メインメニューを開く

ハーフネルソン』(Half Nelson)は、ライアン・フレック英語版監督・脚本、アンナ・ボーデン英語版共同脚本による2006年のアメリカ合衆国のドラマ映画英語版である。出演はライアン・ゴズリングシャリーカ・エップス英語版アンソニー・マッキーらである。音楽はジュノー賞を受賞したカナダのバンドのブロークン・ソーシャル・シーンが手掛けた。ゴズリングは本作によりアカデミー主演男優賞にノミネートされた。

ハーフネルソン
Half Nelson
監督 ライアン・フレック英語版
脚本
製作
製作総指揮
  • チャーリー・コーウィン
  • ダグ・ダイ
  • スコット・ロンドン
  • クララ・マルコヴィッチ
  • ポール・メゼイ
出演者
音楽 ブロークン・ソーシャル・シーン
撮影 アンドリー・パレーク英語版
編集 アンナ・ボーデン
配給 アメリカ合衆国の旗 シンクフィルム
日本の旗 彩プロ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年1月23日 (サンダンス英語版
アメリカ合衆国の旗 2006年8月11日
日本の旗 2017年6月17日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $700,000[1]
興行収入 $4,900,000[1]
テンプレートを表示

ボーデンとフレックが2004年に製作した19分の短編映画『Gowanus, Brooklyn』を原作としており[2]インナーシティ中学校教師が麻薬常習者であることを生徒の1人に知られた後に友情が芽生える模様が描かれる。2006年サンダンス映画祭英語版でプレミア上映された後、2006年8月11日より北米で封切られた。日本では北米公開から11年後となる2017年6月17日に初上映された[3]

目次

プロット編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

公開編集

興行収入編集

北米では2006年8月11日に2館で封切られ、公開初週末に5万3983ドルを売り上げた[4]。北米では累計で269万7938ドル、全世界で466万481ドルを売り上げている[1]。製作費は70万ドルである[1]

批評家の反応編集

『ハーフネルソン』は批評家から高い支持を得た。Rotten Tomatoesでは130件の批評家レビューで支持率は90%、平均点は7.8/10となった。サイトの批評コンセンサスでは「『ハーフネルソン』にはライアン・ゴズリングとシャリーカ・エップスの強力な演技がある。岐路に立つ孤独な人々の賢明で控えめな肖像だ」とまとめられた[5]Metacriticでは31件の批評家レビューで加重平均値が85/100となった[6]

テレビ番組『Ebert & Roeper』では リチャード・ローパーとゲスト批評家のケヴィン・スミスが『ハーフネルソン』に「2ビッグ・サムズアップ」を与えた。スミスは過去10年間に鑑賞したベスト映画10本のうち1本に入ると述べた[7]。『シカゴ・サンタイムズ』編集者のジム・エマーソンは4ツ星満点を与え、傑作であると評した[8]

音楽編集

Half Nelson: Original Motion Picture Soundtrack
複数のアーティストSoundtrack
リリース
録音 2006年
ジャンル インディー・ポップ
インディー・ロック
時間
レーベル レイクショア・レコーズ英語版
プロデュース マーク・ロンソン
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic     [9]

Half Nelson: Original Motion Picture Soundtrack』がアメリカ合衆国とカナダで2016年8月8日にレイクショア・レコーズ英語版より発売された。カナダのバンドのブロークン・ソーシャル・シーンが映画音楽を手がけており、サウンドトラックにも収録された[9]

トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲パフォーマー時間
1.「Stars & Sons」  ブロークン・ソーシャル・シーン
2.「Evacuation」  The Somnambulants
3.「Wanted」  ライムフェスト英語版/サマンサ・ロンソン
4.「Black Hearts」  Remy Balon
5.「A New England」  ビリー・ブラッグ英語版
6.「The Corner」  サイゴン
7.「Shampoo Suicide」  ブロークン・ソーシャル・シーン
8.「Na Ni Na」  Conjunto Céspedes
9.「Just Begun」  Baby Blak/King Honey
10.「Sometimes」  Dujeous?
11.「It's Alright to Cry」  ロージー・グライアー英語版
12.「Can't You See」  ザ・マーシャル・タッカー・バンド英語版
13.「Da Da Dada」  ブロークン・ソーシャル・シーン
合計時間:

受賞とノミネート編集

部門 候補 結果
アカデミー賞 主演男優賞 ライアン・ゴズリング ノミネート
ブラック・リール賞英語版 ブレイクスルー演技賞 シャリーカ・エップス英語版 ノミネート
ボストン映画批評家協会賞 新人映画作家賞 ライアン・フレック 受賞
助演女優賞 シャリーカ・エップス 受賞
放送映画批評家協会賞 主演男優賞 ライアン・ゴズリング ノミネート
若手女優賞 シャリーカ・エップス ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 主演男優賞 ライアン・ゴズリング ノミネート
有望女優賞 シャリーカ・エップス ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 ラッセル・スミス賞 ライアン・フレック英語版 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 第一回作品賞 ライアン・フレック 受賞
ゴッサム賞 作品賞 ライアン・フレック、ジェイミー・パトリコフ英語版、アレックス・オルロフスキー、リネット・ハウエル、アンナ・ボーデン英語版、ローザンヌ・コーレンバーグ 受賞
ブレイクスルー監督賞 ライアン・フレック 受賞
ブレイクスルー俳優賞 シャリーカ・エップス 受賞
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 ジェイミー・パトリコフ、アレックス・オルロフスキー、リネット・ハウエル、アンナ・ボーデン、ローザンヌ・コーレンバーグ ノミネート
主演男優賞 ライアン・ゴズリング 受賞
主演女優賞 シャリーカ・エップス 受賞
監督賞 ライアン・フレック ノミネート
第一回脚本賞 アンナ・ボーデン、ライアン・フレック ノミネート
プロデューサーズ賞 アレックス・オルロフスキー、ジェイミー・パトリコフ ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 ブレイクスルー男優賞 ライアン・ゴズリング 受賞
インディペンデント映画トップ10 『ハーフネルソン』 受賞
全米映画俳優組合賞[10] 主演男優賞 ライアン・ゴズリング ノミネート
サテライト賞 主演男優賞 (ドラマ映画) ライアン・ゴズリング ノミネート

参考文献編集

  1. ^ a b c d "Half Nelson (2006)". The Numbers. Retrieved March 5, 2012.
  2. ^ "Gowanus, Brooklyn (2004)". IMDb. Amazon.com. Retrieved March 5, 2012.
  3. ^ ライアン・ゴズリングのオスカー初ノミネート作「ハーフネルソン」公開決定”. 映画ナタリー (2017年5月5日). 2017年5月13日閲覧。
  4. ^ "Weekend Box Office Results for August 11–13, 2006. Box Office Mojo. IMDb. Retrieved September 1, 2012.
  5. ^ "Half Nelson". Rotten Tomatoes. Flixter. Retrieved March 5, 2012.
  6. ^ "Half Nelson". Metacritic. CBS Interactive. Retrieved September 1, 2012.
  7. ^ "Ebert & Roeper, Reviews for the Weekend of August 12–13, 2006". TVPlex.Go.com. Retrieved March 5, 2012.
  8. ^ Emerson, Jim (September 15, 2006). "Half Nelson". Chicago Sun-Times. RogerEbert.com. Retrieved March 5, 2012.
  9. ^ a b Monger, James Christopher. “Half Nelson – Original Soundtrack”. Allmusic.com. 2012年6月10日閲覧。
  10. ^ The 13th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2017年5月13日閲覧。

外部リンク編集