メインメニューを開く

アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ

アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ (ポルトガル語: Associação Chapecoense de Futebol) 、通称シャペコエンセ (Chapecoense) は、ブラジルサンタカタリーナ州シャペコポルトガル語版を本拠地とする、カンピオナート・ブラジレイロに加盟するサッカークラブである。

アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ
原語表記 Associação Chapecoense de Futebol
呼称 Chapecoense
愛称 Verdão (Big Green)
Furacão do Oeste (West's Hurricane)
クラブカラー     緑,    
創設年 1973年
所属リーグ カンピオナート・ブラジレイロ
カンピオナート・カタリネンセ
所属ディビジョン セリエA
セリエA
ホームタウン シャペコポルトガル語版
ホームスタジアム アレナ・コンダポルトガル語版
収容人数 22,600
代表者 ブラジルの旗 プリニオ・ダビ・デ・ネス・フィーリョ
監督 ブラジルの旗 ジルソン・クレイナポルトガル語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

1973年創設。当時シャペコにはアトレチコ・シャペコエンセとインデペンデンテという2つの大きなクラブが存在した[1]

1977年、サンタカタリーナ州選手権決勝でアヴァイFCを1-0で下し初優勝。これがクラブ初のタイトルである。[2]

1978年にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA初昇格。昇格初年度は51位、[3] 翌年は93位でシーズンを終えた[4]

2007年、州選手権で3度目の優勝を達成した[5]カンピオナート・ブラジレイロ・セリエCにも参加したが、ファーストステージで敗退した[6]。2011年には再び州選手権で優勝した。2014年、1979年以来となるセリエA復帰を果たした。

2016年にカイオ・ジュニオールが監督に就任。コパ・スダメリカーナ2016でクラブ史上初の決勝に進出[7]。同年11月28日午後10時頃(現地時間)、2日後に開催される予定だった決勝1stレグを戦うため、対戦相手のアトレティコ・ナシオナルコロンビア)のホーム・メデジンに移動するサンタ・クルス・デ・ラ・シエラボリビア)からのチャーター機ラミア航空スペイン語版2933便が、メデジン郊外のラ・ウニオンの山中に墜落し、選手・首脳陣ら47名が死亡した。

12月6日、南米サッカー連盟はシャペコエンセをコパ・スダメリカーナ2016の優勝チームとし、優勝賞金200万ドルを贈ることを決定した[8]。12月16日、日本プロサッカーリーグスルガ銀行チャンピオンシップ20178月15日埼玉スタジアム2002)にシャペコエンセが出場(vs浦和レッズ(2016年Jリーグカップ優勝チーム))すると発表した[9]。試合は0‐1で敗れた。

タイトル編集

 
アレナ・コンダポルトガル語版で応援するシャペコエンセのサポーター
  • コパ・サンタ・カタリーナ : 1回
    • 2006
  • タッサ・サンタ・カタリーナ : 1回
    • 1979
  • タッサ・プリニオ・アウリンド・ジ・ネズ : 1回
    • 1995
  • カンピオナート・セレチーヴォ : 1回
    • 2002

現所属メンバー編集

2018年4月30日現在[10]
No. Pos. 選手名
2   DF エドゥアルド
3   DF ラファエウ・ティエリ
4   DF ネト
5   MF モイゼス・リベイロ
6   DF ブルーノ・パチェコ
7   FW ギリェルミ
8   MF エクトル・カンテロス
9   FW ヴェリントン・パウリスタ( )
10   MF ネネン
11   MF ナジソン
14   DF ファブリシオ・ブルーノ
15   MF マルシオ・アラウージョ
17   DF ヴィニシウス・フレイタス( )
18   FW アルトゥール・カイキ
19   FW ヴィニシウス
20   DF アポジ
21   DF ルイス・オタヴィオ
22   DF ネリー・バレイロ
No. Pos. 選手名
23   DF ドウグラス
24   GK イゴール・カンポス
26   GK イヴァン
28   MF アラン・ルシェウ
29   FW ブルーノ・シルヴァ
31   MF ケンディ
35   DF イアゴ
39   MF ジュニオール・サントス
55   MF アマラウ
77   FW オスマン・ジュニオール
79   DF ブルーノ・ガウショ
86   MF エリカルロス
87   MF ケヴィン
88   MF ルイス・アントニオ
90   FW レアンドロ・ペレイラ
93   GK ジャンドレイ
98   GK チエポ
99   FW ペロッティ

in編集

No. Pos. 選手名
3   DF ラファエウ・ティエリ (グレミオFBPA)
7   FW ギリェルミ (グレミオFBPA)
14   DF ファブリシオ・ブルーノ (クルゼイロEC)
No. Pos. 選手名
23   DF ドウグラス (サンパウロFC)
77   FW オスマン・ジュニオール (ルヴェルデンセEC)
90   FW レアンドロ・ペレイラ ( クラブ・ブルッヘ)

out編集

No. Pos. 選手名
  GK エリアス (ECヴィトーリア)
  DF ホベルト (ロンドリーナEC)
  DF ヴィニシウス・グアラプアヴァ (ECグアラニ)
  MF ルーカス・シウヴァ (AAポンチ・プレッタ)
  FW ブライアン (ナウチコ)
No. Pos. 選手名
  FW ジュリオ・セーザル (アトレチコ・ゴイアニエンセ)
  FW ホドリゴ・アウヴェス (CAトゥバロン)
  FW ヴェズレイ・ナタ (アトレチコ・ゴイアニエンセ)
  FW ロウレンシ (GEブラジウ)

過去の成績編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点
2007 セリエC 55位 4 6 1 1 4 5 10
2008 参戦せず
2009 セリエD 3位 27 14 8 3 3 24 13
2010 セリエC 7位 16 10 3 4 3 10 10
2011 5位 21 14 6 3 5 25 19
2012 3位 33 22 9 6 7 27 14
2013 セリエB 2位 72 38 20 12 6 60 31
2014 セリエA 15位 43 38 11 10 17 39 44
2015 14位 47 38 12 11 15 34 44
2016 11位 52 38 13 13 12 49 53
2017 8位 54 38 15 9 14 47 49

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ Associação Chapecoense de Futebol”. Arquivo de Clubes. 2007年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  2. ^ Santa Catarina State League 1977”. RSSSF. 2007年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  3. ^ IV Copa Brasil - 1978 [Brazilian Championship]”. RSSSF. 2007年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月26日閲覧。
  4. ^ V Copa Brasil - 1979 [Brazilian Championship]”. RSSSF. 2007年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月26日閲覧。
  5. ^ Santa Catarina State League 2007”. RSSSF. 2007年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月26日閲覧。
  6. ^ Brazil 2007 Championship - Third Level (Série C)”. RSSSF. 2007年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月26日閲覧。
  7. ^ “快進撃のイレブン襲った悲劇=大舞台直前、悪夢に-コロンビア墜落事故”. 時事通信. (2016年11月30日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016113000076&g=int 2016年11月30日閲覧。 
  8. ^ “シャペコエンセのスダメリカーナ優勝が決定、対戦相手にはフェアプレー賞”. フランス通信社(AFPBB). (2016年12月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3110309 2017年1月4日閲覧。 
  9. ^ “2017年大会の開催が正式決定。浦和の対戦相手はシャペコエンセに” (プレスリリース), (2016年12月14日), http://www.jleague.jp/news/article/7881/ 2017年1月4日閲覧。 
  10. ^ [1](ポルトガル語)

関連項目編集

外部リンク編集