アレクサンダー・ギブソン

アレクサンダー・ギブソン(Alexander Gibson CBE, 1926年2月11日 - 1995年1月14日)は、イギリス指揮者

アレクサンダー・ギブソン
生誕 (1926-02-11) 1926年2月11日
出身地 イギリスの旗 イギリス スコットランドノース・ラナークシャー
死没 (1995-01-14) 1995年1月14日(68歳没)
学歴 王立スコットランド音楽演劇学院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

経歴編集

スコットランドノース・ラナークシャー、マザウェルに生まれ、グラスゴー王立スコットランド音楽演劇学院に学ぶ。また、ヴォルフガング・サヴァリッシュヘルベルト・ブロムシュテットダニエル・バレンボイムらとともに、イーゴリ・マルケヴィチの指導も受けた[1]

1957年サドラーズ・ウェルズ・オペラの音楽監督となり、1959年より1984年までロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の首席指揮者・芸術監督、1981年から1983年までヒューストン交響楽団の首席客演指揮者を歴任する。1962年には自らスコティッシュ・オペラを創設し、音楽監督となる。1977年にはナイトを叙爵され、王立スコットランド音楽演劇学院の院長となる。

オペラの指揮者として著名だが、シベリウスニールセンなど北欧の作曲家の演奏も高い評価を受けている。

参考文献編集

  • ヘルベルト・ブロムシュテット『ヘルベルト・ブロムシュテット自伝 音楽こそわが天命』力武京子訳、樋口隆一日本語版監修、アルテスパブリッシング、2018年、ISBN 978-4-86559-192-7

脚注編集

  1. ^ ブロムシュテット (2018)、111頁。