メインメニューを開く

アトレティコ・ナシオナルスペイン語: Club Atlético Nacional)は、コロンビアの都市メデジンを本拠地とするサッカークラブである。南米の類似名クラブとの混同を避けるためにナシオナル・メデジン (Nacional Medellín) とも呼ばれる。

アトレティコ・ナシオナル
原語表記 Club Atlético Nacional S. A.
愛称 Los Verdolagas (The Green-goers),
El Verde (The Green),
Rey de Copas (King of Cups),
El Verde de la Montaña (The Green from the Mountains),
El Verde Paisa (The Paisa Green),
El Siempre Verde (The Evergreen)
クラブカラー 緑・白
創設年 1947年
所属リーグ カテゴリア・プリメーラA
所属ディビジョン 1部
ホームタウン メデジン
ホームスタジアム エスタディオ・アタナシオ・ヒラルド
収容人数 40,043[1]
代表者 コロンビアの旗 フアン・ダビド・ペレス
監督 ブラジルの旗 パウロ・アウトゥオリ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1947年3月7日創立[2]。コロンビア国内ではミジョナリオスアメリカ・デ・カリと並ぶクラブである。1989年にコロンビア代表監督のフランシスコ・マツラナアンドレス・エスコバルレネ・イギータらを擁しコパ・リベルタドーレスを制した。同年12月17日にトヨタカップ出場。当時世界最強といわれたイタリアのACミランと好勝負を演じたが延長戦の末敗れた。

2016年、27年ぶりにコパ・リベルタドーレスを制し、FIFAクラブワールドカップ出場を決めた[3]。初戦となった準決勝では、オセアニア王者、アフリカ王者に勝利し快進撃を見せていた開催国王者の鹿島アントラーズに0-3で敗れた。

2016年11月、コパ・スダメリカーナ2016決勝戦で対戦予定だったシャペコエンセの選手、関係者多数が犠牲になったラミア航空2933便墜落事故で、コパ・スダメリカーナ2016の優勝をシャペコエンセに譲渡するということを称えて、FIFAからFIFAフェアプレー賞を受賞した[4]

2017年終了現在で、同国リーグ最多優勝のクラブである。

ユニフォーム編集

ユニフォームのデザインは、アンティオキア県ボゴタの旗のデザインが緑色と白色であることが由来である。

ライバル編集

同じメデジンを本拠地とする、インデペンディエンテ・メデジン、そしてビッグ・クラブのミジョナリオスアメリカ・デ・カリとはライバル関係にある。インデペンディエンテ・メデジンとのダービーは、クラシコ・パイサスペイン語版と呼ばれている。そして、ミジョナリオスとのクラシコはコロンビアにおいて最も偉大な2チームの対戦と思われていて、コロンビアのスーペル・クラシコと見なされている。

アトレティコ・ナシオナルにとってアメリカ・デ・カリとの対戦は、1980年代までは重要な対戦だと見なされていなかったが、1980年代からクラシコと呼ばれるようになった。それはアメリカ・デ・カリがそれまで1度しか優勝経験がなかったからである。しかし、1980年代にアメリカ・デ・カリが黄金時代を迎え優勝を重ねると、重要な対戦と認識され始めクラシコと見なされるようになった。

タイトル編集

国内タイトル編集

  • リーグ:16回
    • 1954, 1973, 1976, 1981, 1991, 1994, 1999, 2005-I, 2007-I, 2007-II, 2011-I, 2013-I, 2013-II, 2014-I, 2015-II, 2017-I

国際タイトル編集

現所属メンバー編集

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

外部リンク編集