articles/ASMC33K7LMC3UBUB003.html 2019年11月3日閲覧。 
  4. ^ 個性派俳優、山谷初男さん死去 85歳、仙北市角館町出身 - 秋田魁新報電子版 2019年11月3日
  5. ^ ドラマ「やすらぎの刻〜道」やすらぎの刻〜道【2019年8月19日 テレビ朝日】 ザテレビジョン(0000948694-96)
  6. ^ まえがみ太郎”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  7. ^ 風を見た少年”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集