メインメニューを開く

わが心のボルチモア』(Avalon)は、バリー・レヴィンソン監督、脚本による1990年のアメリカ合衆国の映画である。20世紀初頭にメリーランド州ボルチモアに移住してきたロシア系ユダヤ人家庭を描く物語である。

わが心のボルチモア
Avalon
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 バリー・レヴィンソン
製作 バリー・レヴィンソン
マーク・ジョンソン英語版
出演者 アーミン・ミューラー=スタール
エイダン・クイン
ケヴィン・ポラック
エリザベス・パーキンス
ジョーン・プロウライト
イライジャ・ウッド
ルー・ジャコビ英語版
音楽 ランディ・ニューマン
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 スチュー・リンダー英語版
配給 トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年10月5日
日本の旗 1991年1月11日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $15,740,796[1]
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
アン・ケイ エリザベス・パーキンス 土井美加
ジュールス・ケイ エイダン・クイン 原康義
マイケル・ケイ イライジャ・ウッド 折笠愛
ハイミー・クリチンスキー レオ・ヒュークス 北村弘一
ガブリエル・クリチンスキー ルー・ジャコビ 村松康雄
サム・クリチンスキー アーミン・ミューラー=スタール 山内雅人
エヴァ・クリチンスキー ジョーン・プロウライト 谷育子
ネイサン・クリチンスキー イズラエル・ルビネック 塚田正昭
イジー・カーク ケヴィン・ポラック 石丸博也

他の「ボルチモア映画」との関係編集

レヴィンソンはボルチモアを舞台とした自作同士をリンクさせることを好んでいる。『わが心のボルチモア』で購入されたハドソン自動車は、『ダイナー』でも購入され、使われた[2]。クリチンスキー家が郊外に移る際に残す家は『ティンメン/事の起こりはキャデラック英語版』で登場するものと同一である[2]

主な受賞・ノミネート編集

部門 対象 結果
アカデミー賞[3] 脚本賞 バリー・レヴィンソン ノミネート
撮影賞 アレン・ダヴィオー
作曲賞 ランディ・ニューマン
衣裳デザイン賞 グロリア・グレシャム
ゴールデングローブ賞[4] 作品賞 (ドラマ部門) 『わが心のボルチモア』 ノミネート
脚本賞 バリー・レヴィンソン
作曲賞 ランディ・ニューマン

参考文献編集

  1. ^ Avalon” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月24日閲覧。
  2. ^ a b Levinson, Barry; Kornbluth, Jesse (1991). Avalon; Tin men; Diner: Three Screenplays. Atlantic Monthly Press. p. xx. ISBN 0-87113-435-7. http://books.google.com/books?id=bBHkAxxeqeYC&printsec=frontcover&cad=0#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ The 63rd Academy Awards (1991) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年3月24日閲覧。
  4. ^ The 48th Annual Golden Globe Awards (1991)”. ハリウッド外国人映画記者協会. 2010年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月24日閲覧。

外部リンク編集