メインメニューを開く
ダヴィッド像(2014年)

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語: David di Donatello)は、イタリア映画アカデミー(L'Accademia del Cinema Italiano)が毎年主催する、イタリア映画における最高の名誉とされるである。受賞者にはドナテッロ作のダヴィデ像のレプリカが贈呈される。

目次

沿革編集

1950年代半ばにローマで創設されたシネフィルのサークルであるオープン・ゲート・クラブ(Opne Gate Club)および国際映画クラブ(Club Internazionale del Cinema)に由来する。設立当初のシンボルはダヴィッド像ではなく、開いた門を象ったものであった[1]

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞としての授賞式は1956年から行われており、2006年には創設50周年を記念して8名に特別賞が授与された[2]

部門編集

現在の部門編集

  • 作品賞(1970年-)
  • 監督賞(1956年-)
  • 新人監督賞(1982年-)
  • オリジナル脚本賞(2017年-)
  • 脚色賞(2017年-)
  • プロダクション賞(1956年-)
  • 主演男優賞(1956年-)
  • 主演女優賞(1956年-)
  • 助演男優賞(1981年-)
  • 助演女優賞(1981年-)
  • 撮影賞(2015年-)
  • 作曲賞(1975年-)
  • 歌曲賞(1986年、1989 - 1990年、2005年-)
  • 美術賞(1981年-)
  • 衣装賞(1981年-)
  • メイクアップ賞(2008年-)
  • ヘアメイク賞(2008年-)
  • 編集賞(1981年-)
  • 音響賞(2017年-)
  • 特殊視覚効果賞(2004年-)
  • 長編ドキュメンタリー賞(2004年-)
  • 短編映画賞(1997年-)
  • ヤング・ダヴィッド賞(2004年-)
  • 外国映画賞(1959年-)
  • ダヴィッド特別賞
  • 生涯貢献賞
  • 観客賞(2019年-)

廃止された部門編集

  • EU映画賞(2004年 - 2018年)
  • 録音賞(1988年 - 2016年)
  • 脚本賞(1975年 - 2016年)
  • 撮影監督賞(1981年 - 2014年)
  • 外国監督賞(1966年 - 1990年)
  • 外国プロダクション賞(1956年 - 1990年)
  • 外国男優賞(1957年 - 1996年)
  • 外国女優賞(1957年 - 1996年)
  • 外国脚本賞(1979年 - 1980年)
  • 外国サウンドトラック賞(1979年 - 1980年)
  • 新人男優賞(1982年 - 1983年)
  • 新人女優賞(1982年 - 1983年)
  • ゴールデンプレート賞(1956年 - 2001年)
  • ヨーロッパ賞(1973年 - 1983年)
  • フランコ・クリスタルディ賞(1992年 - 1993年)
  • ルキノ・ヴィスコンティ賞(1976年 - 1995年)
  • ルネ・クレール賞(1982年 - 1987年)
  • 学生賞(1997年 - 2003年)
  • アリタリア賞(1984年 - 1991年)

脚注編集

  1. ^ Accademia del Cinema Italiano - Premi David di Donatello”. www.daviddidonatello.it. 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ ジーナ・ロロブリジーダ(女優)、ピエロ・トージ(衣装デザイナー)、ジュゼッペ・ロトゥンノ(撮影監督)、エンニオ・モリコーネ(作曲家)、ディノ・デ・ラウレンティス(プロデューサー)、フランチェスコ・ロージ(監督)、スーゾ・チェッキ・ダミーコ(脚本家)、マリオ・ガルブーリア(美術監督)の8名。

外部リンク編集