アイ・ウォント・ユー

アイ・ウォント・ユー」(I Want You (She's So Heavy))は、1969年に発表されたビートルズアルバムアビイ・ロード』に収録された曲。

アイ・ウォント・ユー
ザ・ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 トライデント・スタジオ(1969年2月22日)
アビー・ロード・スタジオ(1969年4月18日 - 8月11日)
ジャンル ブルースロック
時間 7分44秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

概要編集

作詞、作曲、リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ビートルズの公式発表曲中、歌詞のあるものに限れば一番長い曲でもある(7分44秒)。タイトルは「She's So Heavy(シーズ・ソー・ヘヴィ)」と表記されることもある。

1969年2月22日、トライデント・スタジオで演奏のベーシック・トラックとレノンのガイド・ボーカルが録音された。同日のレコーディング・セッションにはグリン・ジョンズが参加した(ジョンズの名義をプロデューサーとする資料もあれば、エンジニアとする資料もある)[1][2]。その後、4月18日から8月11日にかけてアビー・ロード・スタジオでオーバーダビングが行われた。

ジョンは1968年頃から後に妻となるオノ・ヨーコに捧げた曲を作っているが、本作も彼女にささげたもの[3]。単純な歌詞がひたすら繰り返されることから、発表当時「ジョンの作詞能力は枯渇した」と非難する向きもあった。ジョン自身は「アイ・ウォント・ユーこそが、一番、大切な言葉なんだ。それを繰り返しただけ」と語っている。

ラストではジョンによるモーグ・シンセサイザーによる演奏(ホワイト・ノイズ)が延々と続く。この曲はアナログアルバムではA面最後の曲だが、いきなり止まって終わる。実際の演奏時間は8分4秒あったのだが、ミックスを聴いていたジョンが「そこでテープを切れ!」と叫び、レコーディング・エンジニアジェフ・エメリックが7分44秒の位置でテープを切ったことから今のような形になった。

演奏編集

脚注編集

  1. ^ 22 February 1969: Recording: I Want You (She's So Heavy) | The Beatles Bible
  2. ^ グリン・ジョンズ; 新井崇嗣訳 『サウンド・マン』 シンコーミュージック・エンタテイメント2016年2月22日、157頁。 
  3. ^ ジョニー・ディーン編『ザ・ベスト・オブ・ザ・ビートルズ・ブック 日本語翻訳版』平林祥・新井崇嗣・上西園誠訳、リットーミュージック、2005年、p.228