メインメニューを開く

アジアドラマチックTV(アジアドラマチックティービー)は、衛星一般放送事業者ソネットメディアエンタテインメント株式会社が運営する韓国中国台湾などアジア諸国のテレビドラマバラエティ番組を放送している専門チャンネルである。スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光ケーブルテレビなどで視聴可能である。

アジアドラマチックTV★So-net
ASIA DRAMATIC TV
アジアドラマチックTV★HD
基本情報
運営(番組供給)事業者 ソネットメディアエンタテインメント株式会社
旧チャンネル名 VaioNet( - 2000年9月30日)
So-netチャンネル(2000年10月1日 - 2003年3月31日)
So-netチャンネル749(2003年4月1日 - 2006年10月31日)
放送(配信)開始 1998年6月1日
HD放送(配信)開始 2008年11月1日
ジャンル 海外ドラマ・バラエティ・韓流
放送内容 主に韓国、中国、台湾などのアジアのバラエティや韓流ドラマを放送
視聴可能世帯数 1,610,000世帯(2010年8月末現在)
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.655
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 ソネットメディアエンタテインメント株式会社
チャンネル番号 Ch.749
放送開始 1998年6月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 553(HD)
eo光テレビ C855(HD)
J:COM 765(HD)
公式サイト

沿革編集

  • 1998年
  • 2000年
    • 7月 - ソニーコミュニケーションネットワーク(SCN、現ソネットエンタテインメント)、コンテンツ企画・制作子会社・ソネット・ビィメディア株式会社設立。
    • 10月 - チャンネル名を「So-netチャンネル」に変更。
  • 2002年12月 - SCN、電気通信役務利用放送事業者(衛星役務放送)(現・衛星一般放送事業者)登録。
  • 2003年
    • 1月 - SCN、ソネット・ビィメディアを合併。SCNがデジタルメディアエンタテインメントより当チャンネルの運営を承継。
    • 4月 - チャンネル名を「So-netチャンネル749」に変更。
    • 7月 - 当チャンネル初の韓国ドラマ「真実」放送開始。
  • 2006年10月 - チャンネル名を現在の「アジアドラマチックTV★So-net」に変更。
  • 2007年4月 - JC-HITSでの配信を開始。
  • 2008年11月 - 日本デジタル配信(JDS)でハイビジョンによる配信(チャンネル名は「アジアドラマチックTV★HD」)開始。
  • 2009年10月 - スカパー!HDで「アジアドラマチックTV★HD」放送開始。
  • 2013年2月1日 - ソネットエンタテインメント(現・ソネット)から分離したソネットメディアエンタテインメントに当チャンネルの運営を移管。
  • 2014年5月31日 - スカパー!プレミアムサービスにて標準画質放送(Ch.749)が終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。
  • 2016年12月1日 - スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、スカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
  • 2019年7月1日 - チャンネル名称を「アジアドラマチックTV(アジドラ)」に変更予定。

外部リンク編集