メインメニューを開く

シャルル9世(Charles IX de France, 1550年6月27日 - 1574年5月30日)は、ヴァロワ朝第12代フランス(在位:1561年 - 1574年)。父はアンリ2世、母はカトリーヌ・ド・メディシスで、フランソワ2世の弟、アンリ3世の兄である。

シャルル9世
Charles IX de France
フランス王
Bemberg Fondation Toulouse - Portrait de Charles IX - François Clouet - Inv.1012.jpg
在位 1560年 - 1574年
戴冠 1561年5月15日
別号 オルレアン公1550年 - 1560年

全名 Charles-Maximilien
シャルル=マクシミリアン
出生 1550年6月27日
Pavillon royal de la France.svg フランス王国サン=ジェルマン=アン=レー、サン=ジェルマン=アン=レー城
死去 (1574-05-30) 1574年5月30日(23歳没)
Pavillon royal de la France.svg フランス王国ヴァンセンヌ
配偶者 エリザベート・ドートリッシュ
子女 マリー・エリザベート
シャルル英語版(庶子)
王家 ヴァロワ=アングレーム家
王朝 ヴァロワ朝
父親 アンリ2世
母親 カトリーヌ・ド・メディシス
テンプレートを表示

生涯編集

幼少のころ結核に罹り、病弱であった。早世した兄フランソワ2世を継いで10歳で即位したものの、実権は母后であるカトリーヌに握られていた。プロテスタントであるコリニー提督を登用し、父以上に慕っていたが、1572年サン・バルテルミの虐殺でコリニーは暗殺され、シャルルはそのショックに耐え切れず、全員殺せと叫んでいたと伝えられている。黒幕は母カトリーヌであるとされたが、実際に虐殺の命令を出したのはギーズ公アンリとも言われる(シャルル9世説もある)。この事件で寿命を縮めたのか、2年後の1574年5月30日にシャルル9世は死去した。

1570年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の娘エリザベートと結婚し、サン・バルテルミの虐殺と同じ1572年に一人娘マリー・エリザベート(1572年 - 1578年)が生まれたが、5歳で夭逝している。また、1573年に愛人マリー・トゥシェ英語版との間に庶子シャルル英語版が生まれた。シャルルはルイ13世の治世中の1619年、アングレーム公英語版に叙された。

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集


先代:
ルイ3世
オルレアン公
1550年 - 1560年
次代:
アンリ2世