メインメニューを開く

さんびーちは、日本のお笑いコンビ。かつて所属していた事務所は松竹芸能東京。

さんびーち
メンバー ひょうご
山田直人
結成年 2010年10月
事務所 松竹芸能東京
活動時期 2010年 - 2017年5月26日
出身 松竹芸能タレントスクール(ひょうごは10期生、山田は11期生)
旧コンビ名 ガブル/ガブル(ひょうご)
マッチポンプ(山田)
現在の活動状況 解散
(山田はピン芸人「山田BODY」として活動)
芸種 コント漫才
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

メンバー編集

  • ひょうご (1983-02-13) 1983年2月13日(36歳) - )
    • 兵庫県出身。立ち位置は向かって左。
    • 身長167cm、血液型A型
    • 本名:岸洋輔(きし ようすけ)
    • 松竹芸能タレントスクール10期生出身。コンビ「ガブル/ガブル」の元メンバー[1]2010年9月解散)。ガブル/ガブル解散後、さんびーち結成までの間はピン芸人として活動。
    • ホストで、大阪ホストクラブで副店長を務めていたことがあり、常に売上で店の5位以内に入っていたほどだった。元々お笑い好きだったことから、ホストを辞めて上京[2]。なお「ひょうご」の芸名は、ホスト時代に使っていた名前をそのまま使用している[2]
  • 山田 直人(やまだ なおと、 (1984-09-28) 1984年9月28日(35歳) - )
    • 京都府宇治市出身[3]
    • 身長171cm、血液型O型。
    • 帝京大学卒業。大学生時代はボクシング部で、国民体育大会でベスト8に入ったことがある[4]
    • 中学生の時からボクシングをやっていた。山中慎介と2回対戦経験があり[5]。山中との対戦で判定まで持ち込んだこともある[4]。「今岡ボクシングジム」でトレーナーをやっている[4]
    • 大学在学中の2006年に、同級生の木村耕介と「思い出作りのために」とコンビを結成、その約1か月後にはM-1グランプリに出場。「次のネタの事を考えていた」というほど、会場の反応で手応えを感じていたとのことであったが、この年は1回戦で敗退。その後、松竹芸能タレントスクールに11期生として入学。同校卒業後、コンビ『マッチポンプ』として松竹芸能に所属[3]
    • マッチポンプは2009年7月末、木村が当初の志望だったミュージシャンを再び目指すとして引退したことにより解散[6]。同年8月、山田は河野智彰とのコンビ「ミヤ」を結成、同年8月11日の『LIVE疾風迅雷』(なかのZERO視聴覚ホール)からミヤとして活動開始[7]。同年10月1日より、ミヤとして松竹芸能に所属[8]。2010年10月17日を最後に方向性の違いを理由にミヤを解散。

来歴・芸風編集

2010年10月、ミヤを解散したばかりの山田と、ピン芸人として活動していたひょうごにより結成結。当初はM-1グランプリに出る為の即席コンビだったが、2010年12月24日を境に本格的に松竹のコンビとして活動する事を決める。

あらびき団 presents あら-1グランプリ2014』にて決勝進出[9]

ネタはコント漫才共に持っている。キングオブコントTHE MANZAIM-1グランプリ共に出場している[10][11][12]ギターで弾き語りをしているひょうごが、山田のパンチを腹筋で受け止めながらも歌い続ける[13][14]縄跳びしながらパンツを穿いたり風船ガムを割ったり、顏芸をしたりなどの芸も持っている[15][16][17]。『超ハマる!爆笑キャラパレード』(フジテレビ系)では「職業ファイター」のネタを披露している[18]

2017年5月26日の事務所ライブ「松竹NEXTライブ」を以って解散。ひょうごは芸能界引退、山田はピン芸人「山田BODY」として活動を続ける[19][20]

出演編集

テレビ編集

山田のマッチポンプ時代の出演については、マッチポンプ (お笑いコンビ)#出演の節を参照。

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ トークライブ 「おまえ、おもろいなぁ」”. 松竹芸能. 2016年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月21日閲覧。
  2. ^ a b 初ブログ”. さんびーちひょうごの2025年のブログと現在のブログ (2008年7月29日). 2016年8月21日閲覧。
  3. ^ a b 2008年9月22日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』より
  4. ^ a b c さんびーち山田twitter 冒頭の自己紹介(2016年8月21日閲覧)より
  5. ^ 有田チルドレン 2015年8月4日放送回”. gooテレビ (2015年8月4日). 2016年8月21日閲覧。
  6. ^ マッチポンプ木村の徒然ブログ『ユラリジャーナル』2009年7月26日
  7. ^ 『ミヤのやまだ日記』2009年8月9日より。
  8. ^ 『ミヤのやまだ日記』2009年10月1日より。
  9. ^ 「あら-1GP」シソンヌら10組が決勝進出”. お笑いナタリー (2014年10月2日). 2016年8月21日閲覧。など
  10. ^ 7月8日(金)シアターブラッツ(東京)出場者”. キングオブコント2016 (2016年7月8日). 2016年8月21日閲覧。など
  11. ^ 7月2日(土) 予選第1回戦”. THE MANZAI 2011 (2011年7月2日). 2016年8月21日閲覧。など
  12. ^ 8/28(金) [東京 新宿シアターモリエール]”. M-1グランプリ2015 (2011年8月28日). 2016年8月21日閲覧。
  13. ^ 『ぷっ』すま 2012年8月18日放送回”. gooテレビ (2012年8月18日). 2016年8月21日閲覧。
  14. ^ ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV 2015年12月22日(火)”. gooテレビ (2015年12月22日). 2016年8月21日閲覧。
  15. ^ ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV 2016年1月5日放送回”. gooテレビ (2016年1月5日). 2016年8月21日閲覧。
  16. ^ ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV 2016年5月17日”. gooテレビ (2016年5月17日). 2016年8月21日閲覧。
  17. ^ ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV 2016年4月19日”. gooテレビ (2016年4月19日). 2016年8月21日閲覧。
  18. ^ 超ハマる!爆笑キャラパレード 2016年7月16日”. gooテレビ (2016年7月16日). 2016年8月21日閲覧。
  19. ^ さんびーち 解散のお知らせ”. 松竹芸能 (2017年5月15日). 2017年5月27日閲覧。
  20. ^ さんびーち解散、山田のみ「山田BODY」として芸人続ける”. お笑いナタリー (2017年5月15日). 2017年5月27日閲覧。