メインメニューを開く

アオザメ Isurus oxyrinchus (青鮫、英名:Shortfin mako shark)は、ネズミザメ目ネズミザメ科に属するサメアオザメ属 Isurus には他にバケアオザメが現存する。

アオザメ
Isurus oxyrinchus by mark conlin2.JPG
アオザメ
Isurus oxyrinchus
保全状況評価[1]
ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
大西洋亜個体群
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
北東太平洋亜個体群
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
インド洋西太平洋亜個体群
VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ネズミザメ目 Lamniformes
: ネズミザメ科 Lamnidae
: アオザメ属 Isurus
: アオザメ I. oxyrinchus
学名
Isurus oxyrinchus
Rafinesque, 1809
英名
Shortfin mako shark
Shortfin mako
Isurus oxyrinchus distmap.png
アオザメの生息域

目次

名称編集

属名 Isurus は「(上下の長さが)等しい尾」というギリシア語に由来し、三日月形の尾鰭を指す[2]。種名のoxy は「鋭い」、rynchus は「吻」という意味のギリシア語に由来する[2]

和名の“アオザメ”は体色が青色のサメであることから。英名の「mako」 とは、マオリ語で「サメ」の意[2]。英名では更に、長い胸鰭をもつバケアオザメを“Longfin mako”と呼ぶことから、アオザメを“Shortfin mako”として区別している。

分布編集

世界中の暖海域に広く分布する。外洋性。

形態編集

 
Isurus oxyrinchus

最大で全長400センチメートル、体重505.8キログラム[3]。平均的な成魚は全長約3.2メートル、体重60-135キログラム程度である[2]。体型はマグロ類などの高速遊泳魚と同じ流線型。背側の体色は鮮やかな光沢のある青色、メタリックブルー。腹側は白色。その境界は明瞭である。吻は扁平で尖る。目は黒く大きい。第二背鰭、臀鰭は小さい。尾鰭は三日月形。尾柄部には隆起線がある。

両顎歯は同形。歯の形状は単尖頭の牙状で、内側に向かってやや湾曲する。縁は鋭く滑らかで、鋸歯縁をもたない。

生態編集

サメ類の中で、最も高速の18ノット(時速35キロメートル)以上の速さで泳ぐといわれる、非常に活動的な種[要出典]。毛細静脈と毛細動脈が緻密に入り組んだ熱交換システムの(奇網)を筋肉の周囲に備え 、体温を周囲の海水温よりも高く保ち、冷たい海水中でも筋肉の運動性を維持できる(類似の組織は高速遊泳を行うマグロ類やカジキ類などにも見られる)。体は流線型で、水の抵抗を受けにくい。尾鰭は長時間かつ高速の遊泳に適した三日月形である。

胎生ネズミザメ目に見られる卵食型で、胎仔は子宮内で孵化したのち未受精卵を食べて育つ。3年に一度繁殖を行い、妊娠期間は15~18ヶ月[1]。産仔数は4~25尾で、産まれたときのサイズは60~70センチメートル[1]。成熟年齢は雄7~9歳、雌18~21歳[1]。寿命は29~32年と見積もられている[1]

人との関わり編集

水産編集

世界的には重要な漁業対象種であり、マグロカジキを対象にした延縄や流し網などでも混獲される[1][2][4]。またスポーツ・フィッシングの対象種である。

日本での1992~2009年の水揚量は800~1,500トンで、サメ類全体に占める割合は4~8%[4]。肉はソテーやみそ漬けになる[4]他、練り製品の原料にもなる。鰭はフカヒレに加工される。脊椎骨や顎骨、皮、肝油などが利用される。

引きが強く針にかかると空中にジャンプするので、スポーツフィッシングの対象種となっている。地中海周辺地域では、ステーキなどにして食べるようである。美味といわれている。日本では、ヨシキリザメとともに、高級はんぺんの材料とされる。アオザメのフカヒレは通常出回っているヨシキリザメの物より高級とされ、高値で取引されている。

危険性編集

気性が荒く、人に対しては危険な種とされている[要出典]が、今までにこのサメが起こした事故はあまり報告されていない。生息域が主に外洋ということで、人と接触することがあまりないためであるとされる。

2010年11月30日から12月1日の2日間にかけて、エジプトの紅海において海水浴客3人がサメに襲撃される事件が発生。このうち1人が足と腕を噛みつかれ、片腕を失った。近くの海域でヨゴレと共にアオザメが捕獲されたことから、犯人は当初アオザメとされた[5]。サメが補獲されたことから、地元当局は海の遊泳禁止措置を解除した。しかし、その後ドイツ人の海水浴客がサメに襲われて死亡する襲撃事件が起きており、襲撃したサメは別の種類と見られている。

飼育記録編集

飼育は、サメの中で最も難しい種類の一つで、記録は少ない。 アメリカでは1970年代からいくつかの水族館で飼育が試みられており、シーワールド・サンディエゴでは1970年代初頭に90cmのアオザメの飼育実験が行われたが失敗[6]1978年の夏にサンディエゴ沖で捕獲された1.0mと1.4mのアオザメ2個体を約1時間かけて搬送し、152トンの水槽に搬入したが、壁をうまく避けられず、両個体とも3日以内に死亡した[6]ニュージャージー州の水族館では、2001年アトランティックシティ沖約37km地点で捕えた1.07m、6.8kgの雌のアオザメを飼育したが、餌や混泳しているニシンにも興味を示さず、過去の例と同様に水槽の壁を上手く避けられず、5日後に死亡した[6]日本では、2016年1月15日和歌山県串本海中公園で小型のアオザメを搬入したが死亡[7]2019年1月5日神戸市立須磨海浜水族園に搬入し、展示を試みるも1月6日までに死亡している[8]。また、同年2月8日に詳細は不明だが、むろと廃校水族館にも小型のアオザメとみられる個体が搬入されている[9]

その他編集

シボレーシボレー・コルベット C3型の原型として発表したコンセプトカー、“Chevrolet Mako Shark[10]”の名はアオザメの英名に因んでのものである。

近縁種編集

バケアオザメ Isurus paucus(英名:Longfin mako shark

詳しい生態はまだほとんど分かっていない。生息が確認されたのは、北および西大西洋バハマキューバマダガスカル島周囲、また太平洋においてはハワイ諸島周辺のみとなっている。背部は青色~紺色で腹部は白い。英名が示す通り、アオザメよりも大きな胸鰭を持つ。こちらも潜在的に危険とされているが、人を襲った記録は無い。近縁種であるが、食用としての肉質はアオザメよりも水分が多く味も食感もかなり落ちる。

参考文献・脚注編集

  1. ^ a b c d e f Cailliet, G.M., Cavanagh, R.D., Kulka, D.W., Stevens, J.D., Soldo, A., Clo, S., Macias, D., Baum, J., Kohin, S., Duarte, A., Holtzhausen, J.A., Acuña, E., Amorim, A. & Domingo, A. 2004. Isurus oxyrinchus. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 23 June 2011.
  2. ^ a b c d e Biological Profiles: Shortfin mako Florida Museum of Natural History, Ichthyology Department.
  3. ^ Isurus oxyrinchus Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011).
  4. ^ a b c 「平成22年国際漁業資源の現況: アオザメ」 水産庁・独立行政法人水産総合研究センター。
  5. ^ Egypt says sharks that mauled Red Sea swimmers nabbed
  6. ^ a b c Shortfin mako (Isurus oxyrinchus) in Captivity” (2019年1月). 2019年3月16日閲覧。
  7. ^ 串本海中公園公式Twitterツイートより
  8. ^ 神戸市立須磨海浜水族園公式Twitterツイートより
  9. ^ 日本ウミガメ協議会公式Twitterツイートより
  10. ^ 日本におけるカタカナ表記は「マコシャーク」「メイコーシャーク/メイコシャーク」等。

関連項目編集