ジョン・ミルトン

ジョン・ミルトンJohn Milton, 1608年12月9日 - 1674年11月8日から11月10日の間[1])は、イングランドイギリス)の詩人。共和派の運動家であり、オリバー・クロムウェルを支持した。

ジョン・ミルトン
John-milton.jpg
1692年頃のミルトンの肖像
誕生 (1608-12-09) 1608年12月9日
死没 1674年11月8日(1674-11-08)(65歳)
墓地 セント・ジャイルズ=ウィズアウト=クリップルゲート
職業 詩人
最終学歴 クライスツ・カレッジ
代表作 失楽園
子供 5人
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ジョン・ミルトン

代表作『失楽園』はダンテ神曲』やアリオスト狂えるオルランド』と並ぶルネサンス期の長編叙事詩の名作である。

生涯編集

作曲家のジョン・ミルトン(John Milton)と彼の妻のサラ・ジェフリーの息子として生まれた。1625年ケンブリッジ大学クライストカレッジに入学。同年チャールズ1世が即位。学生仲間の間での評判はあまりよくなかった。1629年、学士号取得。1632年修士号取得。

1634年、戯曲『コマス』(Comus) が上演される。1637年、『コマス』が出版される。母親死亡。1638年-1639年イタリアを周遊。1642年結婚。清教徒革命時に教会改革論や言論の自由を論じた『アレオパジティカ』 (Areopagitica)を発表 (1644年)。政府のラテン語秘書として共和制を弁護。1649年チャールズ1世が処刑される。1652年に過労で失明[2]王政復古後は詩作に没頭。

1658年、『失楽園』の制作に着手する。1674年没。

作品編集

編集

  • 1629: On the Morning of Christ's Nativity
  • 1630: On Shakespeare
  • 1631: On Arriving at the Age of Twenty-Three
  • 1632: L'Allegro
  • 1632: Il Penseroso
  • 1634: A Mask Presented at Ludlow Castle, 1634, commonly known as Comus (a masque)
  • 1637: Lycidas
  • 1645: Poems of Mr John Milton, Both English and Latin
  • 1652: When I Consider How My Light is Spent (Commonly referred to as "On his blindness", though Milton did not use this title)
  • 1655: On the Late Massacre in Piedmont
  • 1667: Paradise Lost
  • 1671: Paradise Regained
  • 1671: Samson Agonistes
  • 1673: Poems, &c, Upon Several Occasions
  • Arcades: a masque. (date is unknown).
  • On his Deceased wife, To The Nightingale, On reaching the Age of twenty four.

散文編集

  • Of Reformation (1641)
  • Of Prelatical Episcopacy (1641)
  • Animadversions (1641)
  • The Reason of Church-Government Urged against Prelaty (1642)
  • Apology for Smectymnuus (1642)
  • Doctrine and Discipline of Divorce (1643)
  • Judgement of Martin Bucer Concerning Divorce (1644)
  • Of Education (1644)
  • Areopagitica (1644)
  • Tetrachordon (1645)
  • Colasterion (1645)
  • The Tenure of Kings and Magistrates (1649)
  • Eikonoklastes (1649)
  • Defensio pro Populo Anglicano [First Defence] (1651)
  • Defensio Secunda [Second Defence] (1654)
  • A Treatise of Civil Power (1659)
  • The Likeliest Means to Remove Hirelings from the Church (1659)
  • The Ready and Easy Way to Establish a Free Commonwealth (1660)
  • Brief Notes Upon a Late Sermon (1660)
  • Accedence Commenced Grammar (1669)
  • The History of Britain (1670)
  • Artis logicae plenior institutio [Art of Logic] (1672)
  • Of True Religion (1673)
  • Epistolae Familiaries (1674)
  • Prolusiones (1674)
  • A brief History of Moscovia, and other less known Countries lying Eastward of Russia as far as Cathay, gathered from the writings of several Eye-witnesses (1682)
  • De Doctrina Christiana (1823)

パンフレット・政治的な文書など編集

  • 『言論・出版の自由』(または『アレオパジティカ』) 
  • 『自由共和国建設論』以上は原田純訳、岩波文庫にある。
  • 『イングランド国民のための第一弁護論および第二弁護論』
新井明・野呂有子訳、聖学院大学出版会
  • 『離婚の教理と規律』新井明ほか訳、未來社 他に訳が数冊

脚注編集

 
10歳頃のミルトン

関連項目編集

外部リンク編集