メインメニューを開く

ラトランド公爵英語: Duke of Rutland)は、イングランド貴族公爵位。

ラトランド公爵
Duke of Rutland
Coronet of a British Duke.svg
Manners arms.svg
Or, two bars azure a chief quarterly azure and gules; in the 1st and 4th quarters two fleurs-de-lis and in the 2nd and 3rd a lion passant guardant all or.
創設時期 1703年3月29日
創設者 アン女王
貴族 イングランド貴族
初代 ジョン・マナーズ英語版(9代ラトランド伯)
現所有者 デイヴィッド・マナーズ英語版(11代ラトランド公)
相続人 チャールズ・マナーズ(グレンビー侯)
相続資格 初代公の直系の嫡出男系男子(the 1st Duke's heirs male of the body lawfully begotten)
付随称号 グレンビー侯爵、ラトランド伯爵、マナーズ男爵、ルース男爵
邸宅 ハッドン・ホール英語版ビーヴァー城英語版

前身のラトランド伯爵位は3回創設されている。ラトランド公爵位は第9代ラトランド伯爵(第3期)ジョン・マナーズ英語版1703年に叙されたのに始まる。

歴史編集

ラトランド伯爵編集

第1期編集

エドワード3世の四男である初代ヨーク公爵エドマンド・オブ・ラングリーの長男エドワード・オブ・ノリッジ(1373-1415)1390年2月25日にラトランド伯爵に叙されたのが最初の創設である[1]。彼はさらに1402年に父から第2代ヨーク公爵位を継承したが、子孫のないままアジャンクールの戦いで戦死した[2]

その後、ラトランド伯爵位は甥の第3代ヨーク公リチャード・プランタジネット(1411-1460)エドワード4世の父)へ継承されたと考えられている[3]

第2期編集

1446年1月29日には第3代ヨーク公リチャード・プランタジネットの次男エドムンド(1443-1460)(エドワード4世の弟)によって2期目のラトランド伯爵位が創設されている[1]。彼は1459年議会から一時私権剥奪処分を受けるも、1460年に爵位への復帰が認められた。しかし子孫なく父とともに戦死した[4]

第3期編集

1525年6月18日に第12代ド・ロス男爵英語版トマス・マナーズ英語版(1488年頃-1543年)ヘンリー8世によってラトランド伯爵(Earl of Rutland)に叙されたのが、現在まで続く第3期のラトランド伯爵位の始まりである[5][6]。彼は第3代ヨーク公リチャード・プランタジネットの曾孫にあたる[6]

議会招集令状英語版による爵位であるド・ロス男爵位は男子なき場合の姉妹間に優劣のない女系継承が可能であり、3代ラトランド伯エドワード・マナーズ英語版(1549-1587)が男子なく死去した際に娘に女系継承が行われ、ラトランド伯爵位と分離した。その娘の系統が絶えた後に6代ラトランド伯フランシス・マナーズ英語版(1578-1632)に戻ったが、彼も男子を残さずに死去したので娘に女系継承が行われて以降再び分離している[6]。また1616年7月22日に6代伯はイングランド貴族爵位ハムレイクのロス男爵(Baron Ros of Hamlake)に叙されているが、これは一代で廃絶した[6]

ラトランド公爵編集

 
ビーヴァー城英語版をバックに立つ10代ラトランド公チャールズ・マナーズ英語版

9代ラトランド伯爵ジョン・マナーズ英語版(1638-1711)は、襲爵前の1679年3月6日に議会招集令状によるイングランド貴族爵位としてハッドンのマナーズ男爵 (Baron Manners of Haddon)に叙された。同年9月29日に第9代ラトランド伯爵位を継承し、ついで1703年3月29日にイングランド貴族爵位ラトランド公爵(Duke of Rutland)グランビー侯爵(Marquess of Granby)に叙せられた[7][8]

その孫である第3代ラトランド公爵ジョン・マナーズ(1696-1779)は、ホイッグ党の政治家としてホイッグ党政権下で家政長官英語版主馬頭英語版などの宮廷職を務めた[8]

その孫である第4代ラトランド公爵チャールズ・マナーズ英語版(1754-1787)は、王璽尚書アイルランド総督などを歴任した[9][8]

その孫である第6代ラトランド公爵チャールズ・マナーズ(1815-1888)は襲爵前に保守党の庶民院議員で保守党庶民院院内総務英語版を務めていた[10]

その弟である第7代ラトランド公爵ジョン・マナーズ(1818-1906)も襲爵前には保守党の庶民院議員だった。彼はディズレーリらとともに「ヤング・イングランド英語版」を結成し、党の主流派に背いた[11]。その後、保守党政権下で建設長官英語版(1852,1858-1859,1866-1868)、郵政長官(1874-1880,1885-1886)、ランカスター公領大臣(1886-1892)など閣僚職を歴任し、1896年6月17日には連合王国貴族爵位レスター州におけるビーヴァーのルース男爵 (Baron Roos of Belvoir, of Belvoir in the County of Leicester)」に叙せられた[8]

2019年現在の当主は、その玄孫にあたる第11代ラトランド公爵デイヴィッド・マナーズ英語版(1959-)である[12]

邸宅はダービーシャーハッドン・ホール英語版レスターシャーにあるビーヴァー城英語版である[8]。現在は両方の建物が一般公開されている。

一族の家訓は「貴方の物を手に入れるために(Pour Y Parvenir)」[8]

現当主の保有爵位編集

現在の当主である第11代ラトランド公爵デイヴィッド・マナーズ英語版は以下の爵位を保有する[8]

歴代当主編集

ラトランド伯 第1期(1390年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代ラトランド伯
エドワード・オブ・ノリッジ
(1373-1415)
1390年 - 1415年 初代ヨーク公の子 ヨーク公爵(1385年)
ケンブリッジ伯(1362年)
  2代ラトランド伯
リチャード・プランタジネット
(1411-1460)
1425年 - 1460年 先代の甥

ラトランド伯 第2期(1446年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代ラトランド伯
エドムンド
(1443-1460)
1446年-1459年(私権剥奪)
1460年(回復)-1460年
3代ヨーク公の子 無し

ラトランド伯 第3期(1525年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
初代ラトランド伯
トマス・マナーズ英語版
(1488頃-1543)
1525年6月18日
- 1543年9月20日
11代ド・ロス男爵英語版の子 ド・ロス男爵英語版(1299年)
  2代ラトランド伯
ヘンリー・マナーズ英語版
(1516-1563)
1543年9月20日
- 1563年9月17日
先代の長男
  3代ラトランド伯
エドワード・マナーズ英語版
(1549-1587)
1563年9月17日
- 1587年4月14日
先代の長男
  4代ラトランド伯
ジョン・マナーズ英語版
(1552頃-1588)
1587年4月14日
- 1588年2月24日
先代の弟 無し
  5代ラトランド伯
ロジャー・マナーズ英語版
(1576-1612)
1588年2月24日
- 1612年6月26日
先代の長男
  6代ラトランド伯
フランシス・マナーズ英語版
(1578-1632)
1612年6月26日
- 1632年12月17日
先代の弟 ド・ロス男爵(1299年)
ハムレイクのロス男爵(1616年)
7代ラトランド伯
ジョージ・マナーズ英語版
(1580-1641)
1632年12月17日
- 1641年3月29日
先代の弟 無し
8代ラトランド伯
ジョン・マナーズ英語版
(1604-1679)
1641年3月29日
- 1679年9月29日
先代の又従兄弟
  9代ラトランド伯
ジョン・マナーズ英語版
(1638-1711)
1679年9月29日
- 1711年1月10日
先代の息子
1703年3月29日にラトランド公爵に叙される。以降ラトランド公爵位と継承者が同じ。下記のラトランド公の欄参照。

ラトランド公(1703年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の称号
  初代ラトランド公
ジョン・マナーズ英語版
(1638-1711)
1703年3月29日
- 1711年1月10日
グランビー侯(1703年)
ラトランド伯(1525年)
ハッドンのマナーズ男爵(1679年)
  2代ラトランド公
ジョン・マナーズ
(1676-1721)
1711年1月10日
- 1721年2月22日
先代の子
  3代ラトランド公
ジョン・マナーズ
(1696-1779)
1721年2月22日
- 1779年5月29日
先代の長男
  4代ラトランド公
チャールズ・マナーズ英語版
(1754-1787)
1779年5月29日
- 1787年10月24日
先代の孫
  5代ラトランド公
ジョン・ヘンリー・マナーズ英語版
(1778-1857)
1787年10月24日
- 1857年1月20日
先代の長男
  6代ラトランド公
チャールズ・セシル・マナーズ
(1815-1888)
1857年1月20日
- 1888年3月3日
先代の三男
  7代ラトランド公
ジョン・ジェイムズ・ロバート・マナーズ
(1818-1906)
1888年3月3日
- 1906年8月4日
先代の弟 グランビー侯(1703年)
ラトランド伯(1525年)
ハッドンのマナーズ男爵(1679年)
ビーヴァーのルース男爵(1896年)
  8代ラトランド公
ヘンリー・ジョン・ブリンスリー・マナーズ英語版
(1852-1925)
1906年8月4日
- 1925年5月8日
先代の長男
  9代ラトランド公
ジョン・ヘンリー・モンタギュー・マナーズ英語版
(1886-1940)
1925年5月8日
- 1940年4月22日
先代の子
  10代ラトランド公
チャールズ・ジョン・ロバート・マナーズ英語版
(1919-1999)
1940年4月22日
- 1999年1月3日
先代の長男
  11代ラトランド公
デイヴィッド・チャールズ・ロバート・マナーズ英語版
(1959-)
1999年1月3日
- 受爵中
先代の長男

爵位継承順位編集

  1. グランビー侯(儀礼称号)チャールズ・ジョン・マナーズ(1999-) 現当主の長男。法定推定相続人
  2. ヒューゴ・ウィリアム・ジェイムズ・マナーズ卿 (2003-) 現当主の次男
  3. エドワード・ジョン・フランシス・マナーズ卿 (1965-) 現当主の弟(10代公に遡っての分流)
  4. アルフレッド・チャールズ・ニコラス・マナーズ (2013-) 現当主の甥(10代公に遡っての分流)
  5. ビージー・ピーター・マイケル・マナーズ (2013-) 現当主の甥(10代公に遡っての分流)
  6. リチャード・ジョン・ペベレル・マナーズ (1963-) 現当主の従兄弟(9代公に遡っての分流)
  7. ハリー・マナーズ 現当主の従兄弟甥(9代公に遡っての分流)
  8. ジョン・ラムリー・マナーズ=サットン (1914-) 3代公に遡っての分流
  9. ジョン・フレデリック・マナーズ=サットン (1955-) 3代公に遡っての分流
  10. 第6代マナーズ男爵ジョン・ヒュー・マナーズ (1956-) 3代公に遡っての分流
  11. ジョン・アレグザンダー・デイヴィッド・マナーズ閣下 (2011-) 3代公に遡っての分流
  12. エドワード・プレストン・マナーズ (1948-) 3代公に遡っての分流
  13. ルパート・フランシス・ヘンリー・マナーズ (1950-) 3代公に遡っての分流
  14. スティーブン・フランシス・マナーズ (1978-) 3代公に遡っての分流
  15. フィリップ・マナーズ (1979-) 3代公に遡っての分流
  16. トマス・ベンジャミン・キャベル・マナーズ (1954-) 3代公に遡っての分流
  17. ルパート・キャベル・マナーズ (1990-) 3代公に遡っての分流
  18. ヒュー・キャベル・マナーズ (1993-) 3代公に遡っての分流
  19. トマス・ジャスパー・マナーズ閣下 (1929-) 3代公に遡っての分流
  20. チャールズ・ヘンリー・マナーズ (1957-) 3代公に遡っての分流
  21. ジョゼフ・ピーター・マナーズ (1991-) 3代公に遡っての分流
  22. アーサー・ロジャー・マナーズ (1959-) 3代公に遡っての分流
  23. ヒューゴ・マナーズ (1989-) 3代公に遡っての分流
  24. ロバート・ヒュー・マナーズ (1962-) 3代公に遡っての分流
  25. アーチー・トマス・マナーズ (1993-) 3代公に遡っての分流
  26. オーランド・ダグラス・マナーズ (1995-) 3代公に遡っての分流
  27. ハンフリー・ウィルモット・マナーズ (1998-) 3代公に遡っての分流

家系図編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b The Later House of Plantagenet”. Cracroft's Peerage (2012年11月19日). 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Edward of York, 2nd Duke of York” (英語). thepeerage.com. 2015年7月30日閲覧。
  3. ^ Mosley, Charles, ed (2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knighthood (107 ed.). Burke's Peerage & Gentry. pp. 3446–3451. ISBN 0-9711966-2-1. 
  4. ^ Lundy, Darryl. “Edmund Plantagenet, Earl of Rutland” (英語). thepeerage.com. 2015年7月30日閲覧。
  5. ^ Debrett's Peerage, 1968, p.969
  6. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Rutland, Earl of (E, 1525)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月28日閲覧。
  7. ^ Archbold, William Arthur Jobson (1893). "Manners, John (1638-1711)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 36. London: Smith, Elder & Co.
  8. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Rutland, Duke of (E, 1703)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月28日閲覧。
  9. ^ "Granby, Charles (Manners), Marquess of (GRNY771C)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  10. ^ ブレイク 1993, p. 303.
  11. ^ ブレイク 1993, p. 198.
  12. ^ Lundy, Darryl. “John Manners, 1st Duke of Rutland” (英語). thepeerage.com. 2015年7月30日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集