RS6は、ドイツのアウディ2002年に発売した乗用車である。アッパーミドルサルーンであるA6のスポーツモデルであるS6を、アウディの子会社であるquattro社、現Audi Sport社(quattro GmbHAudiSport GmbH)がチューニングすることで制作した。

初代 4B(C5)系(2002-2004年)編集

アウディ・RS6(初代)
C5
セダン
販売期間 2002年 - 2004年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン/5ドアワゴン
エンジン 4.2L V8 DOHC
駆動方式 4WD
最高出力 450PS/6,400rpm
最大トルク 57.1kg・m/5,600rpm
変速機 5速AT
サスペンション 前: 4リンク式
後: ダブルウィッシュボーン式
全長 4,852-4,858mm
全幅 1,850mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,760mm
車両重量 セダン: 1,840kg
ワゴン: 1,880kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2002年にジュネーブショーでデビューし、RS4の後継として、初代RS2アバントから数えて3世代目のRSシリーズとして2003年2月より国内販売を開始した[1]。企画制作はアウディ傘下のクワトロ社によって進められ、パワーユニット設計・組立は英コスワーステクノロジーが担当、ヘッドにはアウディ得意の5バルブテクノロジーが使われている。ホワイトボディをアウディ本社からクワトロ社に納入し、車両組立はすべてクワトロ社にて行われるスペシャルモデルである。セダンの「RS6」とワゴンの「RS6アバント」が設定される。

エンジンは4,172ccのV型8気筒ツインターボエンジンで450PS/57.1kgf-mを発揮、0-100km/h加速は4.7秒(メーカー公表値)。

圧倒的な加速力とその車重を止めるためにフロントブレーキはブレンボ製8ポット対向ブレーキが使われ、この結果100km/h-0kmは2.6秒と加速・減速ともにポルシェターボ並みの性能を実現している。

シャシーには接地性を高めるためのダイナミックライドコントロールが採用された。

組み合わされたトランスミッションティプトロニック付き5速ATのみ。

内外装はA6と極めてよく似ており派手さはない。

タイヤは255/40R18(国内販売はOPの255/35R19が標準)とノーマルのA6に比べてワイドサイズとなり、これを収めるためのオーバーフェンダーが外観上の特徴となっている。

2代目 4F(C6)系(2007年-2010年)編集

アウディ・RS6(2代目)
C6
セダン
販売期間 2007年 - 2010年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン/5ドアワゴン
エンジン 5.0L V10 ターボ
駆動方式 4WD
最高出力 580PS/6,250-6,700rpm
最大トルク 66.30kgfm/1,500-6,250rpm
変速機 6速AT
サスペンション 前: マルチリンク式
後: ダブルウィッシュボーン式
全長 4,930mm
全幅 1,890mm
全高 セダン: 1,455mm
ワゴン: 1,475mm
ホイールベース 2,845mm
車両重量 セダン: 2,100kg
ワゴン: 2,160kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2代目はC6系A6をベースに、アウディ最強の出力を誇るツインターボ5.0L V型10気筒DOHCエンジンを搭載する。580PS/66.3kgf·mを発揮するこのエンジンは2tを超える車重をものともせず0-100km/h加速は4.6秒を記録する。

タイヤは初代のRS6よりもさらにスパルタンになった275/35R20で、その中には6ポット対向ブレーキが収められる。

最高速は電子リミッターが作動するため290km/hとなる。

日本での販売編集

2008年6月16日、「RS 6アバント」を発売[2]

2009年1月13日、セダン版「RS6」が発売[3]

2010年6月14日、特別仕様車「RS 6アバント プラス スポーツ」を限定10台で発売した[4]

3代目 4G(C7)系(2012年-2018年)編集

アウディ・RS6 Avant(3代目)
C7
販売期間 2012-2018年
ボディタイプ ワゴン
エンジン 4.0L V型8気筒TFSI
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 560ps/5700~6600rpm
最大トルク 71.4kg・m/1750~5500rpm
変速機 8AT
サスペンション (前)5リンクダブルウィッシュボーンスタビライザーバー
(後)トラペゾイダルダブルウィッシュボーンスタビライザーバー
全長 4980mm
全幅 1935mm
全高 1480mm
ホイールベース 2915mm
車両重量 2030kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

3代目はC7型A6アバントをベースに、4.0LV型8気筒エンジンを搭載。最高出力は560ps、最大トルクは71.4kgを誇り0-100kmは2t超えにも関わらず3.9秒という数値で最高速度は305kmに達する。

日本での販売編集

2013年10月8日編集

RS 6 Avantを発表・発売[5]

2014年4月編集

消費税率の変更に伴い、価格変更。

2015年5月編集

ボディカラーの変更。エストリルブルーパールエフェクトが廃止。セパンブルーパールエフェクトが追加。

2015年7月30日編集

マイナーチェンジ。「マトリクスLEDヘッドライト」の採用や、意匠変更、ボディカラーの変更などを行った。ナビもオペレーターサービスやGoogleとの各種連係機能、Wi-Fiスポットなどの機能を備えたたAudi connectが全車標準装備となる。

2016年7月5日編集

ハイパフォーマンスモデル「RS 6 Avant Performance」発表[6]。従来モデルと共通の4.0LV型8気筒TFSIエンジンを搭載するが、最高出力605ps(ベースモデル比+45ps)、最大トルク71.4kgm(+5.1kgm)を発生する。また、専用デザインのエアロパーツを装備している。

ボディカラーはベースモデル(RS 6 Avant)より、アスカリブルーメタリックが追加。

2018年1月

価格改定。同時にボディカラーの変更。プリズムシルバークリスタルエフェクト、セパンブルーパールエフェクトが廃止。

4代目 F2(C8)系(2019年- )編集

アウディ・RS 6 Avant (4代目)
C8
販売期間 2019年-
ボディタイプ 5ドアワゴン
エンジン 4.0L (3,996cc) V型8気筒TFSI ツインターボ DOHC
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 441kW (600ps) /6,000-6,250rpm
最大トルク 800N・m/2,050-4,500rpm
変速機 8速AT
全長 4,995mm
全幅 1,951mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,929mm
車両重量 2,150kg
プラットフォーム MLBevo英語版
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2019年8月21日、欧州にて発表[7]。同年12月には、欧州にて新型「RS 6 Avant」を2019年内に発売すると発表した[8]

4.0L直噴V型8気筒ガソリンツインターボTFSIエンジンに、トルクコンバーターを用いた8速ティプトロニックを組み合わせ、駆動方式はquattro (4WD)である。また、48Vマイルドハイブリッドを採用し、燃費が改善されている。0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)[注 1]に達する。

エクステリアにはRS専用パーツが装備されるほか、フェンダーが40mmワイド化され21インチのタイヤ(275/35R21)が採用されている。

日本での販売編集

2020年11月28日編集

RS 6 Avantを発表。

2021年1月以降編集

RS 6 Avantを発売。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ オプションの「RSダイナミックパッケージ」を選択すると、最高速度を305km/hに引き上げることができる。

出典編集

  1. ^ アウディ、高性能スポーツモデル「RS6」発表”. webCG (2003年1月21日). 2020年10月6日閲覧。
  2. ^ 580psのスーパーワゴン、「アウディRS 6 アバント」発売”. webCG (2008年6月19日). 2020年10月6日閲覧。
  3. ^ 「アウディA6」新世代へ スーパーチャージャー付きの新グレードも”. webCG (2009年1月13日). 2020年10月6日閲覧。
  4. ^ アウディRS 6アバントの最終モデル発売”. webCG (2010年6月15日). 2020年10月6日閲覧。
  5. ^ アウディが「RS」モデル3車種を日本に導入”. webCG (2013年10月8日). 2020年10月6日閲覧。
  6. ^ アウディがRSを超える高性能モデルを日本導入”. webCG (2016年7月5日). 2020年10月6日閲覧。
  7. ^ アウディ A6アバント 新型に最強の『RS6』、600馬力ツインターボ搭載”. Response. (2019年8月22日). 2020年10月7日閲覧。
  8. ^ アウディ RS6アバント 新型、最高速305km/hのワゴン…年内欧州発売へ”. Response. (2019年12月4日). 2020年10月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集