なんでもジョッキー

なんでもジョッキーなんでもじょっきー)は、1975年3月31日から2003年3月27日まで中国放送(RCC)で放送されていたラジオ番組。

目次

概要編集

広島の昼のリスナー 一体型ラジオ番組として、1975年のオンエア開始以来28年間にわたって放送された。交通情報や天気・ニュースはもちろんのこと、暮らしに関する話題やリスナーからの便りのコーナーなど生活に密着した情報を流し、多くのリスナーに親しまれた。1994年にNTTクレド基町ビルが完成すると、ガラス張りのスタジオから放送を行い、オンエアの様子を直接見ることができた(このスタジオは2004年8月閉鎖)。また、「なんジョ酒」など番組タイトルを冠した商品も企画・登場した。 一時の上野隆紘世良洋子の木金(1987年4月~1994年3月)は大評判となり、後にそのコンビは「平成ラヂオバラエティごぜん様さま」で復活するなど、その人気ぶりを伺う事が出来る。

番組が長く続いた背景には、担当アナウンサーが変わる中、開始以来25年も長年レポーターを務めた山手一義の存在がある。その当時、ローカルとしては珍しい社外からフリーのパーソナリティーとして起用、アポなし=突然マイクを向けた時には生放送の「とび込みインタビュー」は、機材も大きく重量がある中で、技術スタッフと二人だけという放送スタイルで続けられ、後のいろんな番組の元祖となり、放送界に大いに貢献した。機材も小型化された今日(2008年現在)、この手法は各局の番組に広がっており、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」ほかで、視聴者に警戒なく自然に登場してもらう姿は、当時のとび込インタビューを彷彿とさせる。

2003年3月27日に番組改編により放送終了。「本名正憲のきょうもゴゴイチ」に受け継がれた。

放送時間編集

長い放送期間の中で放送時間は幾度と無く移動している。元々は月曜日から金曜日までのベルト番組だった。また、時期により12時スタートの時や13時半スタート、4時終了や4時半終了の時期もあった。 金曜日に「ラジきんぎょ」の放送が開始された事で、毎週月曜日から木曜日の放送になり、最終的な放送時間は、毎週月曜日から木曜日の13:00~15:40までになり、「本名正憲のきょうもゴゴイチ」に移行する事になる。

歴代コーナー編集

  • おたより読みっ放しコーナー→なんじょメールのフレンドリー横丁
  • キユーピー青春プレイバック
  • 街角ステーション(それ行けなんジョ外回り→走れラジオカー~広島ハッピータウン~→走れラジオカー(走れラジオカーは引継番組の「本名正憲のきょうもゴゴイチ」でも放送されたが、現在は「ラジオカー中継」となっている。)
  • 煙石宗匠の五七ゴロリン
  • 人生甘辛悶々
  • ご当地クイズ・あんたがたどこさ
  • くらしのQ&A
  • あー人生に緑あり
  • 今日のおめでとう
  • 今夜のおかず明日の弁当
  • おしゃれのマガジンファイル
  • ジャパネットたかたラジオショッピング
  • テレマートラジオショッピング
  • おもしろ自然講座
  • 【かずよしのなんでもリクエスト】
  • 【かずよしのとび込みインタビュー】
  • なんでもコール
  • なんでもリクエスト ~気軽なパートナー
  • なんでもテレホンダイヤルイン
  • 桃色吐息オノロケ吐息
  • なんジョ予備校木曜学園
  • ティータイムミュージック

歴代パーソナリティ編集

レポーター編集

  • 山手一義

外部リンク編集