アーサー・アッシュ・スタジアム

アーサー・アッシュ・スタジアム(Arthur Ashe Stadium)はニューヨーク市クイーンズ区フラッシング・メドウUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター内にある世界最大のテニス専用競技場。

アーサー・アッシュ・スタジアム
Arthur Ashe Stadium with the roof closed (32938595438).jpg
施設情報
所在地 USTA Billie Jean King National Tennis Center, Flushing, Queens, New York
位置 北緯40度44分59.6秒 西経73度50分49.3秒 / 北緯40.749889度 西経73.847028度 / 40.749889; -73.847028座標: 北緯40度44分59.6秒 西経73度50分49.3秒 / 北緯40.749889度 西経73.847028度 / 40.749889; -73.847028
開場 1997年4月13日
所有者 USTA
グラウンド DecoTurf
建設費 2億5,400万ドル
設計者 ロセッティ・アーキテクツ
使用チーム、大会
全米オープン(1997年 - )
収容人員
22,547人

概要編集

 
スタジアム外観 2018年撮影

スタジアムはアフリカ系アメリカ人アーサー・アッシュの功績を称えて、それまでのルイ・アームストロング・スタジアムに代わり、1997年に開場。毎年開催される全米オープンテニスのセンターコートとして知られる。開幕前のアーサー・アッシュ・キッズデーも開催される。

アーサー・アッシュ・スタジアムは22,547の個席、90のスイート席、5つのレストランと2つのラウンジがあり、MLBニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドの近くにある。そのため、野球とテニスが両方楽しめることもある。

2008年7月19日には女子バスケットボールWNBAニューヨーク・リバティインディアナ・フィーバー」の試合が同所で行われた[1]。さらに2019年にはフォートナイトW杯決勝大会が開催された。2021年にはAEWプロレス興行が開催。

2013年、主催するUSTAは5億5000万ドルの建設費をかけて、開閉式屋根を取り付けると発表した[2]。2016年に完成し、同年の全米オープンから使用開始。男子シングルス2回戦のラファエル・ナダルアンドレアス・セッピ戦の途中で公式戦初使用となった。

アクセス編集

出典編集

脚注編集