アイデア」は、日本のシンガーソングライター星野源の楽曲。2018年(平成30年)8月20日SPEEDSTAR RECORDSより配信限定シングルとしてリリースされた[1]

アイデア
星野源配信限定シングル
収録アルバム POP VIRUS
リリース 2018年8月20日
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間 4分39秒
レーベル SPEEDSTAR RECORDSVictor Entertainment
作詞者 星野源
プロデュース 星野源
チャート順位

星野源 年表
ドラえもん
(2018年)
アイデア
(2018年)
折り合い
(2020年)
ミュージックビデオ
「アイデア」 - YouTube

表題曲である「アイデア」はNHK 連続テレビ小説半分、青い。』の主題歌として書き下された楽曲[2][3]

背景編集

2018年(平成30年)3月14日に、星野源が『半分、青い。』の主題歌を担当し、タイトルが「アイデア」であることが発表された。4月の放送開始から4か月後の2018年8月1日に、朝日新聞の一面すべてを使用した全面広告で自身初の配信限定シングルとして2018年8月20日にリリースされる事が発表された。その後、いくつかの都市でアイデアの宣伝トラック「アイデア号」が期間限定で出現した。

PVのダンスシーンの振り付けは、星野と普段から親交のあるシンガーソングライターの三浦大知が担当した。三浦が他アーティストのPVで振付を担当するのは初。第17回MTV Video Music Awards Japan最優秀ポップビデオ賞を受賞。

楽曲の構成編集

本作は様々なジャンルで構成されており、1番は通常のバンド編成、2番は打ち込みによるダンスナンバー、Cメロは星野自身による弾き語り、大サビ以降は1番と同様のバンド編成となり、最後に銅鑼を鳴らすという展開となっている。

チャート成績編集

初週18.8万ダウンロード(188,089ダウンロード)を売り上げ、9月3日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで初登場1位を獲得。デジタルシングル(単曲)、デジタルアルバムを通じ週間デジタルランキングで自身初の1位となった。 また、配信初日の8月20日付のオリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングで、10.0万ダウンロード(99,729ダウンロード)を売り上げ1位を獲得し、2018年4月2日付からのオリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキング発表開始以来、デイリー史上最高の売上ダウンロードを記録した[4]

収録曲と規格編集

デジタルダウンロード
(全曲作詞・作曲・編曲:星野源)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「アイデア」  
合計時間:

参加ミュージシャン編集

  • 星野源:Vocal, Gut Guitar, Marimba, Vibraphone, Microbrute, Beat Programming, Dora, Chorus
  • 河村"カースケ"智康:Drums, Tambourine
  • 伊賀航:Contrabass
  • 小林創:Piano
  • 長岡亮介ペトロールズ):Electric Guitar
  • 石橋英子:Marimba, Vibraphone
  • STUTS:MPC, Beat Programming
  • 本澤尚之:Beat Programming, Microbrute, Prophet-5
  • 櫻田泰啓:Prophet-5
  • 美央・伊能修・城戸喜代・入江茜:1st Violin
  • 杉野裕・黒木薫・下川美帆:2nd Violin
  • 菊地幹代・三木章子:Viola
  • 笠原あやの・村中俊之:Cello

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 星野源「半分、青い。」主題歌を配信リリース、アー写も“半分、青い””. 音楽ナタリー (2018年8月1日). 2018年8月21日閲覧。
  2. ^ 星野源、NHK朝ドラ「半分、青い。」に主題歌提供「皆様の毎朝を支える一曲に」”. 音楽ナタリー (2018年3月8日). 2018年8月21日閲覧。
  3. ^ インタビュー27 星野源”. NHK連続テレビ小説『半分、青い。. NHK (2018年9月1日). 2018年9月1日閲覧。
  4. ^ 【オリコン】星野源、デジタルシングル初の首位 『半分、青い。』主題歌”. オリコンニュース (2018年8月29日). 2018年9月4日閲覧。

外部リンク編集