メインメニューを開く

アボット ジャパン株式会社(ABBOTT JAPAN CO., LTD.)は、日本のヘルスケアカンパニー、製薬会社。米国アボット・ラボラトリーズの日本法人。2003年平成15年)2月1日ダイナボット株式会社と北陸製薬株式会社が合併し設立された。ダイナボットは長く診断薬・機器事業が主力であり、医療用医薬品は大日本製薬(現 大日本住友製薬)から販売を行っていたが、北陸製薬との合併後は完全自社販売体制となり医療用医薬品を主力としていた。アボット・ラボラトリーズは2013年に研究開発型医療用医薬品事業(いわゆる新薬事業)を分離し、全世界的にアッヴィ(日本法人はアッヴィ合同会社)として分社した。新薬事業からの撤退により、今後アボット・ラボラトリーズの医薬品事業はエスタブリッシュ製品(長期収載品やブランド後発品)を軸に新興市場に注力することが表明されており[2]、他の事業と共に多角化されたヘルスケアカンパニーとして展開される。

アボット ジャパン株式会社
Abbott Japan Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-6303
東京都港区三田3-5-27
設立 2003年平成15年)2月1日
業種 医薬品
法人番号 6010401016712
事業内容 医療用医薬品、栄養剤、医療機器、診断薬、診断機器の製造開発および販売
代表者 代表取締役会長兼社長 坂本春喜
資本金 22億6千6百万円
売上高 718億1000万円(2018年12月31日時点)[1]
営業利益 58億3200万円(2018年12月31日時点)[1]
経常利益 59億9400万円(2018年12月31日時点)[1]
純利益 40億4300万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 209億8200万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 579億2400万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 約1,300名(2018年1月現在)
決算期 毎年12月31日(年1回)
主要株主 アボットラボラトリーズ(Abbott Laboratories) 100%
外部リンク http://www.abbott.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

  • 創業:1962年昭和37年)2月15日
  • 設立:2003年平成15年)2月1日
  • 代表取締役会長兼社長:天野 総太郎
  • コーポレートスローガン「A Promise for Life」、新:「LIFE. TO THE FULLEST.」

沿革編集

ダイナボット株式会社
北陸製薬株式会社
アボット ジャパン株式会社
  • 2003年平成15年) - アボット ジャパン株式会社設立
  • 2006年 3月 - ホスピーラ事業部を分社化(現 ホスピーラ・ジャパン)、大日本住友製薬との販売提携解消
  • 2006年 4月 - 医薬品の完全自社販売の開始
  • 2008年 5月 - 医薬品事業部本社を大阪から東京に移転
  • 2013年 - 研究開発型の医薬品部門をアッヴィ合同会社に分社。ヒュミラ、シナジス等の製品をアッヴィに承継(承継2013年4月)

主要商品編集

医薬品関連
  • エネーボ(経腸栄養剤)製造販売元はアボット
  • エンシュア・リキッド(経腸栄養剤) 製造販売元は明治
  • エンシュア・H(経腸栄養剤) 製造販売元は明治

以下は2015年よりマイランEPD合同会社へ販売移管。

診断薬・機器関連
  • プレシジョン(血糖測定機器)
  • ARCHITECT(イムノアッセイ)
  • AxSYM(イムノアッセイ)
  • セルダイン(血液分析装置)
  • Vysis(検査用試薬)
  • アキュジーン(PCR測定試薬)
  • i-STAT 1アナライザー(血液分析装置)
医療用食品
  • アバンド
  • プロシュア
  • グルセルナ
  • オキシーパ

所在地編集

  • EPD医薬品事業部本社、栄養剤事業部本社、診断薬・機器事業部本社、ダイアベティスケア事業部本社
〒108-6303 東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
  • 松戸事業所
〒270-2214 千葉県松戸市松飛台278
  • 勝山事業所(勝山工場)
〒911-8555 福井県勝山市猪野口37-1-1

脚注編集

外部リンク編集