メインメニューを開く

アイメリア脊椎動物の消化管上皮細胞に寄生する原生生物。分類学上はアイメリア属(Eimeria)に1700種以上が知られており、アピコンプレックス門で最も種数の多いである。コクシジウム類のなかでも典型的な生物であることから、単にコクシジウムという時には本属の原虫を指すことが多い。宿主(とくに家禽家畜)に対してコクシジウム症と呼ばれる疾病を引き起こすのも本属の原虫が多い。

アイメリア
Emaxima oocysts usda.jpg
Eimeria maximaのオーシスト
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
上門 : アルベオラータ Alveolata
: アピコンプレックス門 Apicomplexa
: (訳語なし) Conoidasida
亜綱 : コクシジウム亜綱 Coccidiasina
: 真コクシジウム目 Eucoccidiorida
亜目 : アイメリア亜目 Eimeriorina
: アイメリア科 Eimeriidae
: アイメリア属 Eimeria
学名
Eimeria
Schneider, 1875 sensu Lom and Dykova (1982)

本文参照

目次

形態編集

成熟オーシスト内にはスチーダ小体を伴うスポロシスト4つが生じ、その内部に2つのスポロゾイトが含まれる。

生活環編集

 
アイメリア属の生活環

アイメリア属の原虫は単宿主性であり、その生活環に中間宿主待機宿主は存在しない。主に消化管に寄生し、宿主体外に排泄された直後のオーシストは未成熟の状態であるが、1-2日で感染能を得る。

歴史編集

1674年レーウェンフックがウサギの胆汁中に球体を観察しており、これがウサギ肝コクシジウム(Eimeria stiedai)だったと考えられている。属名は1870年にマウスからコクシジウムを見出したドイツの動物学者テオドール・アイメル英語版への献名である。

分類編集

典型的なコクシジウム類であり、アイメリア亜目アイメリア科に所属させる。

鳥類編集

など

哺乳類編集

など

コクシジウム症編集

アイメリアは小腸の上皮細胞に感染し、増殖の際に宿主細胞を破壊するため下痢などの症状を引き起こす。小腸上皮はもともと細胞分裂が活発でターンオーバーが早いため、アイメリアの個体数が少なければ上皮の修復速度が上回り症状は軽い。しかし個体数が多い場合には上皮が破壊され血便を伴う下痢を示し、さらには破壊された組織が盲腸に詰まることにより盲腸の壊死がおこる。

サルファ薬などが有効であるが、食肉への残留が問題となるため利用できない場合がある。また薬剤耐性の出現が知られている。鶏のコクシジウム症の場合、ワクチンを接種することで終生免疫が持続するが、特定の種にしか効果が無い。

抗寄生虫薬にはナラシンなどが存在する。

関連項目編集

参考文献編集

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279

外部リンク編集