なんきん1959年1月24日 - )は、日本漫画家、アニメ作家、マルチメディアフラストレーター〔ママ〕。他、劇団「WAHAHA本舗」に所属し、俳優としても活動中。本名は非公開。

来歴編集

六田登アシスタントを経て、漫画家としてデビュー。白泉社から出版した3冊の単行本や、雑誌『宝島』での連載などで注目される。その傍ら、ソルマックシリーズ(大鵬薬品工業)のCMで人気となった「飲みすぎシール」のデザインを手掛けたり、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』、『ポンキッキーズ』などのテレビ番組のアニメーションの制作に携わったりもした。

WAHAHA本舗には、当時婚姻関係のあった中山宏子とともに役者として参加。吹越満とのコンビで人気を集めていた。WAHAHA本舗脱退後は、劇団プリセタに参加。さらに安斎肇しりあがり寿らと共に「NAS」を結成し、舞台公演などを行った。その後WAHAHA本舗に復帰。自作楽器の前衛バンド「OBANDOS」の正式メンバーとしても活動している。

人物編集

  • ほぼ同時期に漫画家デビューした西秋ぐりんマディ上原とは、高校の同級生。
  • インターネット普及以前には、パソコン通信のマニアとして知れ渡っていた。
  • 現在、WAHAHA本舗では若手役者たちの良き相談役となっている。
  • 小学生の頃に付けられたニックネーム「なんきん」をそのまま芸名及びペンネームに使用している。中国江蘇省の省都・南京との関連性はない。

出演編集

テレビ番組編集

映画編集

  • セシウムと少女(2015年、才谷遼監督 / ふゅーじょんぷろだくと) - 芸能の神(ミッキー)

著作物編集

著書編集

アニメーション制作編集

キャラクターデザイン編集

CD編集

ゲーム編集

ナゾラーランドシリーズは、サン電子と世界文化社パズラー編集部との共同製作のファミリーコンピュータ ディスクシステムのゲーム。なんきんはパッケージやイメージキャラのキャラクターデザインを担当していた。
日本語版パッケージイラストを担当

外部リンク編集