コスワースCosworth)は、1958年創業のレーシングエンジンビルダーである。名前は創業者のマイク・コスティン英語版キース・ダックワース英語版の両者の姓を組み合わせたもの。

インディーカーV8エンジン(2004年)
コスワース1700 BDRエンジン

概要編集

当初はエンジンチューナーとして発足したが、間もなく独自のレース用エンジンの開発を手がけるようになった。

エンジンの多くはフォードによる資金援助を受け、フォードのバッジを付けられてレースに使用されていた。ただしフォード専属というわけではなく、過去にはロータスシボレーオペルメルセデス・ベンツロールス・ロイスなどとも共同でエンジンを開発したことがある。

代表作はフォードのバッジの下に開発・製造されたDFV。F1の1960年代末 - 1980年代初頭にわたっての単一エンジンによる通算154勝[注釈 1]という数字は、F1史上に残る金字塔である。またDFVは同時代のCART/インディ500ル・マン24時間、全日本F3000選手権でもプライベーターの心強い味方として流用され、多数の栄光を勝ち取った。

市販車でも、洋の東西を問わずコスワースがエンジンに関わったモデルが多数存在する。

レース参戦の歴史編集

F1編集

 
マクラーレンM23のDFVエンジン
 
6輪ティレルP34のDFVエンジン

DFV編集

1967年に名車ロータス49に搭載されたF1V8DFVエンジンはきわめて高い競争力を有し、1967年オランダGPをジム・クラークのドライブでデビュー・ウィン。その後すぐに多くのプライベーターチームのマシンに搭載されるようになると、1970年代のF1を席巻。1983年モナコGPのケケ・ロズベルグ(ウィリアムズ・フォード)の勝利でF1勝利数は通算154勝を数え、2006年シーズン終了現在単一型式名のF1エンジンでの最多勝となっている。特にイギリス系のシャシーコンストラクターによるDFVでの活躍が目立ち、ロータスをはじめ、ティレルブラバムマクラーレンウィリアムズなどのチームがDFVエンジンと共にF1で勝利していた。また、1980年代以降はDFVをベースに、ショートストローク仕様のDFY(F1通算1勝)、3.5L NA仕様のDFZ、DFZのヘッド周りなどを改良したDFRなどの発展形エンジンが数多く作られ、F1において1990年代初めまでの長きにわたって現役であった。

なお、DFVがV8エンジンのレイアウトを採用した理由は、チーム・ロータス設立者のコーリン・チャップマンの軽量なF1エンジンを望む声、米国フォードが1960年代後半の多くの生産車に搭載していたV8エンジンのイメージアップ、コスワース設立者のひとりであり中心人物でもあるキース・ダックワースの、フォーミュラジュニアやF2向けレーシングエンジンで培ったノウハウを生かせる土壌の存在など、様々な思惑の結晶であったといえる。

最後期にはスイスのハイニ・マーダーやイギリスのブライアン・ハートなどのエンジンチューナーにより、独自の改良を施された数種類のエンジンチューナー製DFRがF1の数チームに供給され、特に1991年型のハートDFR(当時鈴木亜久里が所属していたラルースに供給されていた)は、エンジンブロックのみオリジナルといわれるほど徹底的に改良が施されていたが、極限を通り越したかのようなチューニングにより、結果としては信頼性を著しく損なう結末となってしまった。

TEC ターボ編集

1986年から1987年に掛けて、コスワースはフォード名義で1.5L ターボエンジンを供給した。120度 V6のこのエンジンは、1986年第3戦サンマリノGPローラ・THL2に搭載してデビューした。ハースが撤退した1987年にはベネトンがこのエンジンを使用した。GBAエンジンとも呼称される。

HB以降編集

1989年に、それまでのDFVベースから脱却した全く新しいF1用新設計V8エンジンであるHBエンジンを開発、ベネトンにワークス供給された。1991年にはジョーダンに供給されたのをきっかけに、翌年にはDFRに代わるカスタマーエンジンとして供給された。

1991年から1992年にかけては、他のメーカに負けないようセラミックを多用した軽量なV12エンジンの開発を行っていたものの断念。しかし、その開発内容をフィードバックさせたエンジンとして1994年にZETEC-R(ゼテックR)V8エンジンを開発、ベネトンのミハエル・シューマッハによる初のドライバーズチャンピオン獲得をサポートした。(EC Zetec-R V8 3.5)

1995年は、前年ミハエル・シューマッハをドライバーズチャンピオンにしたベネトンが使用エンジンをルノー V10へ変更したため、ザウバーへZETEC-R V8エンジンを供給。但し、同年からF1エンジンは排気量の規定が3.5Lから3.0Lへと変更されたため、ZETEC-R V8の名称ではあるが仕様は前年型とは異なる。(ECA Zetec-R V8 3.0)

1996年にはF1マシン製作上のトレンドとなってしまったV10エンジンを開発、ZETEC-R V10エンジンとしてザウバーにワークス供給。(JD Zetec-R V10 3.0)

1997年からは、フォードとの強力なコネクションを持つジャッキー・スチュワートと、その息子であるポール・スチュワートが率いるスチュワートへSC V10エンジンをワークス供給。(VJ Zetec-R V10 3.0)

1999年ヨーロッパGPでは、同年にワークス供給した新開発V10のCR-1エンジンが、ジョニー・ハーバートのドライブで優勝を果たしている(スチュワートとしてはF1初優勝)。

また、カスタマー向けエンジンとしてEDエンジンの供給を1995年より開始。供給開始当初より、ミナルディに明らかなパワー不足で、カスタマー供給チームを馬鹿にした欠陥エンジンと酷評されるなどし[1][2]、1997年のティレル(とシーズン途中まで参戦していたローラ)への供給で役目を終えた。翌1998年からはF1へ参戦するチームのエンジンが全てV10となってしまったため、DFVエンジンから連綿と続いたコスワースのF1用V8エンジンは、1997年で一度幕を下ろすこととなった。

2000年からはフォードがスチュワートを買収しジャガー・レーシングとして参戦、コスワースブランドでワークス供給していたが、活動は2004年で終了した(フォードブランドとしては2003年にジョーダン・グランプリに供給しているが、カスタマー待遇)。尚、2003年ブラジルGPジャンカルロ・フィジケラのドライブによる優勝が、現在F1におけるフォード・コスワースエンジンの最後の勝利となっている(フォード・コスワースエンジンとしてF1通算176勝)。 また、コスワースのエンジンはDFV時代からプライベーターチームが愛用してきたブランド故か、参戦以来下位グループで奮闘していたミナルディチームへは、2005年(コスワースTJ2005シリーズ10)までエンジンを供給し続けた。

F1からの撤退、そして再参戦編集

2006年、F1エンジンの規定が2.4L V8エンジンとなり、コスワースはF1の名門チーム・ウィリアムズと、レッドブルグループで、新規参戦であるスクーデリア・トロ・ロッソへ、1997年以来(ワークス供給では1995年以来)久々にF1用V8エンジンであるCA2006エンジンの供給を開始。何度かのレース入賞も果たしてエンジンメーカーとして面目を保った他、このエンジン自体も他のメーカー系ワークスエンジンを凌ぐ20,000rpmオーバーの超高回転型エンジンとして注目された。ただ、トロ・ロッソに供給したエンジンは、V10 3.0Lであった。しかし、2007年からはウィリアムズはトヨタエンジン、トロ・ロッソはレッドブルから譲り受けたフェラーリエンジンとなるため、F1からコスワースの名前が消滅してしまった。

2008年10月17日、FIAは2010年から導入するスタンダードエンジンの入札を開始しコスワースはイルモアメカクロームザイテックジャッド等と共に入札に加わった。12月5日、FIAはコスワースとのエンジン供給契約を発表した。

2009年6月12日にFIAが2010年のF1世界選手権のエントリーリストを発表[3]。新規参入となるHRT F1ヴァージン・レーシングがコスワースからエンジン供給を受ける[3][注釈 2]。また、トヨタとの契約を打ち切ったウィリアムズは2010年のF1世界選手権より、再びコスワースからエンジン供給を受けることを発表している。またBMWザウバーの撤退[注釈 3]によってロータス・レーシングが参戦することとなり、こちらもコスワースから供給を受けることとなった。しかしメーカーワークスに対する劣勢は否めず、コスワースエンジンを使用するチームは徐々に減少していった。

2014年シーズンよりF1のエンジンレギュレーションが大きく変更され、1.6リッター・V6ターボエンジンが採用されたが、前記の通りユーザーが減少し競争力を失っていたことから資金を提供するチームは現れず、同規定のエンジン開発は見送られている[4]。以降2021年現在まで幾度かのF1レギュレーション策定の会議に出席してはいるものの、再参入には至っていない。

変遷表編集

エンジン 形状 L  供給チーム win 備考
1967 FVA 直4 1.6 マトラ 4
DFV V8 3.0 ロータス
1968 DFV V8 3.0 ロータス、マクラーレン、マトラ 11
  • フォード・コスワースエンジン(DFV)搭載車がひとつのレースを除いて優勝。
  • グラハム・ヒル (ロータス) がドライバーズ・チャンピオンを獲得し、2位、3位もコスワースエンジン搭載車。
  • DFVエンジンを搭載した、3コンストラクターがコンストラクターズ・ランキングの上位3つを独占。
1969 DFV V8 3.0 マトラ、ブラバム、ロータス、マクラーレン 11
  • DFVエンジン搭載車が全勝。
  • ジャッキー・スチュワート (マトラ) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
  • マトラがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。
1970 DFV V8 3.0 ロータス、マーチ、マクラーレン、ブラバム、サーティースティレルベラシデ・トマソ 8
1971 DFV V8 3.0 ティレル、マーチ、ロータス、マクラーレン、サーティース、ブラバム、ベラシ 7
1972 DFV V8 3.0 マクラーレン、ロータス、ティレル、サーティース、マーチ、ブラバム、ポリトイコンニュー 10
1973 DFV V8 3.0 ロータス、ティレル、マクラーレン、ブラバム、マーチ、シャドウ、サーティース、イソ・マールボロエンサイン 15
  • DFVエンジン搭載車が全勝。
  • ジャッキー・スチュワート (ティレル) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
  • ロータスがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。
1974 DFV V8 3.0 マクラーレン、ティレル、ロータス、ブラバム、ヘスケス、シャドウ、マーチ、イソ・マールボロ、サーティース、ローラトークン、トロージャン、ペンスキーパーネリ、リンカー、エンサイン、エイモンマキ 12
  • エマーソン・フィッティパルディ (マクラーレン) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
1975 DFV V8 3.0 マクラーレン、ブラバム、ヘスケス、ティレル、シャドウ、マーチ、ロータス、ウィリアムズ、パーネリ、ヒル、ペンスキー、エンサイン、フィッティパルディ、リンカー、ローラ、マキ、サーティース 8
  • DFVエンジン搭載チームがコンストラクターズランキングの2~17位を占めた。
1976 DFV V8 3.0 ティレル、マクラーレン、ロータス、ペンスキー、マーチ、シャドウ、サーティース、フィッティパルディ、エンサイン、ウィリアムズ、コジマ、ヘスケス、マキ、ブラバム、ボロ 10
1977 DFV V8 3.0 ロータス、マクラーレン、ウルフ、ティレル、シャドウ、フィッティパルディ、エンサイン、サーティース、ペンスキー、ウィリアムズ、ボロ、LECマクガイア、コジマ、ヘスケス、マーチ 12
1978 DFV V8 3.0 ロータス、ティレル、ウルフ、フィッティパルディ、マクラーレン、アロウズウィリアムズ、シャドウ、サーティース、エンサイン、マルティニ、ヘスケス、ATSセオドールメルツァリオ 9
  • マリオ・アンドレッティ (ロータス) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
  • ロータスがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。
1979 DFV V8 3.0 ウィリアムズ、リジェ、ロータス、ティレル、マクラーレン、アロウズ、シャドウ、ATS、フィッティパルディ、カウーゼン、ウルフ、ブラバム、エンサイン、レバーク、メルツァリオ 8
  • DFVエンジン搭載チームがコンストラクターズランキングの2~4位を占めた。
1980 DFV V8 3.0 ウィリアムズ、ロータス、リジェ、ブラバム、ロータス、ティレル、マクラーレン、アロウズ、フィッティパルディ、シャドウ、ATS、オゼッラ、エンサイン 11
  • アラン・ジョーンズ (ウィリアムズ) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
  • ウィリアムズがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。
1981 DFV V8 3.0 ウィリアムズ、ブラバム、マクラーレン、ロータス、ティレル、アロウズ、エンサイン、セオドール、ATS、フィッティパルディ、オゼッラ、マーチ 8
  • ネルソン・ピケ (ブラバム) がドライバーズ・チャンピオン獲得。
  • ウィリアムズがコンストラクターズ・チャンピオン獲得。
1982 DFV V8 3.0 マクラーレン、ウィリアムズ、ロータス、ティレル、ブラバム、アロウズ、ATS、オゼッラ、フィッティパルディ、マーチ、セオドール、エンサイン 8
1983 DFY V8 3.0 ウィリアムズ、マクラーレン、ティレル 3
DFV V8 3.0 ウィリアムズ、マクラーレン、ティレル、アロウズ、ロータス、セオドール、RAM、リジェ
1984 DFY V8 3.0 ティレル 0
DFV V8 3.0 アロウズ、スピリット
1985 DFY V8 3.0 ティレル 0
DFV V8 3.0 ミナルディ
1986 GBA V6T 1.5 ハース・ローラ 0
  • コスワースがF1に供給した初のターボエンジンであり、V8型ではないエンジン。
1987 GBA V6T 1.5 ベネトン 0
  • ベネトンは予選仕様で1,000馬力超のエンジンを使用。
DFZ V8 3.5 ティレル、ローラ(ラルース)、AGS、マーチ、コローニ
1988 DFR V8 3.5 ベネトン 0
  • ダラーラ(スクーデリア・イタリア)は開幕戦のみDFVを使用。
DFZ V8 3.5 ティレル、リアル、ミナルディ、コローニ、ラルース、AGS、ユーロブルンダラーラスクーデリア・イタリア
DFV V8 3.0 ダラーラ(スクーデリア・イタリア)
1989 HB V8 3.5 ベネトン 1
DFR V8 3.5 ベネトン、ティレル、アロウズ、ダラーラ(スクーデリア・イタリア)、ミナルディ、オニクス、リジェ、リアル、AGS、オゼッラ、コローニ
1990 HB V8 3.5 ベネトン 2
DFR V8 3.5 ティレル、アロウズ、オニクス、リジェ、オゼッラ、ダラーラ(スクーデリア・イタリア)、コローニ、AGS、ミナルディ
1991 DFR V8 3.5 ローラ(ラルース)、フォンドメタル、コローニ、AGS、アロウズ
  • DFV系統のエンジン(DFR)の最後のF1シーズン。
HB V8 3.5 ベネトン、ジョーダン 1
1992 HB V8 3.5 ベネトン、ロータス、フォンドメタル 1
1993 HB V8 3.5 マクラーレン、ベネトン、ロータス、ミナルディ 6
1994 EC Zetec-R V8 3.5 ベネトン 8
  • ミハエル・シューマッハー (ベネトン)がドライバーズチャンピオン獲得。
HB V8 3.5 フットワーク, ミナルディ, ラルース, シムテック
1995 ECA Zetec-R V8 3.0 ザウバー Ford 資金提供の
コスワース
エンジニアリング社
(1958-1998)
の取り扱い製品
0
  • この年から排気量が3.0Lになる。
ED V8 3.0 ミナルディ、フォルティ、シムテック
  • EDエンジンはカスタマー供給専用 3.0Lエンジン。
1996 JD Zetec-R V10 3.0 ザウバー 0
  • 最初のコスワースのV10エンジン。
ECA Zetec-R V8 3.0 フォルティ
  • ECエンジンはZETEC-R V8を改良したもの。ECのCはチャンピオンのC。
ED V8 3.0 ミナルディ
1997 VJ Zetec-R V10 3.0 スチュワート 0
ECA Zetec-R V8 3.0 ローラ
ED V8 3.0 ティレル
1998 VJ Zetec-R V10 3.0 スチュワート 0
JD Zetec-R V10 3.0 ティレル、ミナルディ
1999 CR-1 V10 3.0 スチュワート Ford 資本の
コスワース
レーシング社
(1998-2004)
の取り扱い製品
1
  • コスワースレーシング社製造の最初のエンジン。
VJ Zetec-R V10 3.0 ミナルディ
  • 2年落ちのVJ Zetec-Rエンジン。
2000 CR-2 V10 3.0 ジャガー 0
  • フォードはこの年からほぼコスワース名義を使用。
VJ Zetec-R V10 3.0 ミナルディ
  • フォンドメタル名義のエンジンは3年落ちのVJ Zetec-R[6]
2001 CR-3 V10 3.0 ジャガー 0
VJ Zetec-R V10 3.0 ミナルディ
  • ヨーロピアン名義のエンジンは4年落ちのVJ Zetec-R[7][8]
2002 CR-4 V10 3.0 ジャガー 0
CR-3 V10 3.0 アロウズ
2003 CR-5 V10 3.0 ジャガー 1
  • ジョーダンはフォード名義のエンジンを使用。
  • ジャンカルロ・フィジケラ (ジョーダン) がコスワースにとって
    最後の優勝をブラジルグランプリで飾る。
RS1 V10 3.0 ジョーダン
CR-3 V10 3.0 ミナルディ
2004 CR-6 V10 3.0 ジャガー 0
  • ジョーダンはフォード名義のエンジンを使用。
RS2 V10 3.0 ジョーダン
CR-3L V10 3.0 ミナルディ
2005 CK2004 V10 3.0 ミナルディ 0
TJ2005 V10 3.0 レッドブル, ミナルディ
2006 TJ2005 V10 3.0 トロ・ロッソ 0
CA2006 V8 2.4 ウィリアムズ 米国系資本の
コスワース社
(2004.11-)
の取り扱い製品
2010 CA2010 V8 2.4 ウィリアムズ、ロータスHRTヴァージン 0
2011 CA2011 V8 2.4 ウィリアムズ、HRT、ヴァージン 0
2012 CA2012 V8 2.4 HRT、マルシャ 0
2013 CA2013 V8 2.4 マルシャ 0

幻のシャシーコンストラクター参戦計画編集

 
コスワースのF1マシン。四輪駆動となっている

1969年ロビン・ハードが設計した四輪駆動のマシンで自らF1参戦を目論んだこともあった。搭載するDFVエンジンは軽量マグネシウムブロックの特別仕様となっていた。マイク・コスティンとブライアン・レッドマンがテストドライブしたが、重量過多やタイヤ技術の進歩もあり四輪駆動のメリットが見いだせず、実戦投入は見送られた[9]

地域フォーミュラ編集

 
CARTのマーチ・84C

DFVはF3000などでも活躍。1985年に欧州地区で始まった国際F3000シリーズの初年度は、参戦する全車がDFVを搭載していた。日本ではケン松浦などの手によりチューン・メンテナンスされ全日本F3000選手権や富士グランチャンピオンレース参戦チームに供給されていたほか、ヤマハは1987年にDFVをベースに5バルブ化した「コスワース・ヤマハOX77」エンジンを開発し、やはり全日本F3000選手権への供給を行った(1988年まで)。1994年にはまったく新しく、軽量・コンパクト化した「コスワースAC」を国際F3000のみの投入となった。

なお、DFVの派生モデルとしてCARTシリーズ用にターボチャージャーを装着したDFXおよびDFS、ル・マン24時間レースなどの耐久レース用に排気量を拡大したDFL(後述)、オセアニア地域で行われたタスマンシリーズ用に排気量を縮小したDFW(シリーズ終了後エンジンは全機DFVと同一仕様に戻されている)などが存在する。

フォードのCART/チャンプカー用エンジンも開発した。2003年のシーズン途中からはIRLのシボレーエンジンの開発も手がけた。2006年にはIRLからシボレーが撤退したが、同年よりアトランティック・チャンピオンシップワンメイクエンジンの供給を担当した(なおこのエンジンにはマツダバッジネームが付けられた)。2008年にはチャンプカーが終焉し、フォードとの関係にピリオドが打たれた。

スポーツカーレース編集

 
スパイス・SE90C

DFVは耐久レースでも、3.3リッターに排気量を拡大した「DFL」として多くのプライベーターに用いられた。このエンジンを用いたジャン・ロンドーが1980年に、ドライバー兼マシンデザイナーとして、プライベーターながらポルシェ勢を破ってル・マン24時間で総合優勝を遂げる殊勲を得た。

また当時ポルシェがCART用エンジンをグループCに転用したように、DFVのCART版となるDFSも耐久レースに用いられた。1991年のマツダのル・マン総合優勝の傍ら、DFSを載せたスパイス・SE90Cが、見崎清志横島久長坂尚樹の日本人トリオで新グループC規定クラスの優勝を達成している。

フォード傘下にいたジャガーはF1用のHB型コスワースエンジンをXJR-8XJR-14に流用し、1991年SWC(スポーツカー世界選手権)のタイトルを獲得している。

1995年ル・マンのLMP2クラスで、フォード・コスワースの2.0L直列4気筒ターボエンジンを積んだデボラ・LMP2-95がクラス優勝を達成した。

2003年にはバイオエタノールの2.7リッターV8ターボエンジンを、LMP900クラスの英国のチーム・ナサマックスへと独占供給。レイナード製シャシーとともにル・マンへ参戦したが、決勝では138周でリタイアしている。

市販車競技編集

 
フォード・シエラ RS コスワース
 
フォード・エスコート RS コスワース WRC
 
オペル・カリブラ4×4

英国に拠点を置くフォードとはF1以外でも縁があり、1960年代から創設者のラップワースはフォードのラリーカーエンジンを手掛けていた。シエラコスワースやシエラRSコスワース4×4、エスコートRSコスワースのように、ホモロゲーションマシンのエンジン開発に関わった上で車名にコスワースの名を戴くモデルが複数リリースされるほど、両者の関係は深かった。これらはツーリングカーラリーで活躍し、特にグループAのツーリングカーではシエラは一時常勝マシンとして知られた。しかしグループAは消滅し、2006年には世界ラリー選手権(WRC)に投入するフォーカスWRCのエンジンをフォードがピポ・モチュールへと委託したことで、長きにわたる蜜月関係は終わりを告げた。

シボレー傘下で、英国のボクスホールと車種を共有するドイツ車ブランドのオペルとも関わりがあり、グループB時代のオペル・マンタのエンジン開発をコスワースが担った。1990年代のDTM(旧ドイツツーリングカー選手権)ではオペル・カリブラ4×4のV6エンジンのチューニングを手掛け、メルセデスを破ってチャンピオンを獲得している。

2012年のD1グランプリでは、Team UPGARAGE with DROO-Pトヨタ・86にコスワース製EJ25ターボを積んで出場している。エンジンスワップの際には、イギリスから専門家を呼んで施工した。最高出力は400PSくらいを狙えるエンジンである。

2016年発表の、アストンマーティンレッドブル・レーシングが共同開発したハイパーカーヴァルキリーの心臓部には、コスワースがアストンマーティンと共同開発した6.5L・V12エンジンが収められている[10]。これを用いてのWEC(世界耐久選手権)のハイパーカー規定参入計画も発表されていたが、開発の遅れや経済情勢の変化に伴い計画は延期されている。

2022年にBTCC(英国ツーリングカー選手権)において導入される予定である共通ハイブリッドシステムの開発は、コスワースの関連会社であるコスワース・エレクトロニクス社が担っている。この開発は当初英国のバッテリー会社のDELTAとの共同で進められていたが、後に同社をコスワース・エレクトロニクス社が買収している[11]

オートバイ編集

オートバイメーカーのドゥカティも、ロードレース世界選手権(MotoGP)に投入するデスモセディッチ用エンジンの開発を依頼している。またオートバイメーカーのアプリリアはMotoGP用の直列3気筒エンジンの開発を依頼し、2003年から2005年にかけて自社製バイクに搭載し参戦した。

市販車への参画編集

 
ホンダ・NSX(2016年)

レース専門と思われがちだが、コスワースは市販車にも古くから参画していた。

上述したグループAフォード・シエラ・コスワース/フォード・エスコート・コスワースメルセデスベンツ190Eエボ、最近ではアウディRSシリーズやジャガー・Fタイプが一般でも入手可能なコスワース製品である。またフォード車用のエンジンチューンパーツも豊富にリリースしている。2011年にはヒュンダイ・ジェネシスクーペのコンセプトカーにもコスワースエンジン搭載モデルが登場したが、市販化には至っていない。

日本車では、ホンダ・NSXのV6エンジンがコスワースとの共同開発であり、ブロック、ヘッドの製造も担当している[12]。過去には日産・ブルーバード(U12型)のラリー向けグレードSSS-Rに搭載されたCA18DET-Rエンジンに、コスワース製の専用鍛造ピストンが採用されていた。他にも競技用ではあるがスバルEJ25のコンプリートエンジンを製作及び販売をしていた。

エンジン供給カテゴリ編集

2005年編集

2006年編集

2010年~2013年編集

経営編集

コスワースはその歴史において頻繁にオーナーが変わっている。1980年にはUnited Engineering Industries(UEI)がコスワースを買収するが、そのUEIも1988年にはCarlton Communicationsに買収される。1990年には英ヴィッカースがコスワースを買収するが、1998年にはそのヴィッカースがアウディ グループに買収され、一時コスワースはアウディ傘下に収められた。

これに慌てたのがコスワースとの関係が深いフォード。急遽フォルクスワーゲンとの間で交渉が持たれ、コスワースのレーシング部門を「コスワース・レーシング」として独立させフォードが買収することとなり、それまで長期的に資金提供者として関与してバッヂネームを購入してきたフォードはこの時初めてレース用のエンジンを扱う会社を自社の子会社にすることになり、ごく限られた時期に相当な規模の設備投資がなされたようであり、その開発結果はCR-1の好成績に現れる。

2004年にはフォードがジャガーF1チームと共にコスワース・レーシングを売却する方針を発表、結局同年11月にコスワース・レーシングはCARTシリーズのオーナーでもあるジェラルド・フォーサイスケビン・カルコーベンに売却された。

一方レーシングエンジン部門以外は「コスワース・テクノロジー」(CT)としてフォルクスワーゲングループに残り、アウディやアストンマーティンへのエンジン供給を行ったりしていたが、2004年12月に自動車のピストン製造で世界最大手の独マーレグループに売却され、「マーレ・パワートレイン(MAHLE Powertrain)」に社名を変更している。

コスワース 基本情報編集

コスワース エンジニアリング
Cosworth Engineering (1958-1998)
現地語社名
Cosworth Engineering ltd.
元の種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
後継 コスワーステクノロジー社
 
(1998-2005) Audi Group
コスワース レーシング 社
 
(1998-2004) Ford Motor
設立 1958年 (64年前) (1958)
ロンドン, イギリス
創業者 マイク・コスティン
キース・ダックワース
解散 1998年 (24年前) (1998)
本社 ノーサンプトン, イギリス
事業地域
Worldwide
主要人物

バーナード・ファーガソン[13]
Director of Motorsport (1984-2007)
サービス 高性能エンジニアリング
精密製造
親会社 (1980–1988)
United Engineering Industries
(1988–1990)
Carlton Communications
(1990–1998) Vickers plc
ウェブサイト cosworth.com(1998)
Cosworth Engineering is acquired by the Audi Group from Vickers

with the Engineering, Manufacturing, Casting units (trading as Cosworth Technology Ltd)

and Racing unit trading as Cosworth Racing Ltd sold to Ford Motor Co

コスワーステクノロジー社(1998-2005)
現地語社名
Cosworth Technology Ltd.[14]
以前の社名
Potterbay Ltd.(設立準備期間)
(1998.05.15-1998.08.08)
元の種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
前身 コスワース エンジニアリング
 
後継 MAHLE Powertrain Ltd.
 
(2005-06-30設立)
設立 1998.08.08
創業者 Mike Costin, Keith Duckworth
解散 2005.06.30
本社 Costin House, St James Mill Road, Northampton, UK[15][16]
所有者 Audi Group  
フォルクスワーゲンAGの子会社
部門
  • Engineering UK (本社)[17]
  • Manufacturing[18]
    Booth Drive, Park Farm Industrial Estate, Wellingborough, UK
  • Castings[19]
    Wainwright Road, Warndon, Worcester, UK
  • Engineering US[20]
    41000 Vincenti Court, Novi, Michigan, USA
ウェブサイト www.cosworth-technology.co.uk/(1999)
www.cosworth-technology.co.uk/(2000)
マーレ・パワートレイン社 (2005-)
現地語社名
MAHLE Powertrain Ltd.[14]
種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
前身 コスワーステクノロジー社
 
設立 2005.06.30
創業者 Mike Costin, Keith Duckworth
本社 Costin House, St James Mill Road, Northampton, UK[15][16]
ウェブサイト www.mahle-powertrain.com/
コスワース レーシング 社 (1998-2004)
現地語社名
Cosworth Racing Ltd.[21]
以前の社名
Oxenlight Ltd.(設立準備期間)
(1998.05.08-1998.07.08)
元の種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
前身 コスワース エンジニアリング
 
後継 FKAC (Northampton) Ltd.
(2004.11.30-2011.01.01, コスワースレーシングの売れ残り部分でトニー・パーネルが役員)[22]
 
2011.01.01, Cosworth Ltd.(2004-)に吸収
設立 1998.07.08
創業者 Mike Costin, Keith Duckworth
解散 2004.11.30
本社 The Octagon, St. James Mill Road, Northampton, UK[23][24]
事業地域
USA (Cosworth US Inc)
3031 Fujita St. Torrance, California 90505[25][26]
主要人物

バーナード・ファーガソン[13]
Commercial Director (1984-2007)
ニール・レスラー Chairman(1998-2000)
ニキ・ラウダ       Chairman(2001-2002)
トニー・パーネル Chairman(2002-2004) Pi
ティム・ルーティス CEO 2003.10-2013.06 
Trevor Crisp : MD[27]
Graeme Hughes : Finance Director,
Nick Hayes : F1 Engineering Director, CR-1
ロブ・ホワイト Chief Engineer (CR-5 -2003.10)
Dan Davis : Director Ford Racing Technology > Ford
John Valentine : Chief Engineer Motorsport (Advanced Vehicle Technology) > Ford
 
製品 JD Zetec-R, VJ Zetec-R
CR-1, CR-2, CR-3, CR-4

CR-5, CR-6 (挟角90度低重心:2003,2004)
(CR-3L, CK2004, TJ2005?)
所有者 Ford Motor Company  
ウェブサイト cosworthracing.com/(2001)
cosworthracing.com/(2003)


Piリサーチグループ (1986- )
 
設立 1986年 Pi Research 設立
1991年 Pi Technology 設立
1986年-2004年 Pi Group
1999-2004 フォードの所有  
2004年 ジェラルド フォーサイス2004.11.04-2004.11.07 Racepower Ltd.
2005.01.19-2007.07.31 Pi Group Ltd.
2007.07.31-2009.03.05 Pi Research Ltd.
2009.03.05-  Cosworth Electronics Ltd.
創業者 トニー・パーネル
本社 ケンブリッジ, Cottenham[28]
拠点数 1(UK), 3(USA)
主要人物 ジョージ・レンドラム
イアン・ポコック
ジョン・デイビス
ティム・ルーティス (1997-2003.10) [29]
(2000-2002 MD at Pi Developments Ltd.)
(2002-2003 MD at Pi Group Ltd.)
売上高 £30m (1999年)
従業員数 275 (1999年)
コスワース 社 (2004)
現地語社名
Cosworth Ltd.[30]
以前の社名
  • Lawgra(No.1113) Ltd.
    (2004.07.13-2004.11.04)
  • Racepower Ltd.(設立準備期間)
    (2004.11.04-2004.11.07)
種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
前身 (Fordが所有した Cosworth Racing Ltd.)
 
設立 2004.11.07
創業者 Mike Costin + Keith Duckworth
本社 The Octagon, St. James Mill Road, Northampton, UK[23][24]
主要人物

バーナード・ファーガソン[13]
Director of Motorsport (1984-2007)
ティム・ルーティス CEO 2003.10-2013.06 
 
製品 CA2006, CA2010
所有者 ジェラルド フォーサイス
ケビン・カルコーベン
ウェブサイト Cosworth.com
コスワース エレクトロニクス社(2004)
現地語社名
Cosworth Electronics Ltd.[31]
以前の社名
  • LAWGRA (NO.1125) Ltd.
    (2004.11.03-2004.12.14)
  • RACEDATA Ltd.
    (2004.12.14-2005.01.19)
  • PI GROUP Ltd.
    (2005.01.19-2007.07.31)
  • PI RESEARCH Ltd.
    (2007.07.31-2009.03.05)
種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
前身 (Fordが所有した Pi Group Ltd.)
 
設立 2004.11.03
2009.03.05 エレクトロニクスに改称
創業者 トニー・パーネル
本社 The Octagon, St. James Mill Road, Northampton, UK[23][24]
製品 内燃機関の電子データ取得
および制御システム
所有者 ジェラルド フォーサイス
ケビン・カルコーベン
ウェブサイト cosworth.com
コスワースグループホールディングス社(2007)
現地語社名
Cosworth Group Holdings Ltd.[32]
種類
非公開
業種 自動車産業, 自動車レース
設立 2007.11.30
創業者 ジェラルド フォーサイス
ケビン・カルコーベン
本社 The Octagon, St. James Mill Road, Northampton, UK[23][24]
主要人物
ティム・ルーティス CEO 2003.10-2013.06 
Hal Reisiger (CEO)[33](2013-)
 
所有者 CGH (Isle of Man) Holdings Ltd & Indeck-Cosworth LLC
子会社 Cosworth Ltd.
 
Cosworth Electronics Ltd.
 
ウェブサイト Cosworth.com


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 改良型のDFYも含めると155勝
  2. ^ US F1にも供給予定だったが、2010年のF1世界選手権開幕前に参戦を断念し撤退
  3. ^ トヨタの撤退によりザウバーとして再参戦

出典編集

  1. ^ 性能、出力はHBエンジンの末期スペックより劣っており、ほぼDFR並みの馬力しかなかった。
  2. ^ 余りにも低性能なため、ミナルディはマニエッティ・マレリと共同で改造を加えたエンジンを使用していた。
  3. ^ a b “2010 FIA Formula One World Championship Entry List”. FIA. (2009年6月12日). オリジナルの2012年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121117085651/http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/f1releases/2009/Pages/f1_2010_entrants.aspx 2009年6月12日閲覧。 
  4. ^ “コスワース、F1復帰に意欲”. TopNews. (2014年2月28日). http://www.topnews.jp/2014/02/28/news/f1/others/cosworth/104034.html 2014年9月10日閲覧。 
  5. ^ 「F1全史 1966-1970」(ニューズ出版)P.51
  6. ^ モータースポーツに関連する略歴 - Fondmetal buys from Cosworth the rights, the support of qualified engineers and the facilities to develop the project, build and overhaul the V10 engine”. fondmetal.com. 2022年11月17日閲覧。
  7. ^ The Paul Stoddart Story Part One - bought an engine design from Cosworth and started rebuilding engines”. web.archive.org. F1i.com (2006年8月7日). 2006年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月17日閲覧。
  8. ^ The Paul Stoddart Story Part One - involved Stoddart rebuilding the engines with support from Cosworth”. web.archive.org. f1i.com (2006年8月7日). 2006年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月17日閲覧。
  9. ^ 「F1全史 1966-1970」(ニューズ出版) P.87,93より
  10. ^ アストンマーチン、『ヴァルキリー』用V12エンジンを初公開。1万回転超で1000馬力発揮AS-web 2021年3月21日閲覧
  11. ^ 2022年のBTCC共通ハイブリッド供給に向け、コスワースがバッテリー企業を買収AS-web 2021年3月21日閲覧
  12. ^ ホンダNSX(4WD/9AT)ホンダの意地と未来が見える”. WebCG (2016年12月1日). 2018年10月15日閲覧。
  13. ^ a b c Bernard Ferguson”. linkedin.com. 2022年10月27日閲覧。
  14. ^ a b (会社)MAHLE POWERTRAIN LIMITED”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月31日閲覧。
  15. ^ a b (地図)Costin House, St James' Mill Rd, Northampton”. google maps. 2022年8月30日閲覧。
  16. ^ a b (外観)Costin House”. google maps. 2022年8月30日閲覧。
  17. ^ Global Contacts (cosworth-technology.co.uk)”. web.archive.org. 2022年10月26日閲覧。
  18. ^ (地図)Booth Dr · イギリス ウェリングバラ ウェリングボロー”. google maps. 2022年10月26日閲覧。
  19. ^ (地図)Wainwright Rd · イギリス ウースター ウスター”. google maps. 2022年10月26日閲覧。
  20. ^ (地図)41000 Vincenti Ct · 41000 Vincenti Ct, Novi, MI 48375”. google maps. 2022年10月26日閲覧。
  21. ^ (会社)FKAC (NORTHAMPTON) LTD.”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月31日閲覧。
  22. ^ Professor Anthony John Purnell (Milton Hall Cambridge Limited) - Director Profile”. suite.endole.co.uk. 2022年11月21日閲覧。
  23. ^ a b c d (地図)The Octagon, St James' Mill Rd, Northampton”. google maps. 2022年8月30日閲覧。
  24. ^ a b c d (外観)The Octagon”. google maps. 2022年8月30日閲覧。
  25. ^ (地図)3031 Fujita St, Torrance, CA 90505”. google maps. 2022年8月30日閲覧。
  26. ^ (外観)3031 Fujita St, Torrance, CA 90505 (2014)”. Google Maps. 2022年8月30日閲覧。
  27. ^ cosworthracing.com”. web.archive.org. 2001年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月3日閲覧。
  28. ^ (地図)Twenty Pence Rd, Cottenham, Cambridge, CB24 8PS, UK”. google maps. 2022年11月9日閲覧。
  29. ^ Tim Routsis”. linkedin.com. 2022年10月27日閲覧。
  30. ^ (会社)COSWORTH LIMITED”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月31日閲覧。
  31. ^ (会社)COSWORTH ELECTRONICS LIMITED”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年10月26日閲覧。
  32. ^ (会社)COSWORTH GROUP HOLDINGS LIMITED”. find-and-update.company-information.service.gov.uk. 2022年8月31日閲覧。
  33. ^ Hal Reisiger”. linkedin.com. 2022年8月15日閲覧。

関連項目編集