メインメニューを開く

その木戸を通って(そのきどをとおって)は、山本周五郎の短編小説、およびそれを原作とした日本のテレビドラマ作品。

目次

テレビドラマ編集

制作編集

日本で初めてのハイビジョン放送試験放送向けのテレビドラマとして1993年にフジテレビが制作した。 主演の中井貴一は監督の市川崑から「この映画はどこにも公開しないし、報酬も安いが、後世には役に立つから出演してくれないか」と頼まれて引き受けたと、菊池映画祭のトークショーの中で述べた[1]。 また、中井は「ハイビジョン映像では細部まではっきりと映ってしまうが当時はCGや特殊メイクの技術が現在ほど発達していなかったため、アップになったときの俳優のカツラの網部分まで見えるという理由で何度もリテイクがかかり、監督にキレてしまった」と振り返っている[1]

公開編集

制作後、35mmフィルムに変換されたうえでベネチア国際映画祭ロッテルダム国際映画祭で上映されたが、2008年に劇場公開されるまでの間、幻の映画として扱われていた[2] 2016年3月には熊本県菊池市で開かれた菊池映画祭2016において中井貴一特集の一環として上映された[1]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集