アジアトサウルスAsiatosaurus 「アジアのトカゲ」の意味)は白亜紀前期に生息した草食竜脚類恐竜の属の一つである。化石は中国とモンゴルで発見されている。現在のところ歯の化石しか知られておらず、より多くの標本が発見されないか限り信頼のおける情報を得ることは難しい。

アジアトサウルス
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropodomorpha
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
: アジアトサウルス属 Asiatosaurus
学名
Asiatosaurus
Osborn1924
下位分類(

タイプ種A. mongolensisは1924年にオズボーンにより記載された[1][2]。第二の種A. kwangshiensisは中国、広西チワン族自治区にあるナパイ累層(en)で発見された歯の化石に基づき、1975年に侯連海、葉祥奎および趙喜進英語版により記載された[3]。両種とも現在は疑問名とされている[2]

参照編集

  1. ^ Osborn, H.,(1924).Three new Theropoda , Protoceratops zone, central Mongolia.: AMER. MUS. NOVIT. 144; 1 - 12
  2. ^ a b Calvo, J.O., (1996). Phylogenetic relationships of Asiatosaurus mongoliensis (Osborn, 1924). Chiayusaurus lacustris a junior synonym of Asiatosaurus (Sauropoda): AMEGHINIANA 33 (4); 461
  3. ^ Hou, L., Yeh, H. and Zhao, X.(1975).Fossil reptile from Fusui Kwangshi.VERTEBRATA PALASIATICA 13; 24 - 33