メインメニューを開く

そして今は(原題:Et Maintenant 英題:What Now My Love)は1961年に発表されたシャンソンであり、スタンダード・ナンバーでもある。作曲はジルベール・ベコー、作詞はピエール・ドゥラノエ (fr:Pierre Delanoë)による。オリジナル版(フランス語)の歌唱はベコーである。

目次

概要編集

「そして今は」は発売からたちまちのうちに世界的ヒット曲となり、1961年5月から6月にかけてヒットチャートで1位の座を占め、シングルレコードは40万枚の売り上げを記録した。ベコーはカール・シグマンによる英語詞版「What Now My Love」も録音したが、こちらはシャーリー・バッシーの歌唱によるバージョンが全英シングルチャートに17週間載り、最高第5位を記録した。「What Now My Love」のソニー&シェールのバージョンが、米国チャートの14位に入っている。

曲調はクラシックのボレロと同じコード進行を持った曲で、『神の思いのままに』に次ぐジャンル越えをしたヒット曲と言える。

英語版の作詞はカール・シグマン (en:Carl Sigmanによる。

日本語版の歌詞は門田ゆたかによる。レコードの表記によっては、邦題が「そして今は…」となっているものもある。

カヴァーした歌手編集

ベコーの楽曲の中でも国境を超えての多くのカヴァーが存在し、アメリカではフランク・シナトラをはじめエルビス・プレスリーや多くのアーティストによって歌われている。日本では越路吹雪によって歌われた。

フランス語圏編集

英語圏編集

イタリア語版編集

日本版編集

その他編集

脚注編集

外部リンク編集