アンドレアス・パレオロゴス

アンドレアス・パレオロゴスギリシア語: Ἀνδρέας Παλαιολόγος; 1453年1月17日 – 1502年6月)は、ビザンツ帝国の皇帝家パレオロゴス家の人物。モレアス専制公ソマス・パレオロゴスの長男で、最後の皇帝コンスタンティノス11世パレオロゴスの甥にあたる。

アンドレアス・パレオロゴスἈνδρέας Παλαιολόγος
アンドレアスの西欧風の印章。双頭の鷲とともに、ラテン語で「アンドレアス・パレオロゴス、神の恩寵を受けたローマ人の専制君主」と記されている。

在位期間
1480年ごろ – 1494年11月6日
先代 コンスタンティノス11世パレオロゴス
次代 シャルル8世 (売却)
在位期間
1498年4月7日 – 1502年6月
先代 シャルル8世
次代 カトリック諸国へ継承

在位期間
1465年5月12日 – 1502年6月
先代 ソマス・パレオロゴス
次代 フェルナンド・パレオロゴス
コンスタンティノス・コムネノス・アリアニテス (いずれも自称)

出生 1453年1月17日
モレアス
死亡 1502年6月 (49歳)
ローマ
埋葬 サン・ピエトロ大聖堂ローマ
父親 ソマス・パレオロゴス
母親 カテリーナ・ザッカリア
配偶者 カテリーナ
子女
不明
信仰 カトリック
テンプレートを表示

1453年に首都コンスタンティノープルオスマン帝国によって陥落し、次いで1460年にモレアスも侵攻を受けると、ソマスは子女アンドレアス、マヌエルソフィヤとともにコルフ島へ亡命した。1465年にソマスが死去したのち、12歳だったアンドレアスはローマへ赴いた。コンスタンティノス11世の最年長の甥であるアンドレアスはパレオロゴス家の家長にあたる存在となり、古代ローマ帝国から続く皇帝の系譜の第一請求者の立場にあったとみなされることがある。

父ソマスは1460年に専制公国を失った後も1465年に死去するまで「モレアス専制公」を名乗っていたが、アンドレアスはこれを受け継ぎ、1502年に亡くなるまで自称していた。ローマ教皇庁も公式に彼を名義上のモレアス専制公として認めていた。またアンドレアスは1480年代から「コンスタンティノープルの皇帝」(Imperator Constantinoplitanus)とも名乗るようになった。これはソマスから受け継いだ称号ではなく、アンドレアス自身が先祖の帝国の復興を夢見て名乗ったものである。イタリアに亡命していた他のビザンツ難民の中にも、このアンドレアスの称号を支持する者はいた。

1480年、アンドレアスはカテリーナという名のローマ女性と結婚した。一部の文献では、二人の間にコンスタンティノス、フェルナンドという2人の息子と、マリアという娘が生まれたとしているものもある。ただし、アンドレアスが子孫を残したという確固とした証拠はない。ローマで暮らすようになったアンドレアスの生活は年を追うごとに困窮していった。その理由について、彼がぜいたくで無責任な浪費生活をしたのだと批判する節があるが、むしろ教皇庁から支給される年金が切り詰められていったことが大きかった。当初月に300ドゥカート支給されていた年金は、アンドレアスの死の直前には月50ドゥカートまで減らされており、この金額で家を維持することは困難であった。

アンドレアスはコンスタンティノープル奪還に向けて、何度かヨーロッパ中を旅して各国の君主に援助を求めたが、彼のもとに集まった支援はわずかなものだった。かつてコンスタンティノープルを征服したオスマン帝国のスルターンメフメト2世が1481年に死去し、息子のジェムバヤズィトの間で内乱が勃発すると、アンドレアスはこの年の夏に遠征隊を組織して南イタリアからアドリア海を渡り、コンスタンティノープルを再征服する計画を立てた。しかし秋になるとバヤズィト(2世)が内乱を制して帝国を安定させたため、遠征は取りやめられた。生涯にわたって最低でもモレアスまでは奪還したいと望んでいたアンドレアスだったが、ついにギリシアの地を再び踏むことはなかった。

金銭的に追い詰められたアンドレアスは、1494年にビザンツ皇帝の権利をフランス王シャルル8世に売り渡した。当時シャルル8世は対オスマン帝国十字軍を組織しようとしており、その成功の暁にはアンドレアスにモレアスを譲るという条件だった。しかし十字軍が実施されぬまま1498年にシャルル8世が死去すると、アンドレアスは再びビザンツ皇帝を名乗るようになり、死去するまでこの地位を保持した。1502年、アンドレアスはローマで貧窮のうちに没した。結局シャルル8世から対価として金が支払われることはなかったと考えられている。死に際してアンドレアスは自らの称号をアラゴン王フェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世に譲ったが、彼らがその称号を名乗ることはなかった。

生涯編集

前半生編集

 
アンコーナに到着した教皇ピウス2世(16世紀前半のフレスコ画シエナ大聖堂)。左下の青いローブと帽子を付けた人物がアンドレアスの父ソマス・パレオロゴス

1453年1月17日[1]、アンドレアス・パレオロゴスは、モレアス専制公ソマス・パレオロゴスと、最後のアカイア公チェントゥリオーネ2世アサン・ザッカリアの娘カテリーナ・ザッカリアの間に生まれた[2]。同年5月29日、コンスタンティノープルが陥落して叔父の皇帝コンスタンティノス11世パレオロゴスが戦死したが、ソマスやアンドレアスらの家族はオスマン帝国の属国となったモレアス専制公国で暮らし続けることができた。しかしソマスがビザンツ帝位を取り戻そうと試み、オスマン帝国を後ろ盾とする弟デメトリオスとの間で紛争を起こしたため、1460年にオスマン帝国のモレアス侵攻を招いた。ソマスとアンドレアスはコルフ島へ亡命した[3]。その後ソマスはこの地に家族を置いて単身でローマへ赴き、教皇ピウス2世の歓待を受けてその庇護を受けるようになった[4]。ソマスはかつての領国をいつか取り戻したいと願い続け、ピウス2世が十字軍を起こそうとしたときには自らイタリア中をめぐって宣伝したものの、結局この十字軍は実現しなかった[5]

1462年8月にカテリーナ・ザッカリアが死去した[6]後、ソマスは子供たちをローマに呼び寄せようとしたが、アンドレアスと弟マヌエルは1465年にソマスが亡くなる数日前までこれに応じなかった[1]アンドレアスとマヌエル、そしてソフィヤはコルフ島を出発してローマに至ったが、すでに彼らの父ソマスは亡くなっていた。この時、アンドレアスは12歳、マヌエルは10歳だった。彼ら兄弟はバシレイオス・ベッサリオン枢機卿のもとで養育されることになった。ベッサリオンは彼らに教育を施し、1472年6月のソフィヤとモスクワ大公イヴァン3世の結婚を取り持った[1]。教皇庁はアンドレアスをモレアス専制公の正統な継承者として、彼がローマにとどまることを認めた[5]

 
バシレイオス・ベッサリオン枢機卿を描いた同時代の絵画。彼自身も1440年にビザンツ帝国からローマへ移住した人物であり、1472年に死去するまでアンドレアスら兄弟の面倒を見た。

初期のアンドレアスの紋章は、パレオロゴス家の皇帝を象徴する双頭の鷲Despotes Romeorum (「ローマ人の専制公」)という称号を掲げていた。1480年代以降は、おそらく十分な敬意を払われていないと感じていた彼自身の考えにより、父ソマスも名乗らなかった[5]Imperator Constantinopolitanus (「コンスタンティノープルの皇帝」)という称号を用いるようになった[7]。この称号は伝統的なビザンツ皇帝の称号(バシレウスアウトクラトールなど)ではなく、むしろ教皇庁を中心に西ヨーロッパ諸国が用いたビザンツ皇帝の呼び方であった[8]。アンドレアスはローマで教育を受けたために、ビザンツ皇帝の公称が「コンスタンティノープルの皇帝」ではなく「ローマ人の皇帝」であることを知らなかった可能性もある[7]。ビザンツ帝国が公式に世襲君主制国家になったことは歴史上無かった[9]が、アンドレアスはベッサリオン枢機卿など同時代の人々から帝国の正統な継承者とみなされていた[10]。ソマス・パレオロゴスの顧問の一人だったパトラス出身のゲオルギオス・スフランツェスは、1466年にアンドレアスのもとを訪れ、彼を「パレオロゴス王朝の後継者にして相続人」であり正統な支配者であると認めた[5]。帝国の復興を夢見るアンドレアスは、皇帝の継承権を持つものとして相応の名誉を受けることに執着した。例えば1486年にシスティーナ礼拝堂で行われた行進の際には、アンドレアスは枢機卿と同じ型の蝋燭を持って参加できるよう要求した[7]

経済的な困窮編集

ベッサリオン枢機卿が死去して間もないころから、アンドレアス・パレオロゴスの生活は貧窮していったと考えられている。1475年、22歳のころから、彼はナポリ王フェルディナンド1世やおそらくはミラノ公ガレアッツォ・マリア・スフォルツァブルゴーニュ公シャルル勇敢公などヨーロッパの君主たちに書簡を送り、「コンスタンティノープルの皇帝」や「トレビゾンド皇帝」などの称号の売却を打診するようになった。複数の君主に書簡を送ることで、より高値を提示してくる君主を吟味していたのだとみられる。同様に困窮していた弟のマヌエルは、次男ゆえに兄のように売る称号も無かったので、ローマを離れヨーロッパを旅して将軍として雇ってもらえる国を探した。しかし満足できる返答を得ることができなかった彼は、オスマン帝国支配下のコンスタンティノープルにわたりメフメト2世と面会するという行動に出てローマの人々を驚かせた。メフメト2世は寛大に彼を迎え、マヌエルは気前の良い年金を受けて余生を過ごした[11]

アンドレアスらパレオロゴス家の人々が経済的に苦しんだ原因は、教皇庁の金銭支援の切り詰めにあった[12]。彼らの父ソマスは教皇庁から月300ドゥカート、さらに枢機卿たちから200ドゥカート、計500ドゥカートの大金を受け取っていた。しかしソマスの家臣ゲオルギオス・スフランツェスによれば、ソマスが亡命皇帝家や従者たちを養っていくにはこの額でも不十分であったという。アンドレアスとマヌエルも当初は同じ額の支援を受けていたが、教皇庁からの支援は次第に減額され、枢機卿たちからの支援もなくなり、全体で月150ドゥカートまで落ち込んでいた[13]

これに加え、ベッサリオン枢機卿が死去してから状況はさらに悪化した。1473年の最初の3か月、アンドレアスとマヌエルの兄弟は本来合計900ドゥカートを受け取れるはずが、690ドゥカートしか支払われなかった。1474年にマヌエルがローマを去ると、教皇シクストゥス4世は残ったアンドレアスらへの支援を半減させ、月150ドゥカートしか支払わなくなった。1475年にマヌエルがローマに帰ってきてからも、この額は見直されなかった。1470年代後半からはその金額もさらに切り詰められていき、1478年6月時点で150ドゥカートの援助だったものが、11月から数か月間は「立て続く(教皇庁の直面した)戦争」を理由に月104ドゥカートしか支払われなくなった。1488年と1489年にはさらに月100ドゥカートに減らされた。1492年8月に教皇アレクサンデル6世が死去してからは、ついに月50ドゥカートまで減らされることになった[14]

アンドレアスが多数の従者を抱え続けていたのも困窮の原因となった。父ソマスに従っていた者たちの一部は妹ゾエ(ソフィヤ)と共にモスクワへ移ったが、アンドレアスと共にローマに残ったものも少なくない。例えばマヌエル・パレオロゴス(アンドレアスの弟とは別人)、ゲオルギオス・パグメノス、ミカエル・アリストボロス (いずれも1481年のアンドレアスのブリンディシ行に同行した者として記録)、Demetrius Rhaoul Cavaces (ゾエの婚礼にアンドレアス・マヌエル兄弟の名代として出席)などは、おそらくアンドレアスの従者である。アンドレアスの経済状況は年々悪化し、従者たちの給料も満足に払えなくなった。1480年代には、一部の従者(「コンスタンティノープルの」テオドロス・ツァンブラコン、カタリナ・ザンプラコニッサ、ソマシナ・カンタクゼネ、その他「モレアの」という呼び名がつくコンスタンティノスという男性、テオドリナとメガリアという2人の女性など)は教皇庁に仕えるようになった[15]

アンドレアスが成年後の大半を過ごしたローマでは、彼はカンポ・マルツィオの邸宅を使っていた。これはゾエがモスクワに嫁いだ際にシクストゥス4世がアンドレアスに贈ったもので、おそらく聖アンドレア教会のすぐ隣にあった[12]。1479年、アンドレアスはカテリーナというローマ女性と結婚した[16]。1480年、アンドレアスは妹ソフィヤに資金援助を求めるべくモスクワへ旅した。ソフィヤはこれに気前よく応じたらしく、後にすべての宝飾品を兄に譲ってしまったことを後悔することになる[12]

対トルコ遠征計画編集

 
1481年時点のオスマン帝国の領域

アンドレアスは父ソマス同様、遠征隊を組織してコンスタンティノープルを奪還し、ビザンツ帝国を復興する野望を抱いていた[5]。ロシアから帰還して間もなく、1481年夏にアンドレアスは対トルコ遠征を計画し始めた。彼はギリシアへ渡海する道筋を見定めるため南イタリアを旅し、10月には数人の腹心をつれてフォッジャに行、ナポリ王フェルディナンド1世から金銭支援を受けた。そして10月から11月にかけてフェルディナンド1世に付き従いブリンディシで過ごすなどしたが、結局遠征が実行に移されることはなかった[17]

1481年という年は、アンドレアスにとっては遠征を実施する絶好機であった。1480年8月にオスマン帝国はロドス島攻略に失敗して多大な損害を被り、翌1481年5月3日にはコンスタンティノープルの征服者メフメト2世が死去、息子のジェムバヤズィト(2世)の間でスルターンの位をめぐる内乱が勃発していた。アンドレアスは、当時オスマン帝国の攻撃にさらされていたフェルディナンド1世を動かし、オスマン帝国の内乱に介入してもらおうとした。しかし10月までにはバヤズィト2世が地位を確立してオスマン帝国の混乱は収まってしまい、主要な西欧のキリスト教諸国も遠征に非協力的であった。さらに致命的な問題として、アンドレアスの活動はまずもって資金不足に過ぎた。同時代のジェラルディ・ダ・ヴォルテッラの記述をもとに後の歴史家たちが主張するところによれば、シクストゥス4世が1481年9月に遠征資金として300ドゥカートを支給しているものの、これはむしろ単なる南イタリアの旅費に過ぎず、アンドレアスや従者たちの経費も考えるとギリシアへの遠征に使うにはあまりにも少額であった[18]

遠征が立ち消えになったもう一つの理由として、ヴェネツィア共和国がアンドレアスへの援助に消極的だったことがあげられる。アンドレアスが小規模な軍勢を集めたとしても、ヴェネツィアの海洋での支援がなければアドリア海を渡ることもできなかった。しかしすでにヴェネツィアのシニョーリアはオスマン帝国と条約を結んでおり、あえてオスマン帝国と争う気はなかった[19]。アンドレアスは他にも少なくとも1回、1485年にヴェネツィア領モネンバシア奪取を企てる計画にかかわる形でモレアス奪還を試みている[20]

ヨーロッパ巡行と皇帝称号の売却編集

 
フランス王シャルル8世の同時代の肖像画。1494年、彼はフランス人枢機卿レイモン・ペラルディの策謀もあり、アンドレアスからコンスタンティノープル帝位トレビゾンド帝位を購入した。シャルル8世はバヤズィト2世からコンスタンティノープルとビザンツ帝国の旧領を奪還する計画を立てていた。

1490年、アンドレアスはローマからの使節デメトリオスとマヌエル・ラレスを伴って、再びモスクワを訪れた。理由は定かではないがアンドレアスはモスクワで歓迎されず、フランス王国に向かった。フランス王シャルル8世はアンドレアスを歓待し、アンドレアスから白いハヤブサを贈られた返礼に彼の旅費を全額肩代わりした[21]。アンドレアスはラヴァルで、また10月から12月にかけてはトゥールでシャルル8世と共に過ごし、ローマに帰る前には350リーヴルの資金を援助された[22]。1492年、アンドレアスはイングランド王国に行ったが、イングランド王ヘンリー7世はシャルル8世ほど気前の良い歓待はせず、財務大臣のディナム卿に、アンドレアスにふさわしい額の資金を与え帰国の安全を保証するよう命じただけだった。支援者を求めてさまようアンドレアスのヨーロッパ行は、さながら祖父のビザンツ皇帝マヌエル2世パレオロゴスがオスマン帝国に対抗するため1399年から1402年にかけてヨーロッパを巡り援助を求めたのに似ていた[21]

1490年代、シャルル8世は対オスマン帝国遠征十字軍を積極的に検討し始めた。しかし彼は同時に、南イタリアのナポリ王国をめぐる戦争にもかかわっていた。フランス人枢機卿レイモン・ペラルディは、シャルル8世の十字軍構想を熱烈に支持する一方で、南イタリアの混乱に介入することには、オスマン帝国と戦う前にキリスト教国の間に決定的な亀裂を残すものだとして反対していた。フランス軍が北イタリアまで進軍していた時、ペラルディ枢機卿はシャルル8世がナポリ王国と交戦する前に、彼にビザンツ帝位の公式な請求権を持たせようと考え、王に知らせもせず独自に策動し始めた[23]

ペラルディ枢機卿はアンドレアスと交渉し、彼がコンスタンティノープル・トレビゾンド両帝位とセルビア専制公の称号を捨てる代わりに4300ドゥカートを得る、そのうち2000ドゥカートは称号放棄が成立した時点で支払われ、残りは月約360ドゥカートずつ支払われる、という取引をまとめた[22][24]。さらにペラルディ枢機卿はアンドレアスに、彼を守る騎兵500人をシャルル8世持ちで維持すること、ゆくゆくは南イタリアかどこかに領地を与えられ、年金と合わせて年5000ドゥカートを手にできるよう取り計らわれることも約束した。さらには、シャルル8世が自身の陸海軍を使ってモレアスに侵攻し、成功の暁にはアンドレアスにモレアス専制公国を与えること、それと引き換えにアンドレアスは封建領主税としてシャルル8世に毎年白鞍の馬を献上すること、差し当たってシャルル8世は教皇庁に働きかけアンドレアスへの資金援助を毎年1800ドゥカート(月150ドゥカート)まで戻すよう取り計らうこと、といった取り決めまで定められた。1495年11月1日(同年の諸聖人の日)までにシャルル8世が拒否しない限り、アンドレアスのシャルル8世への譲位は合法であるということになった[22][25]

この取引を通じてアンドレアスが得ることになるほとんどのものは金銭援助であるが、これは金目当ての無責任な称号放棄とは言えない。彼はモレアス専制公の称号だけは手元に残し、シャルル8世の遠征成功の暁には実際に故地モレアスを受け取る、という条件を加えている。すなわちアンドレアスは、かつて13年前にフェルディナンド1世を利用しようとしたのと同様に、シャルル8世を最強の駒として対オスマン帝国戦争に利用することを最大の目的としていたのである[26]

 
1495年にナポリに入城するフランス軍と大砲(ピアポント・モルガン図書館所蔵の1498年ごろに製作されたMS801写本より)

1494年11月6日、サン・ピエトロ・イン・モントリオ教会で教皇と皇帝の公証人フィレンツェのフランチェスコ・デ・シュラツテンと、同じく公証人であり教会法・民法の学者カミーロ・ベニンベーネにより、アンドレアスの退位に関する文書が作成された。ここにはアンドレアスとペラウディ枢機卿、その他5人の聖職者が立ち会っていた[22]。この時点でもまだシャルル8世は自身がかかわる取引を感知していなかったとみられているが、教皇アレクサンデル6世は取引をよく知っていたとみられている。アレクサンデル6世はペラルディ枢機卿と同様、イタリア半島を南下してくるフランス軍を対ナポリ戦争ではなく対オスマン帝国遠征に利用しキリスト教圏を防衛しようと考えており、アンドレアスの取引にも全面的に賛同していた。またもしこの西欧に突然新たな皇帝が出現するという事態に対し神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が抗議してきたとしても、アレクサンデル6世はアンドレアスの退位が教皇の承認を得たものではなく、ペラルディ枢機卿の独断による不適当な行動によるものだったと言い逃れることができると踏んでいた[27]。コンスタンティノープルのオスマン宮廷も、シャルル8世のイタリア遠征を無視することはできなかった。バヤズィト2世は軍艦や大砲を新たに製造し、ギリシア中やコンスタンティノープル周辺に防衛隊を配置するといった対策をとった[28]

最終的にシャルル8世もアンドレアスの退位とそれに伴う取引を受け入れたが、ナポリ遠征を取りやめようとはしなかった。彼はすでに北イタリアのアスティで十字軍の宣言を行っていたが、あくまでも東方遠征はナポリ征服の後という位置づけだった[27]。というのも、シャルル8世はナポリを支配下に収めれば十字軍計画の幅が広がると考えていたためである[29]。教皇庁との対立やイタリア諸国を通過するのに手間取った影響でシャルル8世の進軍は遅れたものの、1495年1月27日に教皇庁からオスマン帝国の帝位請求者ジェム・スルタンの身柄を確保することに成功した。アレクサンデル6世は自分の手でシャルル8世のコンスタンティノープル皇帝戴冠を執り行おうと提案したものの、シャルル8世は実際に東方の帝国を征服してから正式に戴冠するといって断った[30]。2月22日、シャルル8世は意気揚々とナポリに入城した。この時彼は皇帝冠を頂いていたとされている[31]しかし3日後、対オスマン帝国遠征にあたり重要な利用価値があったジェム・スルタンが死去し、シャルル8世の遠征計画は見直しを迫られた。負け無しで進んできたシャルル8世であったが、ジェム・スルタンの死と彼に対する包囲網が結成されたことで、だんだんと十字軍計画を放棄する考えに傾いていった[32]

シャルル8世はバヤズィト2世からコンスタンティノープルを奪うという計画に乗り気であったが、結局何も実現できずに終わった[33][29]。フランスのオスマン帝国遠征という望みは、1498年にシャルル8世が死去したことで絶たれた[26]。これに伴いアンドレアスはもう一度種々の称号を名乗るようになったが、シャルル8世以降のフランス王たち(ルイ12世フランソワ1世アンリ2世フランソワ2世)も皇帝の称号を継承したと主張し名乗り続けた。この称号は、1566年にシャルル9世がフランス王の称号を整理した際に結果的に廃止されることになった。シャルル9世自身は、ビザンツ帝国の帝号について「聞こえよく甘美であるという点で王号に勝るものではない」と書き残している[34]

晩年と死編集

アンドレアスは死去するまでローマで活発に活動を続けた。1501年3月11日には、リトアニア大公国からの使節のローマ入城式で主要な役割を果たしている[20]

1502年6月、アンドレアスは貧苦のうちにローマで死去した。彼は同年4月7日に遺言を残しており、帝号をアラゴン王フェルナンド2世 (アラゴン王)イサベル1世に譲渡する意思を示していた。しかしこの2人は自身で帝号を称することはなかった[35]。未亡人カテリーナにはアンドレアスの葬儀の費用としてアレクサンデル6世から104ドゥカートが支給された[36]。アンドレアスはサン・ピエトロ大聖堂で、父ソマスの隣に名誉ある形で葬られた[37]。このため、オスマン帝国により掘り起こされ撤去されたパレオロゴス王朝の諸皇帝の墓のような破壊はまぬかれることができた[38]が、現代では2人の墓の場所は不明となっており、近代以降の歴史家たちの調査も実を結んでいない[39]

子孫である可能性がある人物編集

一般には、アンドレアスは子孫を残さず死去したとされている。一方でドナルド・ニコルの著書The Immortal Emperor (1992)によれば、1508年に教皇の衛兵として雇われたコンスタンティノス・パレオロゴスという人物がアンドレアスの息子である可能性がある。彼はアンドレアスの亡くなった6年後の1508年に死去している[40]

ロシアの文献によると、ロシア貴族ヴァシーリー・ミハイロヴィチと結婚したマリア・パレオロギナという女性は、アンドレアスの妹ソフィヤの「姪」であるという[10]。ヴァシーリー・ミハイロヴィチは、ベロオーゼロ公ミハイル・アンドレーヴィチ・モジャイスキーの世継息子、モスクワ大公ドミートリー・ドンスコイの孫であり、現モスクワ大公イヴァン3世の従弟にあたった。1483年、ソフィヤはイヴァン3世の最初の妻マリヤ・ボリソヴナ(当時の大公位継承者イヴァン・マラドイの母)の持参金であったネックレスを姪のマリヤに贈った。しかしイヴァン3世は同じネックレスをイヴァン・マラドイの妻エレナ・ステパノヴナに贈ろうとしていたため、マリヤとヴァシーリーの夫妻はイヴァン3世の勘気を被ってリトアニアに亡命し、ベロオーゼロ公位の継承権を失った。1493年にゾイの説得によりようやく2人は許されたが[41]、既にベロオーゼロ公国は1486年にミハイルが死んだことでモスクワ大公国に併合されていた。

1499年7月17日、ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァが、彼が「モレアス専制公の子、コンスタンティノス卿の甥であるドン・フェルナンドを、5頭の馬と共にトルコへ派遣した。」と書き記している[42]。おそらくは外交もしくは偵察の任を負っていたこのドン・フェルナンドも、アンドレアスの息子である可能性がある。彼もアンドレアス死後にモレアス専制公を名乗ったが、あまり歴史に大きな影響を及ぼさなかった。彼自身重要な役割を担う気がなかったのか、あるいは非嫡出児で活躍の場が狭められていた可能性も考えられる[43]。ルドヴィーコ・スフォルツァの言う「コンスタンティノス卿」とはコンスタンティノス・コムネノス・アリアニテスのことで、彼もアンドレアスと血縁がないにもかかわらずアンドレアス死から数か月後以降にモレアス専制公の継承を主張した[44]

17世紀のコーンウォールで活動したテオドロス・パレオロゴスはソマス・パレオロゴスの孫であると自称していた。父は「ジョン」(ヨハネス)という名であったというが立証されておらず、実際にはアンドレアスの子であるという可能性もあるが、テオドロスの系譜は極めて不明瞭である[45]

後世への影響と評価編集

歴史家による否定的評価編集

 
モスクワの妹ゾエ(この時点ではソフィヤと改名、左上の窓の人物)とイヴァン3世(その下の窓の人物)の夫妻のもとを訪問するアンドレアス(中央下の冠をかぶっている人物)。16世紀ロシアの年代記より

後世の歴史家たちのうち圧倒的多数が、アンドレアス・パレオロゴスの人物像を否定的に捉えている。19世紀スコットランドの歴史家ジョージ・フィンレーは、1877年の著作でアンドレアスについて「最低のつまらない貴公子たちの運命を気にするような病的な価値観を人類が持ち合わせてさえいなかったならば、もはや歴史上注目する価値はほとんどない」などと述べている。1995年にアンドレアスの再評価を試みたイングランドの歴史家 ジョナサン・ハリスによると、アンドレアスは往々にして「だらしない生活で教皇の寛大な支援を浪費し、最終的に貧苦のうちに死んだ、不道徳でぜいたくなプレイボーイ」として描写される傾向があった。ハリス自身は、この通説は歴史評価するうえで「まったく公平でない意図」による誤った説であるとしている[46]

アンドレアスの悪評の原因は、一部には父ソマスに端を発するところもあるとされる。ソマスの弟(アンドレアスの叔父)デメトリオスはオスマン帝国のモレアス征服を受け入れる立場で、兄弟の抗争がモレアス専制公領の滅亡につながった。ただアンドレアスは家族と共に亡命した時点でまだ7歳であり、父と叔父の抗争には何ら責任が無い[1]。1470年代から1490年代の亡命パレオロゴス家の経済状況は極めて悪く、アンドレアスが称号を売ろうとしたり、弟マヌエルが雇い主を探してヨーロッパを遍歴し遂にはコンスタンティノープルへ赴いてオスマン帝国に身を委ねたりするほどであった。彼らの困窮の原因を彼ら自身に求め批判している文献は、同世代の著述家によるものの中では一つ、次世代の著述家によるものでも一つしか確認されていない。次世代のものは、1538年のTheodore Spandugninoによる著作である。彼はマヌエルがあらゆる面でアンドレアスより勝っていたと主張している。同世代では1481年にジェラルディ・ダ・ヴォルテッラが、アンドレアスの経済的困窮は彼自身の「性遍歴と悦楽」を含む度を越した浪費のせいであると主張している[47]。こうしたアンドレアスの悪評は近代の歴史家たちに大きな影響を与え続けているが、実際には極めて根拠に乏しい[16]

他にも近代の歴史家たちはアンドレアスを酷評するため、1479年のカテリーナとの結婚に関する記述を利用している[16]。歴史家スティーヴン・ランシマンがカテリーナを「ローマの街女」と評したのをはじめとして、彼女は娼婦であったとするのが通説である[22][45]。その上で娼婦との結婚がアンドレアスの経済的没落の原因の一つだとする説もある。カテリーナについて言及している典拠はカメラ・アポストリカ(教皇庁の財政部門)がまとめたイントロイトゥス・エト・エクシトゥスのみで、その中でもカテリーナという名に触れているのは一か所のみである。そのため実際には、カテリーナの職業や社会的地位は全く不明である。同時代のジェラルディ・ダ・ヴォルテッラですら、カテリーナには言及していない。初めてカテリーナを悪人として描写したのは17世紀のビザンツ学者シャルル・ドゥ・フレスネであり、カテリーナに関する伝承は実証不可能なものであるといえる。20世紀のギリシャ人ビザンツ学者ディオニュシオス・ザキュティノスの著作Le despotat grec de Morée (1262–1460)以降、アンドレアスが「娼婦」カテリーナと結婚したことが教皇庁からの支援切り詰めの原因であるという説が広まったが、これは全く誤りである。例えば教皇シクストゥス4世は、1479年におそらくモスクワへの旅費として従来の支給金の2年分にもあたる資金をアンドレアスに与えている[16]

アンドレアスが浪費生活を送った可能性は否定できないが、彼の経済的困窮の原因はむしろ教皇庁からの支援の減少にある。当初はパレオロゴス家に対し住居費を支援するなど寛大な対応をとっていた教皇たちであるが、彼らは一部の歴史家が主張するほど気前の良い支援を提供したわけではなかった。そのような教皇庁を誇大に称賛する説が生まれた原因は教皇たち自身にも求められる。例えば、シクストゥス4世は自身のパレオロゴス家に対する寛大ぶりを自らの事績のひとつとしてサン・スピリト・イン・サッシア病院フレスコ画に描かせている。中にはアンドレアスがシクストゥス4世に跪いて感謝している絵もある[12]。アンドレアスは広く伝えられているほど教皇の金を浪費したわけではなかった。もともと父ソマスに支払われていた月300ドゥカートの支援金は、1492年の時点で50ドゥカートまで減らされていた [48]

1481年のアンドレアスの対オスマン帝国遠征計画失敗についても、ほとんどの歴史家はアンドレアス自身の無能さに原因を求めている。中にはアンドレアスが教皇から寄付された資金を「ほかの目的」に「浪費した」とまで言う者もいる[49]。しかし遠征が実現しなかったとはいえ、アンドレアスが本当に遠征に無関心であった証拠になるとは言えない。シクストゥス4世は1481年9月15日にイタリア中の司教に向けてアンドレアスのアドリア海渡海を支援するため「全力で尽くすように」と書き送っている。またアンドレアス自身がブリンディシへ赴いていることからも、彼が本気で遠征隊を率いて帝国を復興する意思を持っていたことがうかがえる。アンドレアスに雇われたギリシア人のCrocondilo Cladaは、1480年にモレアスで実際に反乱を起こしている。彼はアンドレアスがギリシア上陸に成功した際に道案内を務めるのに適任であったが、この反乱は失敗に終わった。遠征が計画倒れに終わったとはいえ、アンドレアスは単に欲望を追求するためローマで時を過ごしてばかりいたのではなく、積極的に遠征計画にかかわっていた[50]

アンドレアスが貧苦のうちに死んだことについて、彼が死去した時点で全く無一文であったという説も広まっている。その根拠としては、教皇アレクサンデル6世が未亡人カテリーナに葬儀費用を援助していることが挙げられる。ただ、こうした葬式に対する寄付は、必ずしも困窮者に限って行われていたわけではない。例えば1487年に同じくローマに亡命していたキプロス女王シャルロット・ド・リュジニャンの葬儀の際にも教皇庁が費用を拠出しているが、シャルロットが浪費家あるいは貧乏であったという記録は無い。アンドレアスが名誉ある形でサン・ピエトロ大聖堂に葬られていることから、少なくとも彼がある程度の地位を維持していたことは確かであるといえる[37]

パレオロゴス王朝の失策編集

 
1438年にフィレンツェ公会議に出席したヨハネス8世パレオロゴス(アンドレアスの叔父)。ピサネロ

ジョナサン・ハリスは、アンドレアスのローマ亡命は数世紀にわたるビザンツ帝国のパレオロゴス朝の失策の究極的な帰結であったとしている[46]。14世紀半ば以降、ビザンツ皇帝たちは自らの帝国をオスマン帝国のトルコ人から守るため、西欧諸国やローマ教皇を頼ろうとした。ビザンツ帝国から西欧へ渡ったデメトリオス・キュドニオスマヌエル・クリュソロラスら知識人の影響で、パレオロゴス朝の皇帝たちは西欧の信仰の権威である教皇さえ説得できれば、教皇が西欧の大軍を率いてビザンツ帝国を救いにやってくると信じていた[51]。実際に1369年にはアンドレアスの曽祖父ヨハネス5世パレオロゴスがローマに赴いて教皇へ服従の意思を示し1438年から1439年のフィレンツェ公会議にはアンドレアスの叔父ヨハネス8世パレオロゴスが出席して東西教会の合同が宣言されている。同じく叔父にして最後の皇帝コンスタンティノス11世は、1452年にオスマン帝国軍がコンスタンティノープルに迫る絶望的状況を教皇に訴えている。帝国滅亡後もソマスやアンドレアスが教皇の力を借りて大規模な再征服遠征をおこない帝国を復興する計画を立て続けたが、ついに実行に移されることはなかった[52]

結局、アンドレアスは自身や従者たちの必要経費にも足を引っ張られ、ビザンツ帝国を再興する大望を実現することはできなかった。彼のおかれた厳しい状況は決して彼自身に責任があるわけではなく、教皇の支援切り詰め、さらに言えば教皇に依存しようとした先祖たちの方策自体に問題があったといえる。とはいえ14世紀から15世紀にかけてのビザンツ皇帝たちに残された選択肢は極めて少なく、教皇に望みを託し依存せざるを得なかった。教皇との間で膨大な誓約や取引を決めたにもかかわらず、実際に届いた援助はわずかなものだった。西欧諸国にビザンツ帝国を救う力がなかったことも、帝国の没落や、アンドレアスが二度と故郷に帰れなくなった要因として挙げられる[37]

脚注編集

  1. ^ a b c d Harris 1995, p. 538.
  2. ^ Nicol 1992, p. 115.
  3. ^ Runciman 1969, p. 171ff.
  4. ^ Harris 2013, p. 649.
  5. ^ a b c d e Harris 2013, p. 650.
  6. ^ Trapp et al. 1989.
  7. ^ a b c Harris 1995, p. 552.
  8. ^ Van Tricht 2011, pp. 61–82.
  9. ^ Karayannopoulous 2000, p. 183.
  10. ^ a b Nicol 1992, p. 116.
  11. ^ Harris 1995, pp. 539–540.
  12. ^ a b c d Harris 1995, p. 542.
  13. ^ Harris 1995, p. 543.
  14. ^ Harris 1995, pp. 543–545.
  15. ^ Harris 1995, pp. 545–547.
  16. ^ a b c d Harris 1995, p. 541.
  17. ^ Harris 1995, pp. 548–549.
  18. ^ Harris 1995, p. 549–550.
  19. ^ Housley 2017.
  20. ^ a b Harris 1995, p. 553.
  21. ^ a b Harris 1995, p. 550–551.
  22. ^ a b c d e Setton 1978, p. 462.
  23. ^ Setton 1978, p. 461.
  24. ^ Harris 1995, p. 551–550.
  25. ^ Harris 1995, p. 545, 551–552.
  26. ^ a b Harris 1995, p. 551–552.
  27. ^ a b Setton 1978, p. 463.
  28. ^ Setton 1978, p. 464.
  29. ^ a b Setton 1978, p. 468.
  30. ^ Setton 1978, p. 476.
  31. ^ Giesey 1960, p. 118.
  32. ^ Setton 1978, p. 482.
  33. ^ Harris 2013, p. 552.
  34. ^ Potter 1995, p. 33.
  35. ^ Enepekides 1960, pp. 138–143.
  36. ^ Runciman 1969, p. 184.
  37. ^ a b c Harris 1995, p. 554.
  38. ^ Melvani 2018, p. 260.
  39. ^ Miller 1921, p. 500.
  40. ^ Foster 2015, p. 67.
  41. ^ Sophia Fominichna // Russian Biographical Dictionary
  42. ^ Setton 1978, p. 513.
  43. ^ Harris 2013, p. 651.
  44. ^ Harris 2013, p. 653.
  45. ^ a b Hall 2015, p. 229.
  46. ^ a b Harris 1995, p. 537.
  47. ^ Harris 1995, p. 540.
  48. ^ Harris 1995, p. 545.
  49. ^ Harris 1995, p. 549.
  50. ^ Harris 1995, p. 550.
  51. ^ Harris 1995, p. 547.
  52. ^ Harris 1995, p. 548.

参考文献編集

関連項目編集

アンドレアス・パレオロゴス

1453年1月17日 - 1502年6月

請求称号
先代:
コンスタンティノス11世パレオロゴス
コンスタンティノープルの皇帝
1480年ごろ–1494年
1498年–1502年
次代:
シャルル8世
先代:
シャルル8世
次代:
カトリック諸国へ継承
先代:
ソマス・パレオロゴス
モレアス専制公
1465年–1502年
次代:
フェルナンド・パレオロゴスとコンスタンティノス・コムネノス・アリアニテスが継承を主張