メインメニューを開く

アドミラル・グラーフ・シュペー (装甲艦)

アドミラル・グラーフ・シュペー (Die Admiral Graf Spee) は、ドイツ海軍第二次世界大戦で運用した軍艦

アドミラル・グラーフ・シュペー
1936年に撮影されたアドミラル・グラーフ・シュペー
1936年に撮影されたアドミラル・グラーフ・シュペー
基本情報
建造所 ヴィルヘルムスハーフェン海軍工廠
運用者  ナチス・ドイツ海軍
艦種 装甲艦
級名 ドイッチュラント級装甲艦
艦歴
起工 1932年10月1日
進水 1934年6月30日
就役 1936年1月6日
最期 1939年12月17日自沈
要目
基準排水量 12,100トン
満載排水量 16,200トン
全長 186 m
最大幅 21.6 m
吃水 7.4 m (最大)
主機 MAN社製9気筒2ストロークディーゼルエンジン8機
2軸, 52,050 hp (40 MW)
最大速力 28.5 ノット (53 km/h)
航続距離 20ノット時で8,900海里 (37 km/hで16,500 km)
または10ノット時で19,000海里 (18.5 km/hで35,000 km)
乗員 1,150名
兵装 52口径28.3cm3連装砲2基
150mm単装砲8基8門
10.5cm連装砲3基6門
37mm対空砲8門
20mm対空砲10門
530mm魚雷発射管2基8門
装甲 砲塔 正面: (160mm)
装甲帯: (80mm)
デッキ: (40mm)
搭載機 Ar 196 二機, カタパルト一基
テンプレートを表示

概要編集

アドミラル・グラーフ・シュペー (Die Admiral Graf Spee)は、ドイッチュラント級装甲艦の3番艦。第一次世界大戦の敗北によって軍備を制限されたドイツ海軍が、ヴェルサイユ条約の軍備制限条項の範囲内(排水量1万トン以下)に収めながらも強力な軍艦として建造した艦である[1]。 就役は1936年。英海軍はこれらの軍艦を、小粒であるが強力であると認め、ポケット戦艦とあだ名した[1]。本艦は第二次世界大戦初期の大西洋インド洋における通商破壊作戦で活躍したが、1939年(昭和14年)12月13日のラプラタ沖海戦でイギリス巡洋艦3隻と交戦して損傷[2]ウルグアイモンテビデオ港に追いつめられ、12月17日に自沈した[2]

なお、ドイツ語の発音に従えば本来はアトミラール・グラーフ・シュペーと表記すべきだが、日本では英語読みの「アドミラル」で呼ばれるのが一般的である[3][4]。 艦名はマクシミリアン・フォン・シュペーにちなんでいる。彼は第一次世界大戦において、青島を根拠地としたドイツ東洋艦隊司令官であった。他にグラーフ・シュペーと呼ばれる船として、第一次世界大戦において未完成に終わったマッケンゼン級巡洋戦艦の4番艦がある。

艦歴編集

 
英仏海峡へ向かうアドミラル・グラーフ・シュペー、1939年4月
 
近代化改装後のアドミラル・グラーフ・シュペー

1932年10月1日ヴィルヘルムスハーフェン海軍工廠にて起工。1934年6月30日進水式を行った。艦名は、そのもととなったマクシミリアン・フォン・シュペーの孫娘により命名された。1936年1月6日に就役し、数ヶ月に及ぶ完熟訓練を大西洋で行った。翌年の1937年5月20日ジョージ6世戴冠記念観艦式に参加し、日本妙高型重巡洋艦3番艦「足柄」やフランス海軍のダンケルク級戦艦1番艦「ダンケルク」らと共に各国海軍の注目を集めた。

アドミラル・グラーフ・シュペーは8月21日ヴィルヘルムスハーフェンを出撃、大西洋に進出した[2][5]。9月1日の第二次世界大戦の開戦後通商破壊作戦に従事し、1939年9月30日を皮切りとして、南大西洋インド洋において多くの商船を沈めた。これに対し、連合国は、大西洋に7つ、インド洋に1つの、総勢で戦艦3隻、空母4隻、巡洋艦16隻からなる対策部隊を編制し、通商破壊艦の探索にあたった。

9月3日、ドイツのイギリス、フランスへの宣戦布告、およびフランス商船への攻撃禁止との電文を受け取る[2]補給艦アルトマルクとともにフリータウン西方に設定された最初の攻撃区域へと向かった。しかし、9月5日に同海域からは離れ北極海、南大西洋、あるいはインド洋へむかへ、との指令を受ける。艦長ランクスドルフは南大西洋方面へ向かうことを決めた。9月8日に赤道を通過し、アセンション島・セントヘレナ島・トリニダード島の間の海域にしばらく滞在。9月27日、作戦行動を開始[2]。ブラジル方面へ向かう。9月30日、イギリス貨物船クレメントを沈める[6]。同船はSOSを発信しており、またアドミラル・グラーフ・シュペーも船員救助を求める無電を発している。10月2日にクレメント船員がブラジルに到着したことで、翌日には南大西洋でのポケット戦艦の存在がイギリス側にも知られることになった[7]

10月5日、トウモロコシを積んだイギリス船ニュートン・ビーチを捕捉した。しばらく同行させた後、10月9日に爆破処分された。また、ニュートン・ビーチはRRR(敵水上艦に遭遇した場合の信号)を発信し、イギリスの巡洋艦カンバーランドが受信した。だがカンバーランドは無線封鎖を続行、一方カンバーランドのほうでは受信できていると思っていたフリータウンの基地では受信できていなかったという。10月7日、イギリスの貨物船アシュリーを沈めた。

10月10日、イギリス船ハントスマンを捕捉した。同船は無線を発信しかけたがアドミラル・グラーフ・シュペーからの命令で途中で停止した。ドイツ側は攪乱のためハントスマンの無電室から誤情報を発信した。ただし、それを受信したものはいなかった。また、アドミラル・グラーフ・シュペー側は同船から各種書類を入手。10月17日にはイギリスの機密暗号表が解読できている。ハントスマンは積荷をアルトマルクへ移された後、10月17日に沈められた。10月22日、貨物船トレヴァニオンを沈めた。

10月28日にトリスタン・ダ・クーナ島沖でアルトマルクから補給を受けるとインド洋へ向かった。だが、戦果は小型タンカー、アフリカ・シェル(11月15日に沈める)のみであり再び大西洋に戻った。

12月2日に貨物船ドリク・スター、3日にテイロアを沈めるが、両船ともそのまえに位置を発信しており貨物船ポート・チャールズによって転電された。それらにより、イギリス艦艇がアドミラル・グラーフ・シュペーを捕捉すべく展開した。

12月7日に拿捕した貨物船ストレオンスハーンより得られた情報からアドミラル・グラーフ・シュペーは次の作戦海域をラプラタ沖に決めた。

12月6日、艦長のハンス・ラングスドルフ (Hans Wilhelm Langsdorff 1894-1939 熱心なプロテスタントでナチズムの信奉者ではなかった)大佐は、致命的な2つのミスを犯した。この日、ラングスドルフ艦長は夜間照明訓練を実施したのだが、これは自ら現在地を敵に教えているようなものだった。それを無灯火の艦船に目撃されたが、ラングスドルフ艦長はそれが敵の艦船だとは思わず見逃してしまった[8]

1939年12月13日、アドミラル・グラーフ・シュペーはイギリス海軍G 部隊の主要艦である重巡洋艦エクゼターHMS Exeter、20cm砲装備)、軽巡洋艦エイジャックスHMS Ajax、15.2cm砲装備)、軽巡洋艦アキリーズHMNZS Achillies、15.2cm砲装備)の3隻に捕捉された[2]。ラングスドルフ艦長には「敵の艦船と戦闘するなかれ」という本国からの厳命があった[8]が、相手を「巡洋艦1隻、駆逐艦2隻」と判断したラングスドルフ艦長は「英艦隊を撃滅してから近くにいるはずの輸送船団を攻撃しよう」と判断[2]ラプラタ沖海戦が勃発した。海戦時、シュペーには約60名の捕虜が収容されていた[9]

この戦闘によるアドミラル・グラーフ・シュペーの被害は甚大であった。機関の給気口には多数の砲弾が命中、艦体も数ヶ所貫通されていた[8]。食糧貯蔵庫も破壊された[10]。戦死傷者は約100名におよんだ[11]。 冬季の北大西洋の激浪に耐えて本国へ帰還できる状態にはなく、ラングスドルフ艦長は中立国ならば助けてくれると考え[8]、最寄りの中立国であるウルグアイモンテビデオ港に艦を退避させた。前述の通り、もともと本艦は、軍艦との交戦を本国から禁じられていた。しかしウルグアイは中立国とはいえイギリスの影響力の強い国であり、ウルグアイは72時間以上の修理期間を認めなかった[2]。アドミラル・グラーフ・シュペーは修理もできないまま帰国が絶望的な最後の航海に出ざるをえなかった。

停泊期間中にイギリス海軍の宣伝放送やドイツからの情報により、単独では対抗できない有力な艦隊によって脱出路を封鎖されてしまったと判断したラングスドルフ艦長は、ウルグアイ政府が提示した港からの退去期限を迎えた12月17日に明らかな負け戦によって乗組員を危険にさらすことを避けるため、乗組員をドイツ商船に移乗させアドミラル・グラーフ・シュペーを残る40名の乗組員とともにモンテビデオ港外へ出して自沈させた(乗組員は全員タグボートで退避)。ラングスドルフ艦長は艦と運命を共にしようとしたが、ラングスドルフ艦長を慕う乗員たちが「艦長を死なせたくない」と、半ば力ずくで艦から引きずり出した[12]。艦を離れる間、ラングスドルフ艦長は物思いにふけっていた[12]。この様子は世界に向けラジオ放送で実況された。なおドイツからは「自沈の際は遺憾なきをなせ」との指示はあったものの、ラングスドルフ艦長は自ら自沈の責任を取り、12月19日に逗留先であるアルゼンチンブエノスアイレスで妻へ手紙を書き残し、ハーケンクロイツ旗ではなく自沈前に回収していた軍艦旗を身体にまきつけると、ピストル自殺を遂げたのだった[13]。 妻への最期の手紙にはこう書かれていた。

このような状況におかれた時、名誉を重んじる指揮官なら艦と運命を共にする。それが当然の決断だ。私は、部下の身の安全を確保する事に奔走していたために、決断を先延ばしにしていた

 「ヒトラーの軍艦自沈の真相」ナショナルジオグラフィックチャンネル(生存者の証言より)[8]

ヒトラーは最後まで戦わなかったラングスドルフ艦長の処置に強い不満を示した[2]。艦長を「臆病者」と非難したが、ラングスドルフ艦長にとっては乗組員たちの安全を確保する事のほうが大事だった。また、ラングスドルフ艦長がアルゼンチン政府に交渉した乗組員への善処も認められず、乗組員は全員抑留された。

1942年(昭和17年)3月1日、「エクセター」はスラバヤ沖海戦で「足柄」以下日本海軍によって撃沈され、大本営は「グラーフ・シュペーの仇を討った」と報道した[14]。エクセター撃沈の直前、ジャワ級軽巡洋艦1番艦「ジャワ」も撃沈されているが、これらのスラバヤ沖海戦に参加した3隻(エクセター、足柄、ジャワ)とシュペーはジョージ6世戴冠記念観艦式(1937年5月20日)で一堂に会したことがあった。

自沈の理由編集

 
自沈後、炎上を続けるアドミラル・グラーフ・シュペー

アドミラル・グラーフ・シュペーの自沈の理由としては、古くから宣伝放送による敵艦隊勢力の誤認、弾薬の欠乏(事実ではない)、ラングスドルフ艦長の敢闘精神の欠如などさまざまな説が考察されてきたが、戦後しばらくたってから、当時の乗組員であった技術将校の証言により、同艦はドイッチュラント級装甲艦共通の構造的欠陥に起因する損傷を受けていたことが明らかになった。

船舶用ディーゼル燃料は常温では粘度が高くそのまま機関に供給できないため、ドイッチュラント級装甲艦では燃料タンクと機関とのあいだに中間タンクを設置して一旦燃料を加熱し、液状化させた後に機関に送り込む構造となっていた。特に高緯度低温の海域ではこの燃料処理が必要不可欠だった。ところが、中間タンクにボイラーからの蒸気を供給するパイプの一部が非装甲で上甲板に露出しており、そこへ6インチ砲弾一発が命中して燃料処理システムを破壊してしまった。その結果、豊富な燃料の大部分は加熱できず使用不能となり、中間タンクに残っていた処理済み燃料は16時間分にすぎず、本国帰還はもちろんのことイギリス巡洋艦隊との戦闘継続すらおぼつかない状態にあった。そのようなドイッチュラント級装甲艦の弱点は軍最高機密であり当時公にはされなかった[15]

損傷箇所の修理には約2週間が必要と考えられたが、72時間以内の出港をウルグアイ政府より通告され、それが動かぬものとなったとき、同地での抑留を禁じられたラングスドルフ艦長は自沈以外の選択を失ったのである。

アドミラル・グラーフ・シュペーの引き揚げ編集

 
モンテビデオに展示されているアドミラル・グラーフ・シュペーの測距儀

この装甲艦の所有権を有するドイツ連邦政府の抗議にもかかわらず、水深8メートルに沈むアドミラル・グラーフ・シュペーの残骸をクレーン船の助けを借りて引き揚げる作業が2004年2月に開始された。この作業は民間投資家とウルグアイ政府が資金負担している。理由は残骸が船舶の航行に危険を生じさせているからである。何回かの不首尾があった後、2月25日に比較的大きな残骸が初めて引き揚げられた。それは27トンもある測距儀であった。引き揚げ作業は2007年に完了する予定であったが、2009年、大統領令により、引き揚げ作業は中止された。

2006年2月にはアドミラル・グラーフ・シュペーの艦尾を飾った、ハーケンクロイツを掴む羽を広げた鷲をかたどった、重さ 400kg の主権紋章が引き揚げられた。この鷲章はおよそ 2m の大きさで、羽を広げた長さは 2.8m に達する。これは数十万ドルの値打ちがあると見積もられている。2006年8月、民間の引き揚げ会社がウルグアイ政府の意に反してこのナチのシンボルを販売する意志を発表した時、大きな論争を引き起こした。ネオナチ・グループはこれに関心を示し、ある者は3百万ドルで購入する準備があると表明しているとドイツのフランクフルター・ルントシャウ紙 (Frankfurter Rundschau) は伝えている。タイタニック号引き揚げのドキュメンタリー映画ジェームズ・キャメロン監督が引き揚げの様子を映像に残している。すべて引き上げられた後は、艦を復元してモンテビデオ市の国立海事博物館に展示することが計画されている。

登場作品編集

『戦艦シュペー号の最後(原題:The battle of the river Plate)』
マイケル・パウエル, エメリック・プレスバーガー監督による1956年の映画。本作ではアメリカ海軍デモイン級重巡洋艦セーラム」がグラーフ・シュペーの「代役」を務めており、塗装や艦番号はアメリカ軍仕様のまま変更を加えない姿で登場する。これについて、作中で「アメリカ軍の艦に偽装するため塗装を変更した」と言及されている。
ハイスクール・フリート
2016年日本アニメ。ドイツの海洋学校のヴィルヘルムスハーフェン校所属の小型直接教育艦として登場。作中では「アドミラル・シュペー」、もしくは「シュペー」と呼称される。

脚注編集

  1. ^ a b #ポケット海軍年鑑(1937)p.161『戰艦"アドミラル・グラーフ・シュペー Admiral Graf Spee" 全要目{排水量10,000噸 速力26節 備砲28糎砲6門 15糎砲8門 8.8糎高角砲6門 魚雷發射管(53糎)8門 起工1932年10月 進水1934年6月 建造所ウイルヘルウスハーフエン海軍工廠} 對英三割五分の海軍力保有量を贏ち得た獨逸は、目下26,000噸の本式の戰艦二隻を建造中である。この新戰艦が出來あがつた暁は、ポケット戰艦は28糎主砲をもつた一萬噸重巡として、英佛伊の20糎主砲甲級巡洋艦の一枚上を行く、怖るべき存在となるであらう。獨逸はもともとこの事を注意深く念頭に置いてゐたものであらうか。空からの攻撃に對する防禦に於いても、航續距離の延長、戰闘速力の躍進についても、四聯装魚雷發射管を整備した周到振りを見ても再び海外に雄飛せんとする新獨逸國にふさはしい海軍の中堅部隊をなしてゐることを痛感する。』
  2. ^ a b c d e f g h i 戦史叢書、大本營海軍部・聯合艦隊(1)420-422頁『開戦初期の不徹底な独海軍作戦』
  3. ^ #法律問題p.1『「アドミラル・グラーフ・シュペー」號事件』
  4. ^ 戦史叢書、大本營海軍部・聯合艦隊(1)416-418頁『欧州戦勃発によるZ建艦計画の消滅』
  5. ^ #独英海戦記p.12『この豆戰艦の一隻アドミラル・グラフ・スペーは、その乗組員の一人が書いた日記によれば、八月の二十一日に、ドイツの軍港ウヰルヘルムスハーフェンを出てゐる。同艦は、それからデンマークとノルウエーの沿岸を傳ひながら、アイスランドとファロー群島の間を通つて、大西洋に出た。』
  6. ^ #独英海戦記p.11『一九三九年九月三十日、イギリスの汽船クレメントは、ブラジル沖のペルナンコ附近で打沈められた。』
  7. ^ #独英海戦記p.11『…これにも拘らず、右のクレメント號の乗員達が上陸した十月二日には、イギリスの或新聞は、右の獨艦を「豆戰艦」であると書いたものもある。』
  8. ^ a b c d e 「ヒトラーの軍艦自沈の真相」ナショナルジオグラフィックチャンネル
  9. ^ #独英海戦記p.25『獨艦内の捕虜 この時獨艦内には、六十一名の英人捕虜があつた。』
  10. ^ #独英海戦記p.28『ところで、英艦の弾丸は、この艦の厨房やパンなどを焼くところ、その他糧食庫を破壊したので、コーヒーなどはこさへることが出来ない。』
  11. ^ #独英海戦記p.37『獨艦の戰死者は三十六名で負傷者は約六十名であつた。前記専門委員の報告によれば、同艦は少くも二十七回命中弾をうけ、その中の少くも一回は司令塔にあたつてゐた。』
  12. ^ a b 「ヒトラーの軍艦自沈の真相」ナショナルジオグラフィックチャンネル(生存者の証言より)
  13. ^ #独英海戦記pp.41-42『ラングスドルフ大佐の自決』
  14. ^ #写真週報215号p.10『独逸海軍の仇エクゼターを屠る』
  15. ^ "Starshell" by The Naval Officers Association of Canada; Volume VII, Number 34, Spring 2006

参考文献編集

  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.A06031081000『写真週報215号』。
    • Ref.B02032408400『13 第二次欧洲戦争ニ於ケル国際法律問題関係資料(四)7』。
      「アドミラル・グラーフ・シュペー」号事件の研究
  • ダドリー・ポープ『ラプラタ沖海戦 グラフ・シュペー号の最期』内藤一郎(訳)、早川書房、1978年、ISBN 4150500312
  • 酒井三千生 『ラプラタ沖海戦』出版協同社、1985年、ISBN 4879700401
  • ゴードン・ウィリアムソン『世界の軍艦イラストレイテッド 2ドイツ海軍のポケット戦艦1939-1945』柄澤英一朗(訳)、大日本絵画、2005年、ISBN 9784499228992
  • レオンス・ペイヤール、長塚隆二 訳、大西洋戦争〔上〕<1939〜42年、絶頂期のドイツ海軍>、早川書房、1981年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊(1) ―開戦まで―』第91巻、朝雲新聞社、1975年12月。

外部リンク編集