サクセッション (テレビドラマ)

サクセッション』(Succession)はHBOで放送されているアメリカ合衆国の風刺コメディドラマシリーズである。シリーズは世界的なメディア企業帝国を経営するロイ家の家族の愛憎と争いを描く。

サクセッション
Succession
別名 キング・オブ・メディア
ジャンル
原案 Jesse Armstrong
出演者
作曲 Nicholas Britell
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 20(各話リスト)
各話の長さ 56–66 分
製作
製作総指揮
プロデューサー
  • Regina Heyman
  • Dara Schnapper
撮影地 ニュー・ヨーク
撮影監督 Andrij Parekh
編集 Mark Yoshikawa
製作
  • Gary Sanchez Productions
  • Project Zeus
放送
放送チャンネル HBO
映像形式 1080i (HDTV)
音声形式 5.1 surround
放送期間 2018年6月3日 (2018-06-03) - 現在
Official website
テンプレートを表示

概要編集

『サクセッション』は、世界的巨大メディア企業を経営するローガン・ロイとその4人の子供たちを描く。だが家長のローガン・ロイは老いて健康問題を抱える。家族はローガン引退後の将来を考え始める[6]。欲望と愛と愚かさを見せるロイ家の人々が戯画的に描かれる。

シリーズは2018年6月3日にHBOで放送開始された。2019年8月11日からはシーズン2が放送された[7]。2019年8月、シーズン3の製作が発表された[8]

日本ではシーズン1がスターチャンネルで『キング・オブ・メディア』として放送されたのち、Amazonビデオで『サクセッション』として2019年3月に配信開始された。シーズン2はスターチャンネルで2019年11月15日より放送されている。

登場人物編集

メイン編集

  • ローガン・ロイ : ブライアン・コックス : 世界的巨大メディア企業ウェイスター・ロイコの創設者、スコットランド出身
  • マーシー(マーシャ)・ロイ : ヒアム・アッバス : ローガンの3番目の現妻、レバノン出身
  • コナー・ロイ : アラン・ラック : ローガンの最初の妻から生まれた長男で会社とは距離を置き、ニューメキシコで農場を経営する
  • ケンダル・ロイ : ジェレミー・ストロング : ローガンの2番目の妻から生まれた次男で経営陣の一人、コカイン中毒歴あり
  • ローマン・ロイ : キーラン・カルキン : ローガンの2番目の妻から生まれた三男でかつて会社の映画部門を担当
  • シヴ(シヴォーン)・ロイ : サラ・スヌーク : ローガンの2番目の妻から生まれた末娘で政治コンサルタント
  • グレッグ・ハーシュ : Nicholas Braun : ローガンの不仲の兄弟ユーアンの孫
  • ラヴァ・ロイ : Natalie Gold : ケンダルの前妻
  • トム・ワムスガング : マシュー・マクファディン : シヴの婚約者でロイコ社社員
  • アレッサンドロ・ダニエルス : Parker Sawyers : ウェイスター・ロイコの重役
  • フランク・ヴァーモン : Peter Friedman : ウェイスター・ロイコのCOO
  • ローレンス・イー : Rob Yang : ヴォルター社の創設者で後にウェイスター・ロイコの重役
  • ジェリー・キルマン : J. Smith-Cameron : ウェイスター・ロイコの顧問 (S2からメイン)
  • カロリーナ : ダグマーラ・ドミンスク : ウェイスター・ロイコの広報部長で法務部員 (S2からメイン)
  • スチューイ・ホセイニ : 金融業者でケンダルの友人、後にウェイスター・ロイコの重役 (S2からメイン)

リカーリング編集

  • アミール : Darius Homayoun : マーシーの連れ子
  • ソフィー・ロイ : Swayam Bhatia : ケンダルの娘
  • アイヴァーソン・ロイ : Quentin Morales : ケンダルの息子
  • キャロライン・コリングウッド : Harriet Walter : ローガンの二番目の妻でケンダル、シヴ、ローマンの母
  • ユーアン・ロイ : ジェームズ・クロムウェル : ローガンの不仲な兄でグレッグの祖父
  • マリアン : Mary Birdsong : ユーアンの娘、ローガンの姪、グレッグの母
  • ウィラ : ジャスティン・ルーペ英語版 : コナー・ロイの劇作家を目指すガールフレンド
  • ワムスガング氏 : Jack Gilpin : トムの父親
  • ワムスガング夫人 : Kristin Griffith : トムの母親で弁護士
  • コリン : Scott Nicholson : ローガンの側近
  • カール : デヴィッド・ラッシュ : ウェイスター・ロイコの法務部員
  • エヴァ : ジュディ・レイエス : ウェイスター・ロイコの法務部員で傘下のATNニュースネットワークの幹部
  • シド・ピーチ : ジーニー・バーリン : ATNのニュース部門長
  • ヒューゴー・ベイカー : フィッシャー・スティーヴンス : ロイコ社の広報担当重役
  • ビル : Mark Blum : 引退するテーマパーク部門長
  • ジェス・ジョーダン : Juliana Canfield : ケンダルのアシスタント
  • ジーン : Peggy J. Scott : ローガンの秘書
  • レアード : ダニー・ヒューストン : PGM買収を助ける金融専門家 (S2)
  • ネイト・ソフレイリ : Ashley Zukerman : 政治コンサルタントでシヴの元恋人
  • ギル・イーヴィス : エリック・ボゴシアン : ネイトが推し、後にシヴも推す大統領候補
  • ジョイス・ミラー : Eisa Davis : シヴが推していた、前ニューヨーク州司法長官で現上院議員
  • グレース : Molly Griggs : ローマンのガールフレンド、ローマンの製作した映画を巡って別れる
  • タビサ : ケイトリン・フィッツジェラルド : ローマンのガールフレンドで、バチェラー・パーティーでトムに奉仕する女性
  • サンディ・ファーネス : ラリー・パイン : ウェイスター・ロイコのライバル企業の経営者
  • タツヤ : Jake Choi : ローレンスの仲間
  • レア・ジャレル : ホリー・ハンター : PGMの重役 (S2)
  • ナン・ピアース : チェリー・ジョーンズ : PGMを所有するピアース家の女家長 (S2)
  • ナオミ・ピアース : Annabelle Dexter-Jones : ナンの従妹 (S2)

ゲスト編集

  • ビル : Mark Blum : ウェイスター・ロイコのパーク部門長
  • アンナ・ニューマン : Annika Boras : ウェイスター・ロイコ傘下のATNニュースネットワークのパーソナリティ
  • ポール・チェンバース : デヴィッド・パトリック・ケリー : ウェイスター・ロイコの取締役
  • アロン・パーフィット : グリフィン・ダン : セラピスト

あらすじ編集

シーズン1のあらすじ編集

ローガン・ロイは巨大メディア企業ウェイスター・ロイコのCEOである。長男のコナーは経営に関心を持たず農場を経営し、次男のケンダルは後継者と目され、三男のローマンは映画部門を任され、末娘のシヴは政治家のスタッフであり、社員のトムと結婚を控える。ローガンは老いて突然倒れ、ケンダルがCEO代理となる。会社の株価は急落し、株を担保に融資した銀行は返済を迫り、ケンダルは未公開株と引き換えに友人のスチューイから融資を受ける。

ローガンは回復して経営に復帰し、時代錯誤と思われる地方テレビ局の買収を進める。ケンダルは父親の不信任を謀るがローマンに裏切られて失敗し会社から追放され、麻薬に溺れ始める。シヴは父と敵対する大統領候補を支援する。ケンダルはスチューイと結んだ父のライバルのサンディと組んで会社の敵対的買収を進め、トムとシヴの結婚式の当日に通知する。だがケンダルは交通事故で同乗者を殺してしまい、父に知られてしまう。

シーズン2のあらすじ編集

ケンダルは経営陣に戻り、自ら買収したヴォルター社を父の命令で閉鎖する。シヴは、後継者にすると言う父の約束を信じて政治コンサルタントを辞めてロイコ社に入るが、なかなか公表されないことにいら立つ。コナーは愚かな大統領選挙キャンペーンを続ける。サンディとステューイによる乗っ取りとの戦いは続き、ローガンは定評のあるニュース社PGMを買収して会社を巨大化することで乗り切ろうとする。PGM社を所有するピアース家に近づくが、隠蔽してきたクルーズ部門のハラスメント・スキャンダルが表に出て買収は頓挫する。

ローガンは買収交渉で親密になったPGM社のレア・ジャレッドを後継者に迎えようとするが、スキャンダルの対応を巡ってレアは去る。公聴会を何とか乗り切るも、不利な情勢の株主総会を控えて、ローガンはスキャンダル隠蔽の責任をケンダルに負わせようとする。だがケンダルは記者会見で父親を告発し、グレッグが隠し持っていた隠蔽の証拠を提示する。

エピソード編集

シーズン話数放送期間
初回放送最終回放送
1102018年6月3日 (2018-06-03)2018年8月5日 (2018-8-5)
2102019年8月11日 (2019-08-11)2019年10月13日 (2019-10-13)

シーズン1のエピソード編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S.視聴者数
(百万人)
11"セレブレーション"
"Celebration"
アダム・マッケイJesse Armstrong2018年6月3日 (2018-06-03)0.582[9]
ウェイスター・ロイコの創設者であり、老いて健康問題を抱えるCEOのローガン・ロイは誕生日を迎え、4人の子供たちと3番目の妻、そして不仲の兄弟ユーアンの孫で仕事をもらいに来たグレッグが祝う。ウェイスター・ロイコを経営する次男のケンダルは権限委譲を期待していたが、ケンダルに失望したローガンはCEO職に留まる。家族信託に3番目の妻マーシーを加え、さらに自分の死後の権利はマーシーに相続させると言う。COOのフランクを左遷して3男のローマンに代え、娘のシヴを重役にしようとする。長男のコナーは経営にも相続にも関心を持たない。ケンダルが破格の条件でヴォルター社を買収する最中、ローガンは倒れる。
22"糞会社のひどい有様"
"Shit Show at the Fuck Factory"
マーク・マイロッドTony Roche2018年6月10日 (2018-06-10)0.491[10]
ローガンは入院して意識不明となり、脳出血と診断される。子供たちは、ローガンが家族信託や経営陣の変更を言い出したことについてもめる。経営陣は株式市場が開く前に、フランクを会長としケンダルをCEOにしようとするが、フランクは辞退し他の子供たちは拒否する。ヴォルター社はロイ家とウェイスター・ロイコの内紛を記事にする。グレッグはローガンが倒れる前に仕事をくれたことの確認を焦る。家族はケンダルをCEO、ローマンをCOOにすることでまとまるが、ケンダルは社に株を担保にした30億ドルの負債があることを知らされる。
333"救命ボート"
"Lifeboats"
マーク・マイロッドJonathan Glatzer2018年6月17日 (2018-06-17)0.605[11]
ローガンは意識を回復するが、マーシーは子供たちに会わせようとしない。ケンダルはCEO代行となり、ローマンはCOOとなる。ヴォルター社の創設者のローレンスは買収の条件として重役になる。ウェイスター・ロイコの株価は急落し、契約上負債を返済しなければならない限度を下回る。ケンダルは友人のスチューイに未公開株を譲渡し重役とすることで返済資金を工面する。シヴの婚約者のトムはテーマパーク部門の長となり、グレッグを雇う。ケンダルは別れた妻のラヴァとよりを戻そうとする。スチューイはウェイスター・ロイコのライバル社の経営者であるサンディと会う。
44"悲しい解雇、ワスプの罠"
"Sad Sack Wasp Trap"
アダム・アーキンAnna Jordan2018年6月24日 (2018-06-24)0.543[12]
回復し始めたローガンは、ケンダルが未公開株をスチューイに売却したことを気に入らない。ローガンはフランクを連れて経営に介入し、ケンダルとローマンは地位を奪われることを心配する。トムは何かにつけてグレッグをもてあそぶ。毎年恒例のロイ家によるチャリティ晩餐会が開かれ、ケンダルが自分の引退をスピーチのジョークにするつもりだったことを知ったローガンは、自らスピーチを行い復帰を宣言する。シヴが支援する上院議員の夫のスキャンダルが騒ぎになる。
55"私は株式市場に行った"
"I Went to Market"
アダム・アーキンGeorgia Pritchett2018年7月1日 (2018-07-01)0.583[13]
CEO職に返り咲いたローガンは息子たちの反対を押し切って地方テレビ局を買収しようとする。しばしばボケの症状を見せるローガンに対し、ケンダルはフランクを取り込んで不信任投票の準備をする。ローマンも不信任に賛成するが、コナーとシヴは投票を知らされない。グレッグはローガンとは不仲な祖父のユーアンをロイ家の感謝祭ディナーにカナダから連れてくる。トムはグレッグを会社にやって機密書類を廃棄させる。シヴとトムは婚前契約をまとめようとする。ユーアンはローガンと衝突して帰る。ケンダルはユーアンに不信任への賛成を求める。ケンダルとローマンは、マーシーの連れ子のアミールが自分たちに相談なしでアニメ担当の部門長になったことを知らされる。ジェリーも不信任に賛成する。
66"どっちの味方なの?"
"Which Side Are You On?"
Andrij ParekhSusan Soon He Stanton2018年7月8日 (2018-07-08)0.673[14]
ケンダルとローマンは不信任投票で多数派工作を進め、ローマンはローレンスを説得する。ローガンは地方テレビ局の買収への支持を求めて大統領に面会しようとするがキャンセルされる。トムはグレッグを金持ちの生活に触れさせる。シヴは昔の恋人のネイトに会う。投票前夜、ケンダルは父との夕食に招かれて迷いを見せる。テロの警戒のためにケンダルは役員会に遅刻し、電話で不信任投票を求めるも、スチューイとローレンスは棄権し、ユーアンは反対し、ローマンも父親の圧力に屈して反対して否決され、ケンダル側の役員は全員解雇される。
77"オーステルリッツ"
"Austerlitz"
Miguel ArtetaLucy Prebble2018年7月15日 (2018-07-15)0.626[15]
ケンダルはローガンを訴え、家族の不和の評判は株価に悪影響を与える。事態の打開のため、家族はニューメキシコのコナーの農場オーステルリッツに集まってセラピーを受ける。シヴはネイトが支援し、父親を攻撃する大統領候補ギル・イーヴィスに会って彼の選挙チーム入りを決断する。ケンダルもドラッグを楽しんだのち、遅れて家族に合流し口論が始まる。コナーはウィラに農場に住むことを求めるが、ウィラは都会を懐かしむ。
88"プラハ"
"Prague"
S. J. ClarksonJon Brown2018年7月22日 (2018-07-22)0.637[16]
トムのバチェラー・パーティーが開かれ、ローガンはケンダルを見守るようグレッグに頼む。スチューイはサンディと組んでいることをケンダルに明かし、サンディはケンダルの株の買い取りを申し出る。ケンダルは自分の悪評に傷ついて再びドラッグに溺れ始め、サンディの仲間になって父と戦おうとする。ローマンはサンディからTV局を買収しようとする。ギルとローガンは非難の応酬を始め、シヴは困惑してネイトとの関係を深める。
99"結婚前夜"
"Pre-Nuptial"
マーク・マイロッドJesse Armstrong2018年7月29日 (2018-07-29)0.558[17]
トムとシヴの結婚式のため、一家や友人たちはイギリスの城に集まり、シヴの母親のキャロラインも参加する。ケンダルとスチューイは密かにウェイスター・ロイコの敵対的買収を進める。ギルの攻撃に怒ったローガンは遅れて参加する。シヴは父の会社のスキャンダルをつかみ、ギルへの攻撃を止めるようジェリーを脅す。結婚前夜、サンディは敵対的買収を加速する。
1010"誰も決して失われない"
"Nobody Is Ever Missing"
マーク・マイロッドJesse Armstrong2018年8月5日 (2018-08-05)0.730[18]
結婚式当日、ケンダルは敵対的買収を父に通知するが、ドラッグに頼り始める。ローマンが担当する衛星の打ち上げは失敗する。シヴはネイトとの浮気をトムに告白する。ギルと話したコナーは大統領になりたいと言い始める。ケンダルは交通事故を起こして同乗者を死亡させ、現場から逃亡して城に戻る。ローガンはケンダルの関与を知り、サンディと袂を分かつようケンダルに言う。

シーズン2のエピソード編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日 [19]U.S.視聴者数
(百万人)
111"夏の宮殿"
"The Summer Palace"
マーク・マイロッドJesse Armstrong2019年8月11日 (2019-08-11)0.612[20]
アイスランドで療養していたケンダルは急に呼び出されてTVカメラの前で敵対的買収から寝返った顛末を語らされ、ニューヨークに呼び戻される。ローガンは市場環境が変化する前に事業を売却するよう専門家の助言を受ける。シヴとトムは新婚旅行を中止し、煙突の中の動物の死骸のために悪臭の立ち込める豪邸にロイ家が集まる。ドラッグと縁を切れないケンダルは、交通事故が適切にもみ消されているとカールから聞く。ローガンは子供たちと一人ずつ対話して意見を聞く。密かにシヴに後継者の座を提示し、会社を売却しないことを宣言してケンダルを会社に戻す。ローガンの意を受けたケンダルはサンディとスチューイに会って宣戦布告する。
122"裏工作"
"Vaulter"
Andrij ParekhJon Brown2019年8月18日 (2019-08-18)0.603[21]
スチューイはTV番組でロイ家を攻撃する。ケンダルとローマンは共同COOとなり、ローガンにヴォルター社の経営状態の調査を命じられる。ケンダルは自ら買収を主導した同社の明るい未来を訴えるが、ローマンは閉鎖を主張する。ローガンの命令で、ケンダルはヴォルター社を閉鎖する。トムはATNの経営を任され、デジタル化により人員整理が可能であると言うグレッグの話を受け売りする。コナーはニューヨークに移り、大統領を目指す。グレッグはケンダルのためにドラッグを手に入れ、見返りに豪華な住居を提供される。シヴは後継者の座を約束されたことをトムに打ち明け、ギルからの首席補佐官の提示を断って彼のもとを去る。自分が後継者となることを期待していたローマンとトムはそれぞれ失望する。
133"狩り"
"Hunting"
Andrij ParekhTony Roche2019年8月25日 (2019-08-25)0.607[22]
グレッグはローガンの伝記の著者のインタビューを受ける。医師はローガンの健康を心配する。ローガンはニュースメディアのPGM社を買収して会社を巨大化し、サンディらに買収されにくくしようとする。重役達とシヴは疑問視するが、ケンダルは支持する。ローガンはPGMを所有するピアース家の知己であるフランクを会社に呼び戻す。大統領予備選に出馬しようとするコナーは過激な税制改革を訴えるビデオを準備し、ローガンはシヴを使ってやめさせようとする。ローガンは伝記の著者が内部の人間と話したことを気に入らず、グレッグは脅える。ロイコの重役たちはハンガリーでの狩猟旅行に出かける。PGM買収の話が漏れ、ローガンは内通を疑って重役たちを詰問し愚かなゲームを強いる。
144"避難室"
"Safe Room"
Robert Pulcini & Shari Springer BermanGeorgia Pritchett2019年9月1日 (2019-09-01)0.577[23]
ローマンは6週間の社内マネージメント・トレーニングに出席して退屈する。シヴはロイコ社内で経営陣を観察し、ケンダルの万引き癖をジェリーから聞く。コナーとウィラは元重役モーの葬儀に出る。ロイとケンダルは、密かにPGMの重役レア・ジャレルを会社に招く。ATNのキャスターがファシストであると疑われて抗議運動が行われる中、社内で銃声が聞こえる。ローガン、シヴ、レア、そしてケンダルは重役用セーフルームに隠れ、買収の交渉をする。トムとグレッグは別のセーフルームに隠れ、グレッグは自分の仕事の困惑を語りトムを激怒させる。銃声は社員の自殺であるとわかる。シヴはケンダルと父親の間に何かがあることを嗅ぎつける。
155"アジサシ保護区"
"Tern Haven"
マーク・マイロッドWill Tracy2019年9月8日 (2019-09-08)0.507[24]
ロイ家はPGMを所有する、ナン率いるピアース家と顔合わせをする。シヴは自分が会社の後継であるとほのめかす。ケンダルはナオミとドラッグを楽しむ。ピアース家はシヴを後継者として発表することを買収受諾の条件とするが、ローガンは拒否する。だが結局ピアース家は買収を受諾する。
166"ヒンデンブルク号"
"Argestes"
Matt ShakmanSusan Soon He Stanton2019年9月15日 (2019-09-15)0.610[25]
PGM買収が最終局面にある中、ロイ家とロイコ社の重役はビジネスマンたちの集まりに参加する。死去したばかりのモーが関わったクルーズ部門のスキャンダルが漏れそうになり、ローガンとケンダルは買収決定を急ぐ。グレッグは処分を命じられたスキャンダルに関する書類を隠したことをトムに白状する。ロイコ社はレアを取り込んでナンを急かすが、スキャンダルがネットに流れる。シヴは急遽ケンダルとローマンに加わってパネルに出る。体調を崩していたローガンは癇癪を起こしてローマンを殴る。ナンはレアを解雇して買収提案を蹴る。
177"3パーセント"
"Return"
Becky MartinJonathan Glatzer2019年9月22日 (2019-09-22)0.508[26]
PGM買収が失敗し、ロイコ社は株主総会での逆風に備える。ローガン、ケンダル、ローマンは大株主である前妻キャロラインを味方につけるためにイギリスに向かい、レアも同行する。ナンの従妹のナオミ・ピアース、シヴもイギリスに来る。シヴはレアと語って自分を後継者と明言しない父親への懸念を漏らし、ローガンの意を受けたレアはPGMの経営者の職をシヴに勧める。ローガンはケンダルを連れて、事故死した同乗者の家族を訪ね、ケンダルは罪悪感に苦しむ。ローガンはPGMの経営者の職を求めているとシヴを責める。トムは自身が長となったクルーズ部門のスキャンダルの内部調査を受け、グレッグが処分せず隠していた書類を燃やす。
188"バラのつぼみ"
"Dundee"
Kevin BrayMary Laws2019年9月29日 (2019-09-29)0.579[27]
ローガンは会社創立50周年を記念して生まれ故郷のダンディーに学校を寄付し、ロイ家と重役たちははスコットランドに集まる。ロイ家の人々は、ローガンに接近し式典を取り仕切るレアを警戒する。ケンダルはウィラの製作する舞台の主演女優のジェニファーをスコットランドに呼び寄せてコナーを困らせる。ユーアンは辞職しないと自分の財産の相続人から外すとグレッグを脅す。式典の陰では、重役たちが株主総会での多数派工作に苦心する。ローマンは父親を喜ばせようと、ローガンの応援するサッカーチームのライバルチームを買収してしまう。ローガンはレアを次期CEOとして発表する。
199"ロイ都へ行く"
"DC"
マーク・マイロッドJesse Armstrong2019年10月6日 (2019-10-06)0.705[28]
クルーズ部門の元従業員が隠蔽されたスキャンダルを公表し、ワシントンDCで議会の公聴会が開かれる。公聴会で、イーヴィスは証拠隠滅の件でトムを問い詰めるが、ケンダルは反撃する。ローガンはレアとシヴにモーの被害者の女性に会うよう求める。レアは拒否してロイコ社を去るが、シヴは被害者を説得して証言をやめさせる。上場廃止のためにトルコ人から巨額の資金を調達するようローガンに命じられたローマンは、カールとレアードとともに思わぬ危険に曝される。
2010"血の生け贄"
"This Is Not for Tears"
マーク・マイロッドJesse Armstrong2019年10月13日 (2019-10-13)0.660[29]
公聴会を乗り切り、株主総会を控えたロイ家と重役たちは地中海のクルーズに出かける。ウィラの舞台は酷評される。ローガンは、スキャンダル隠蔽の責任をかぶるよう助言を受ける。レアードはトルコからの投資による上場廃止を勧めるが、ローマンとカールが反対してローガンも同調する。コナーは父に大統領選の資金供出を求めるが断られる。ローガンはスキャンダル隠蔽の罪を誰かが被らないとならないと言い、一同はざわめく。ケンダルが伴ったナオミを追い返す。ケンダルとともにスチューイを訪ねて和解案を提示するが拒否される。シヴはトムを犠牲にしないよう父に頼む。ローガンはケンダルを犠牲に選ぶが、ケンダルは記者会見で父親を告発し、グレッグがまだ隠し持っていた証拠を提示する。

受賞編集

第71回プライムタイム・エミー賞では脚本賞ドラマシリーズ部門を受賞した。

第77回ゴールデングローブ賞では作品賞および主演男優賞(いずれもテレビシリーズ部門)を受賞した。

第72回プライムタイム・エミー賞では、作品賞ドラマシリーズ部門、主演男優賞ドラマシリーズ部門(ジェレミー・ストロング)、監督賞ドラマシリーズ部門、脚本賞ドラマシリーズ部門、ゲスト女優賞ドラマシリーズ部門、キャスティング賞ドラマシリーズ部門、編集賞ドラマシリーズ部門を受賞した。

出典編集

  1. ^ Mumford, Gwilym (2018年12月14日). “The 50 best TV shows of 2018: No 5 – Succession”. The Guardian. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ Sandberg, Bryn Elise (2018年8月5日). “'Succession' Showrunner Talks HBO Show's "Dramatic" Finale, Season 2 Plans”. The Hollywood Reporter. 2019年2月7日閲覧。
  3. ^ Fienberg, Daniel (2018年5月29日). “'Succession': TV Review”. The Hollywood Reporter. 2019年2月7日閲覧。
  4. ^ Miller, Julie (2018年6月3日). “HBO's Succession Holds a Mirror Up to the Trumps, Kushners, and Murdochs”. Vanity Fair. 2019年2月7日閲覧。
  5. ^ Colburn, Randall (2018年8月5日). “Succession caps off an incredible first season with a wedding, a death, and no shortage of power plays”. The A.V. Club. 2019年2月7日閲覧。
  6. ^ New Drama Series "Succession" Debuts This June on HBO”. TVOvermind (2018年1月12日). 2018年3月10日閲覧。
  7. ^ Collis, Clark (2019年5月23日). “'Succession': Exclusive Season 2 preview and premiere date”. Entertainment Weekly. 2019年6月9日閲覧。
  8. ^ Petski, Denise (2019年8月20日). “'Succession' Renewed For Season 3 By HBO”. Deadline Hollywood. 2019年8月20日閲覧。
  9. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月5日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 6.3.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月5日閲覧。
  10. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月12日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 6.10.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月12日閲覧。
  11. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月19日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 6.17.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月19日閲覧。
  12. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月26日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 6.24.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月26日閲覧。
  13. ^ Metcalf, Mitch (2018年7月3日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 7.1.2018”. Showbuzz Daily. 2018年7月3日閲覧。
  14. ^ Metcalf, Mitch (2018年7月10日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 7.8.2018”. Showbuzz Daily. 2018年7月10日閲覧。
  15. ^ Metcalf, Mitch (2018年7月17日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 7.15.2018”. Showbuzz Daily. 2018年7月17日閲覧。
  16. ^ Metcalf, Mitch (2018年7月24日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 7.22.2018”. Showbuzz Daily. 2018年7月24日閲覧。
  17. ^ Metcalf, Mitch (2018年7月31日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 7.29.2018”. Showbuzz Daily. 2018年7月31日閲覧。
  18. ^ Metcalf, Mitch (2018年8月7日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 8.5.2018”. Showbuzz Daily. 2018年8月7日閲覧。
  19. ^ Succession (HBO)”. The Futon Critic英語版. 2019年7月27日閲覧。
  20. ^ Metcalf, Mitch (2019年8月13日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 8.11.2019”. Showbuzz Daily. 2019年8月13日閲覧。
  21. ^ Metcalf, Mitch (2019年8月20日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 8.18.2019”. Showbuzz Daily. 2019年8月20日閲覧。
  22. ^ Metcalf, Mitch (2019年8月27日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 8.25.2019”. Showbuzz Daily. 2019年8月27日閲覧。
  23. ^ Metcalf, Mitch (2019年9月4日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 9.1.2019”. Showbuzz Daily. 2019年9月4日閲覧。
  24. ^ Metcalf, Mitch (2019年9月10日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 9.8.2019”. Showbuzz Daily. 2019年9月10日閲覧。
  25. ^ Metcalf, Mitch (2019年9月17日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 9.15.2019”. Showbuzz Daily. 2019年9月17日閲覧。
  26. ^ Metcalf, Mitch (2019年9月24日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 9.22.2019”. Showbuzz Daily. 2019年9月24日閲覧。
  27. ^ Metcalf, Mitch (2019年10月1日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 9.29.2019”. Showbuzz Daily. 2019年10月1日閲覧。
  28. ^ Metcalf, Mitch (2019年10月8日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 10.6.2019”. Showbuzz Daily. 2019年10月8日閲覧。
  29. ^ Metcalf, Mitch (2019年10月15日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Sunday Cable Originals & Network Finals: 10.13.2019”. Showbuzz Daily. 2019年10月15日閲覧。

外部リンク編集