アリエル

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

アリエル(Ariel, ヘブライ語:אֲרִיאֵל)は、ヘブライ語である。

「神のライオン」あるいは「神殿の炉」という意味である。アッカド語で冥府を意味する「Arallu」と関連する可能性もある。

「神のライオン」という意味では、『エズラ記』8:16に出る男の名、あるいは『サムエル記』下23:20、『歴代志』上11:25に登場するモアブ人の名が、その意味だとされる。

 また、「燔祭で使われる、全焼の供犠を行う炉」という意味では『エゼキエル書』43:15で出る(「炉壇」と訳される)他、『イザヤ書』で、エルサレムを指すこの語が、同書29:2で、住民はその地で全焼の犠牲として焼かれるという皮肉な使われ方をされる。

架空の事項編集

文学などフィクションにおける超自然的存在。

地名編集

人名編集

主にキリスト教圏で用いられる人名。

男性名
ミドルネーム
女性名 (Arielle と綴られる場合もある)

その他編集

フィクション編集

関連項目編集