ジョージ6世戴冠記念観艦式

ジョージ6世戴冠記念観艦式(ジョージろくせいたいかんきねんかんかんしき)は、1936年退位した英国王エドワード8世に代わって新国王となったジョージ6世戴冠式を記念し、英国スピットヘッド沖で1937年5月20日に行われた国際観艦式。英国及び英連邦の艦艇145隻、および招待された外国艦艇18隻が参列した。

招待国編集

 
写真は本観艦式におけるドイツ装甲艦「アドミラル・グラーフ・シュペー」。後方の濃灰塗装の戦艦はイギリス戦艦「レゾリューション」、最奥の白系塗装のは巡洋戦艦「フッド

招待されたのはアルゼンチンキューバデンマークエストニアフィンランドフランスドイツギリシャ日本オランダポーランドポルトガルルーマニアスペインスウェーデントルコアメリカ合衆国ソビエト連邦の18カ国。中でもフランスは竣工したばかりの新鋭高速戦艦巡洋戦艦)「ダンケルク」を、ナチス・ドイツドイッチュラント級装甲艦(俗称ポケット戦艦)「アドミラル・グラーフ・シュペー」を、日本は条約型甲巡足柄」を、アメリカはロッドマン提督が座乗する戦艦ニューヨークを派遣した。日本は秩父宮雍仁親王昭和天皇の名代)と勢津子妃を派遣し、秩父宮はイギリス戦艦クイーン・エリザベス (HMS Queen Elizabeth, 00) に乗艦して観艦式に臨んだ。

なお、ホスト国イギリスの超弩級戦艦ネルソン級、オランダ海軍、ドイツ海軍、日本海軍、フランス海軍以外の参加艦は、第一次世界大戦前後に建造された旧式艦が多かった。また第一次世界大戦後に建造されたものでは、日本海軍(足柄)、ドイツ海軍(シュペー)、フランス海軍(ダンケルク)、オランダ海軍(ジャワ)、フィンランドの「イルマリネン」やポーランドの「バーザ」やスペインの「シスカル」などがあった。外国招待艦艇の中でも、足柄(1万トン級重巡)、シュペー(ポケット戦艦)、ジャワ(満載排水量約8,000トン)、ダンケルク(満載排水量約35,000トン最新鋭主力艦)や、近代化改修実施後のソ連戦艦マラートやアメリカ戦艦ニューヨークなど列強の精鋭艦をのぞけば、小規模な海軍しか保有していない国家が派遣できたのは、海防戦艦もしくは小型艦(駆逐艦通報艦)であった。すなわち新鋭巡洋艦を多数保有していたイタリア王国は、ジョージ6世戴冠記念観艦式にイタリア王立海軍の艦艇を1隻も派遣しなかったのである。

参加艦船編集

観閲船(御召船)編集

招待された外来艦編集

※国名ABC順。

関連項目編集

外部リンク編集