メインメニューを開く

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB (Campeonato Brasileiro Série B) は、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)における2部リーグのことを指す名称である。かつてはタッサ・ジ・プラッタ (Taça de Prata) と呼ばれていた。

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB
加盟国 ブラジルの旗 ブラジル
大陸連盟 CONMEBOL
創立 1971年
開始年 1971年
参加クラブ 20
リーグレベル 第2部
上位リーグ セリエA
下位リーグ セリエC
国内大会 コパ・ド・ブラジル
最新優勝クラブ アトレチコ・ゴイアニエンセ (2016)
最多優勝クラブ コリチーバFC
ゴイアスEC
SEパルメイラス
パラナ・クルーベ
パイサンドゥSC (2回)
公式サイト ブラジルサッカー連盟
2016

フォーマット編集

第1回はセリエA(1部リーグ)発足と同時に1971年1973年以後、ブラジルサッカー連盟 (CBF) のセリエA出場チーム拡大策を進める影響もありセリエBが一時中断したが、1980年に再開。

その1980年から1984年は2部リーグの成績上位チーム(1983年までは4チーム、1984年は優勝チームのみ)がセリエAの第2次予選(2ndフェーズ)に進出できる権利が与えられる時期があった。同様にCBFが主催を断念した2000年コパ・ジョアン・アヴェランジェにおいても、2部相当のリーグ戦の成績上位3クラブが次年度の1部リーグ昇格の上で、同年度の決勝トーナメントラウンドへの進出が出来た。

かつては頻繁にフォーマットの変更がなされたが、2006年以降は固定化されている。20チームがホーム・アンド・アウェーの2回総当たり戦を行ない、上位4チームが翌年のセリエAに昇格、下位4チームはセリエC(3部リーグ)に降格する。

歴代優勝クラブ編集

優勝 2位 3位 4位 クラブ数
1971   ヴィラ・ノヴァ-MG   レモ   イタバイアナ   ポンチ・プレッタ 23
1972   サンパイオ・コヘイア   カンピネンセ   アトレチコ-BA   アメリカ-RN 23
1973 行われず
1974 行われず
1975 行われず
1976 行われず
1977 行われず
1978 行われず
1979 行われず
1980   ロンドリーナ   CSA   フェロヴィアリア   ボタフォゴ-SP 64
1981   グアラニ   アナポリナ   レモ   コメルシアウ-MS 48
1982   カンポ・グランデ   CSA   ウベラバ   ジョインヴィレ 48
1983   ジュベントス-SP   CSA   ジョインヴィレ   ブラジリア 48
1984   ウベルランジア   レモ   インテル-SM   ボタフォゴ-PB 32
1985   トゥナ・ルーゾ   ゴイタカス   フィゲイレンセ   オペラリオ-MS 24
1986 行われず(下記参照
1987 行われず(下記参照
1988   インテル-SP   ナウチコ   ポンチ・プレッタ   アメリカーノ 24
1989   ブラガンチーノ   サン・ジョゼ   レモ   カトゥエンセ 96
1990   スポルチ   アトレチコ-PR   グアラニ   カトゥエンセ 24
1991   パイサンドゥ   グアラニ   コリチーバ   アメリカーノ 64
1992   パラナ   ヴィトーリア   クリシューマ   サンタクルス 32
1993 行われず(下記参照
1994   ジュベントゥージ   ゴイアス   デスポルチーヴァ   アメリカーノ 24
1995   アトレチコ-PR   コリチーバ   モジミリン   セントラル 24
1996   ウニオン・サンジョアン   アメリカ-RN   ナウチコ   ロンドリーナ 25
1997   アメリカ-MG   ポンチ・プレッタ   ナウチコ   ヴィラ・ノヴァ-GO 25
1998   ガマ   ボタフォゴ-SP   デスポルチーヴァ   ロンドリーナ 24
1999   ゴイアス   サンタクルス   バイーア   ヴィラ・ノヴァ-GO 23
2000 行われず
2001   パイサンドゥ   フィゲイレンセ   カシアス   アヴァイ 28
2002   クリシューマ   フォルタレーザ   サンタクルス   パウリスタ 26
2003   パルメイラス   ボタフォゴ   スポルチ   マリーリア 24
2004   ブラジリエンセ   フォルタレーザ   アヴァイ   バイーア 24
2005   グレミオ   サンタクルス   ナウチコ   ポルトゥゲーザ 22
2006   アトレチコ-MG   スポルチ   ナウチコ   アメリカ-RN 20
2007   コリチーバ   イパチンガ   ポルトゥゲーザ   ヴィトーリア 20
2008   コリンチャンス   サント・アンドレ   アヴァイ   バルエリ 20
2009   ヴァスコ・ダ・ガマ   グアラニ   セアラー   アトレチコ-GO 20
2010   コリチーバ   フィゲイレンセ   バイーア   アメリカ-MG 20
2011   ポルトゥゲーザ   ナウチコ   ポンチ・プレッタ   スポルチ 20
2012   ゴイアス   クリシューマ   アトレチコ-PR   ヴィトーリア 20
2013   パルメイラス   シャペコエンセ    スポルチ   フィゲイレンセ 20
2014   ジョインヴィレ   ポンチ・プレッタ   ヴァスコ・ダ・ガマ   アヴァイ 20
2015   ボタフォゴ   サンタクルス   ヴィトーリア   アメリカ-MG 20
2016   アトレチコ-GO   アヴァイ   ヴァスコ・ダ・ガマ   バイーア 20
2017   アメリカ-MG   インテルナシオナル   セアラー   パラナ 20
2018   フォルタレーザ   CSA   アヴァイ   ゴイアス 20

CBF非公式編集

優勝 2位 3位 4位 クラブ数
1986
  トレーゼ   マラニョン   リオ・ネグロ   モト・クルブ 9
  セントラル   アメリカーノ   ゴイタカス   デスポルチーヴァ 9
  インテル-SP   ジュベントス-SP   サント・アンドレ   アナポリナ 9
  クリシューマ   マルシリオ・ジアス   ピニェイロス   ロンドリーナ 9
1987
  アメリカーノ   ウベルランジア   ジュベントゥージ   ポンチ・プレッタ 24
  オペラリオ-MS   パイサンドゥ   ボタフォゴ-PB   ミスト 24
2000   パラナ   サンカエターノ   レモ   パイサンドゥ 36
  • 1986年の全国選手権はセリエAとセリエBをひとつのトーナメントとして構成され、例年のセリエBに相当するリーグはその中のパラレル・トーナメントとして、36クラブを9クラブずつ・4組に分けて大会を行った。
  • 1987年の全国選手権はコパ・ウニオンとして開催され、例年のセリエBに相当するリーグは48クラブを24クラブずつ・2組に分けた上で、その中のモドゥロ・ブランコ (白モジュール) 及びモドゥロ・アズウ (青モジュール) として行われた。
  • 2000年の全国選手権はコパ・ジョアン・アヴェランジェとして開催され、例年のセリエBに相当するリーグはその中のモドゥロ・アマレロ (黄モジュール) として行われた。なお上位3クラブは1部相当の「モドゥロ・アズウ (青モジュール)」の上位12クラブ、3部相当の「モドゥロ・ヴェルデ (緑モジュール)」と「モドゥロ・ブランコ (白モジュール)」の上位クラブによる代表決定戦優勝クラブを加えた16クラブが「セカンドフェーズ」(決勝トーナメント) に進出することが出来た。

参考文献編集

外部リンク編集