メインメニューを開く

ジョホールバル

マレー半島最南端に位置する、マレーシア・ジョホール州の州都

ジョホールバル(ラテン文字:Johor Bahru、略称:JB、ジャウィ文字جوهر بهارو)は、マレー半島最南端に位置する、マレーシアジョホール州の州都で、都市圏の規模は首都クアラルンプールに次ぐ第2位。日本語ではジョホール・バールジョホール・バルとも表記される。

ジョホールバル
Johor Bahru
Johor Bahru composite.png
愛称 : JB
標語 : "'Berkhidmat, Berbudaya, Berwawasan"
座標 : 北緯1度29分00秒 東経103度44分00秒 / 北緯1.48333度 東経103.73333度 / 1.48333; 103.73333
行政
マレーシアの旗 マレーシア
  ジョホール州の旗 ジョホール州
ジョホールバル
市長 Amran bin A. Rahman
地理
面積  
  域 185 km2 (72.27 mi2)
人口
人口 (2010年現在)
  域 497,067人
公式ウェブサイト : http://www.mbjb.gov.my
Sultan Ibrahim 建物

目次

概要編集

人口は約50万人。中国語の地名表記は「新山」という。

ジョホール海峡を挟んだ対岸にシンガポールがあり、相互往来は盛んである[1]。実際、マレーシアの入国審査場を抜けてすぐのところが中心市街地で、地元の人も「マングリッシュ(マレーシアなまりの英語)」ではなく、「シングリッシュ(シンガポール訛りの英語)」を話す。また、シンガポールへの観光ツアーにも、このジョホール・バルが組み込まれている事が多く、通貨も、シンガポールドルでの支払が可能な店舗もある。マレーシア国内だが、マレーシアのラジオよりシンガポールのラジオのほうがよく入る。

サッカー日本代表FIFAワールドカップ本戦初出場を決めたジョホールバルの歓喜の地として、日本でもその名を知られる所でもある。

2006年より大規模な開発計画イスカンダル・マレーシア英語版が進められ、隣国シンガポールの好調な経済発展の影響もあり急速な発展を遂げている。

歴史編集

交通編集

ゆかりの人物編集

姉妹都市編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年4月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集