やわらかい手』(やわらかいて、Irina Palm)は、サム・ガルバルスキが監督し、マリアンヌ・フェイスフルミキ・マノイロヴィッチが主演した2007年に制作された悲喜劇映画。ベルギールクセンブルクイギリスドイツフランスの5か国による共同制作の作品である。2007年ベルリン国際映画祭において、初公開された。本作は世界中で1,000万米ドル以上の興行成績を上げた。

やわらかい手
Irina Palm
監督 サム・ガルバルスキ[1]
脚本 Martin Herron
フィリップ・ブラスバント英語版
サム・ガルバルスキ
製作 Sébastien Delloye
Diana Elbaum
Georges van Brueghel
出演者 マリアンヌ・フェイスフル
ミキ・マノイロヴィッチ
音楽 ゲインズー英語版
撮影 クリストフ・ボーカルヌ
配給 Strand Releasing (US)
公開 2007年2月13日ベルリン
上映時間 103 分
言語 英語
テンプレートを表示

主演のマリアンヌ・フェイスフルにとっては、38年ぶりの映画主演作品であった[2]

あらすじ編集

ロンドンの郊外、孫のいる年齢となった主婦マギーは、病気の孫の治療費に苦慮していた。できる仕事はないかと探していると「接客係 (hostess)」の募集を見つけ、応募する。実はそこは風俗店で、仕事は壁越しに手コキをすることだった。ともかく働くことになった彼女は、やがて....[2]

キャスト編集

受賞編集

脚注編集

外部リンク編集