メインメニューを開く

どんぐりコロコロは、鳥取県米子市(旧淀江町)で運行するコミュニティバス淀江駅を起点とする、4ルートが運行されており、日本交通(タクシー部門)が運行を担当している。

愛称は特産品のドングリにちなむ。

概要編集

  • 料金は以下の通りとなっている。
    • 大人(中学生以上)150円、小学生100円、障害者等50円、幼児は無料。
      • 日本交通及び日ノ丸自動車が発行する路線バス定期券(大人(中学生以上)のみ)を提示すると、運賃が割引(大人(中学生以上)100円)となる。
      • 日本交通及び日ノ丸自動車が発行する70歳以上の高齢者向け路線バス定期券「グランド70」を提示すると、運賃が無料となる。
  • だんだんバス」「どんぐりコロコロ」共通専用回数券
    • 500円券(50円券の11枚綴り)、1,000円券(100円券の11枚綴り)、1,500円券(150円券の11枚綴り)
  • 「どんぐりコロコロ」専用定期券(「だんだんバス」には使用できない)
    • 1か月大人(中学生以上)4,500円、小学生3,000円、障害者等1,500円。
  • 鳥取藩のりあいばす乗放題手形(3日間1,800円)でも利用可能。
  • なお、他社の一般路線の乗車券類は使用できない。
  • また、日吉津村イオンモール日吉津大山町妻木晩田遺跡前にも乗り入れる。
  • 運行は日本交通(タクシー部門)米子営業所が担当。
  • なお、休日及び1月1日 - 1月3日は全便運休となる。
  • 鳥取県立白鳳高校の生徒がよく利用する。雨の日などは混雑する。

各営業所(車庫)所在地編集

  • 日本交通米子営業所
  • 日本交通(タクシー部門)ハイヤー淀江営業所(日中の出先車庫)

沿革編集

  • 2001年9月1日 運行開始。当初の料金は大人・小学生100円、障害者等50円、幼児は無料で、現金のみの取り扱いであった。
  • 2007年10月1日 大人の料金を150円に値上げ(小学生、障害者等、幼児は従来通り)。同時に専用回数券を発売。ジャスコ日吉津ショッピングセンター(現・イオンモール日吉津)への乗り入れに伴い、運行コースを一部変更。
  • 2019年4月1日 事業用有償旅客運送(緑ナンバー)から自家用有償旅客運送(白ナンバー)に変更し、米子市が米子第一交通(第一交通産業グループ)に運行を委託する方式に変更。これに伴い、当面は車両を米子市が保有するマイクロバスに変更[1][2][3][4][5][6]
  • 2019年11月 - 同月までに三菱ふそうトラック・バスローザ4WD)を購入予定。

現行路線編集

車両編集

小型バス(日野自動車リエッセ)1台で運行。なお、これら専用車が使用できない場合は、日本交通の一般車両(運行経路に狭隘区間があるため、小型バスに限定)を用いた運行が行われる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米子市淀江町巡回バス運行業務委託事業者を募集します”. 米子市役所総合政策部都市創造課 (2018年12月6日). 2019年2月19日閲覧。
  2. ^ 米子市淀江町巡回バス運行業務仕様書 (PDF)”. 米子市役所総合政策部都市創造課 (2018年12月). 2019年2月19日閲覧。
  3. ^ 米子市淀江町巡回バス運行業務プロポーザル説明書 (PDF)”. 米子市役所総合政策部都市創造課 (2018年12月). 2019年2月19日閲覧。
  4. ^ 米子市淀江町巡回バス運行業務に係るプロポーザルの結果をお知らせします”. 米子市役所総合政策部都市創造課 (2019年1月28日). 2019年2月19日閲覧。
  5. ^ “「第一交通」を委託先に選定 淀江の巡回バス”. 日本海新聞. (2019年1月30日). https://www.nnn.co.jp/news/190130/20190130004.html 2019年2月19日閲覧。 
  6. ^ 平成30年度第2回米子市地域公共交通会議資料 (PDF)”. 米子市役所総合政策部都市創造課 (2019年2月25日). 2019年3月26日閲覧。

外部リンク編集