アリエル・ミランダ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はミランダ第二姓(母方の)はギルです。

アリエル・ミランダ・ギルAriel Miranda Gil, 1989年1月10日 - )は、キューバ共和国ハバナ州ハバナ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。CPBLでの登録名は「米蘭達」。KBOでの登録名は「미란다」。

アリエル・ミランダ
Ariel Miranda
斗山ベアーズ #57
SH-Ariel Miranda20190812.jpg
2019年8月12日
基本情報
国籍 ( キューバから亡命)
出身地 ハバナ州ハバナ
生年月日 (1989-01-10) 1989年1月10日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2016年7月3日
NPB / 2018年8月18日
CPBL / 2020年4月12日
KBO / 2021年4月7日
最終出場 MLB / 2018年4月17日
NPB / 2019年9月16日
CPBL / 2020年11月8日
年俸 $550,000(2021年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

キューバ時代編集

キューバの国内リーグであるセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルバケーロス・デ・ラ・アバナなど4球団で2007年から2013年までプレーした。

オリオールズ時代編集

亡命を経て2015年5月23日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[1]。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・オリオールズ、A+級フレデリック・キーズ、AA級ボウイ・ベイソックスでプレーし、3球団合計で14試合に先発登板して6勝3敗・防御率3.60・71奪三振の成績を残した。

2016年は開幕をAAA級ノーフォーク・タイズで迎えた。7月3日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。

マリナーズ時代編集

2016年7月31日にウェイド・マイリーとのトレードで、マリナーズへ移籍した[2]。移籍後は8月4日に昇格すると、先発ローテーション入りした。移籍後は11試合に登板し、うち10試合が先発登板。防御率3.54・5勝2敗・WHIP1.09という安定した成績を残した。なお、オリオールズでの1登板を加えると、防御率3.88・WHIP1.12という数字になる。

2017年は、8勝7敗の成績を残した。

2018年は、7月4日に1試合に登板したものの同日に自由契約となった[3]

ソフトバンク時代編集

2018年7月17日に福岡ソフトバンクホークスが獲得を発表。背番号は19[4]。8月18日に京セラドーム大阪で行われた対オリックス戦において、来日初登板を先発投手として迎え、5回2/3を投げ初勝利を飾る[5]。以降先発ローテーションの一角を担い、8試合に先発登板し、6勝1敗、防御率1.89の成績を挙げる。ポストシーズンのクライマックスシリーズにおいては、日本ハムとのファーストステージ第1戦と西武とのファイナルステージ第2戦に先発登板。広島東洋カープとの日本シリーズでは、第3戦に先発登板し勝利投手となり、チームの日本一連覇に貢献する。

2019年、3月30日に行われた対西武戦において、開幕先発ローテーション2番手として先発登板を迎え、シーズン初勝利を挙げる[6]。5月19日の日本ハム戦(鹿児島県立鴨池野球場)では先発で4回2失点で降板したが、試合が5回終了降雨コールドゲームになったため勝利投手となった。先発投手が5イニング未満で勝利投手となったのは2000年8月22日のオリックス・ブルーウェーブ戦で日本ハム関根裕之(4回1失点)が記録して以来19年ぶりパ・リーグ9人目の珍記録となった。この年は前年より防御率を悪化させたものの、登板機会を増やし、前年を上回る7勝を挙げたが、同年11月28日、翌年の契約を結ばないことが球団より発表された[7]

中信兄弟時代編集

2020年1月7日、CPBL中信兄弟との合意が発表された[8]

2020年は開幕投手を務め、5回1失点と試合を作るもミランダ自身に勝敗は付かなかった[9]。2登板目の統一ライオンズ戦で、7回を投げきり2失点で来台初勝利を飾った。5月24日の富邦ガーディアンズ戦で前の打席で本塁打を打たれた林益全に対して、故意死球を与え退場処分となった[10]。6月20日の楽天モンキーズ戦で自己ワーストの4被本塁打、9失点を喫し自身5連敗となった[11]。次の登板となった同月28日の富邦ガーディアンズでは7回3失点と好投し、約2か月ぶりに勝ち投手となった[12]。8月5日の統一ライオンズ戦でCPBL史上4人目、史上5度目となる1イニング3者3球三振を記録した[13]。最終的には1年間ローテーションを守り自身初となる2桁勝利を記録した[14]台湾シリーズでは9回1失点で完投勝利を果たすなど[15]1勝1敗、防御率2.87を記録した[16]。オフに球団側は残留交渉をするも難航し、自由契約となった[17]

斗山ベアーズ時代編集

2020年12月23日、韓国プロ野球斗山ベアーズと契約した[18]。入団契約金は150,000ドル、年俸は550,000ドルに決まった。

2021年は、9月1日に行われた対起亜タイガースダブルヘッダー1回戦で、9回二死までノーヒットノーランを続けていたが、朴燦灝に二塁打を許し記録達成はならなかった[19]。また10月24日に行われたLGツインズ戦で、崔東原1984年に樹立したシーズン奪三振数の韓国プロ野球記録(223)を37年ぶりに更新した[20]。同年は14勝を記録、最優秀防御率(2.33)、最多奪三振(225)の個人タイトルを獲得し、シーズンMVPを受賞した[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2007-2008 HAB 1 0 0 0 - 0 0 0 - ---- 3 0.1 1 0 2 0 0 0 0 0 2 1 27.00 9.00
2008-2009 9 0 0 0 - 1 0 0 - 1.000 36 7.0 14 0 4 0 1 7 1 0 9 8 10.29 2.57
2009-2010 2 0 0 0 - 0 1 0 - .000 11 2.0 4 1 2 0 0 0 0 0 3 3 13.50 3.00
2010-2011 15 12 0 0 - 4 3 0 - .571 221 49.2 51 5 26 1 0 22 1 0 35 28 5.07 1.55
2011-2012 MAY 20 19 2 1 - 4 11 0 - .267 518 121.2 120 9 48 7 1 77 12 1 56 46 3.40 1.38
2012-2013 MAY/IND 20 20 0 0 - 8 6 0 - .571 525 127.2 116 11 41 8 1 88 8 0 50 48 3.38 1.23
2013-2014 MAY/IJV 13 13 1 1 - 5 4 0 - .556 323 77.2 67 7 28 3 2 80 9 0 32 28 3.24 1.22
2016 BAL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 4 0 0 0 0 4 0 0 3 3 13.50 2.00
SEA 11 10 0 0 0 5 2 0 0 .714 221 56.0 43 12 18 0 0 40 2 0 25 22 3.54 1.09
'16計 12 10 0 0 0 5 2 0 0 .714 232 58.0 47 12 18 0 0 44 2 0 28 25 3.88 1.12
2017 31 29 1 0 0 8 7 0 0 .533 678 160.0 140 37 63 1 5 137 8 0 93 91 5.12 1.27
2018 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.0 6 0 4 0 0 5 0 0 1 1 1.80 2.00
ソフトバンク 8 8 0 0 0 6 1 0 0 .857 191 47.2 28 3 27 1 0 40 0 0 10 10 1.89 1.15
2019 18 18 0 0 0 7 5 0 0 .583 382 86.0 80 13 48 0 2 58 3 0 44 40 4.19 1.49
2020 兄弟 25 25 0 0 0 10 8 0 0 .556 672 156.1 149 14 60 1 5 170 11 1 75 66 3.80 1.34
2021 斗山 28 28 1 1 0 14 5 0 0 .737 709 173.2 135 11 63 0 1 225 7 1 49 45 2.33 1.14
CNS:7年 80 64 3 2 - 22 25 0 - .468 1637 386.0 373 33 151 19 5 274 31 1 187 162 3.78 1.36
MLB:3年 44 40 1 0 0 13 9 0 0 .591 934 223.0 193 49 85 1 5 186 10 0 122 117 4.72 1.25
NPB:2年 26 26 0 0 0 13 6 0 0 .684 573 133.2 108 16 75 1 2 98 3 0 54 50 3.37 1.37
CPBL:1年 25 25 0 0 0 10 8 0 0 .556 672 156.1 149 14 60 1 5 170 11 1 75 66 3.80 1.34
KBO:1年 28 28 1 1 0 14 5 0 0 .737 709 173.2 135 11 63 0 1 225 7 1 49 45 2.33 1.14
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手












2018 ソフトバンク 8 1 6 0 0 1.000
2019 18 3 13 4 0 .800
2020 兄弟 25 6 19 1 2 .962
NPB 26 4 19 4 0 .852
CPBL 25 6 19 1 2 .962
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

NPB
CPBL

背番号編集

  • 41(2016年 - 同年途中)
  • 37(2016年途中 - 2018年)
  • 19(2018年途中 - 2019年)
  • 28(2020年)
  • 57(2021年 - )

登場曲編集

  • 「Mala Mia」 Muluma(2018年 - 2019年)

脚注編集

  1. ^ Orioles agree to deal with Cuban pitcher Miranda”. Comcast SportsNet – CSNNE.com (2015年5月23日). 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ Mariners trade Miley to O's for prospect Miranda” (英語). MLB.com. 2020年4月24日閲覧。
  3. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年7月5日閲覧。
  4. ^ ソフトバンクの新外国人ミランダが入団会見 背番号は「19」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2018年7月17日). 2020年4月24日閲覧。
  5. ^ a b “ソフトバンクが2連勝、オリックス・ローチ初黒星”. 日刊スポーツ. (2018年8月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808180000238.html 2019年4月5日閲覧。 
  6. ^ ソフトバンク・ミランダ「難しかった」初勝利も反省”. 日刊スポーツ (2019年3月30日). 2018年4月5日閲覧。
  7. ^ “ソフトバンク、ミランダ&スアレスと来季契約を結ばず 今季7勝左腕が退団”. Full-Count. (2020年11月28日). https://full-count.jp/2019/11/28/post618351/ 2020年3月19日閲覧。 
  8. ^ 前ソフトバンク・ミランダが中信兄弟へ 台湾報道”. 日刊スポーツ (2020年1月7日). 2020年1月8日閲覧。
  9. ^ 台湾リーグが無観客で開幕 あの“元NPB助っ人”が開幕投手に” (日本語). BASEBALL KING. 2020年4月24日閲覧。
  10. ^ 自由體育. “中職》林益全開轟後被蓄意觸身? 米蘭達遭驅逐出場 - 自由體育”. sports.ltn.com.tw. 2020年5月24日閲覧。
  11. ^ 中職/米蘭達又被打爆 吞5連敗好慘” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年6月28日閲覧。
  12. ^ 【影】中職》米蘭達回穩送8K 兄弟4比3橫掃悍將” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年6月28日閲覧。
  13. ^ 中職/9球飆3K!米蘭達達成神紀錄” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年8月5日閲覧。
  14. ^ 聯合新聞網 (2020年10月18日). “中職/10位10勝投手 22年未見 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年10月18日閲覧。
  15. ^ 聯合新聞網 (2020年11月3日). “中職/米蘭達9局完投勝 丘總:感覺真的不一樣 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年11月3日閲覧。
  16. ^ 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL”. www.cpbl.com.tw. 2020年11月8日閲覧。
  17. ^ 聯合新聞網 (2020年12月23日). “中職/米蘭達轉韓職合約內容曝光 兄弟近期公布新人選 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年12月23日閲覧。
  18. ^ https://www.doosanbears.com/media/press/1/1464
  19. ^ 김경윤 (2021年9月1日). “'9회 2사까지 노히트' 두산 미란다, KBO 개인 첫 완봉 역투(종합)” (朝鮮語). 연합뉴스. 2021年9月1日閲覧。
  20. ^ 김경윤 (2021年10月24日). “[프로야구 24일 전적 종합'철완' 최동원 넘는데 37년 걸렸다, 미란다 최다탈삼진 신기록 세워…강백호 4안타 등 17안타 봇물 터트린 kt, 5연패 끊어…두산, 고우석에 잇달아 쓴잔 안기며 LG전 DH 1승1무로]” (朝鮮語). 마니아타임즈. 2021年10月24日閲覧。
  21. ^ プロ野球ことしのMVPに斗山のミランダ投手 奪三振記録を37年ぶり更新”. KBS WORLD (2021年11月30日). 2021年12月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集